2020年10月05日

パスポートを保管してはいけない場所があるそうです


5年期限と10年期限のパスポートの画像.jpg

 海外旅行へ行くのに必要なのがパスポートです。出入国の時に限らず、海外では身分証明書として命の次に大事とも言われるパスポートは、海外旅行好きには身近なアイテムですが、やってはダメなこともあるようです。

 今日はそんな、意外と知らないパスポートに関する豆知識をご紹介したいと思います。

◆パスポートを保管してはいけない場所は?

タンスの中の衣類の画像.jpg

 あなたはパスポートを普段どこに保管していますか?必要な時にすぐに取り出せ、かつ安全な保管場所としてタンスやクローゼットの中に保管している人はいないでしょうか?

 実はパスポートは衣類用の防虫剤と一緒に長期間放置されると、パスポートのラミネートが変色してしまう可能性があるのだそうです。またICチップの入ったパスポートの場合、長時間テレビの上などに放置すると、磁気が弱まってしまう事があるとか。どちらの場合も入出国審査の際に問題になる可能性があるので、防虫剤の近くや電子機器の側にパスポートを置いている方は、他の場所に移すことをおススメします。

◆ICチップが内蔵されていないと入れない国がある?

 日本では2006年からパスポートにICチップが内蔵されるようになりました。チップ内にはパスポート所持人の国籍,氏名,生年月日などの身分事項と顔写真情報が入っていて、多くの国で入出国審査の際にチップリーダーにパスポートをかざして、本人確認に使用しているということです。

 アメリカでは、2016年よりビザ免除プログラム(ESTA)を使ってアメリカに入国する人に対して、ICパスポートを所持していることが義務付けられ、ICパスポートでない場合には、アメリカ大使館で観光ビザを申請するか、新たにICパスポートを取得する必要があるそうです。アメリカに行かれる方は、お手持ちのパスポートがICパスポートであるかどうか、念のために確認されることをおススメします。

◆パスポートにはなぜ菊のマークがついている?

 パスポートの表紙には国の国章を入れることが国際慣例となっているんだそうですが、日本には法制上決められた国章は存在しません。そこで、日本の伝統花である菊の花を図案化し、パスポートのデザインとして使われるようになったということです。なおこの菊花は、皇室の御紋章の「八重菊」と似ていますが、パスポートの菊には複弁がなく御紋章とは異なるということです。

◆パスポートには赤、紺以外の色がある?

茶色のパスポートの画像.jpg

 一般成人がパスポートを申請する際は5年用(紺)か10年用(赤)を選ぶことができますが、 この2色以外にもパスポートの色があるそうです。一つ目は公用旅券に区分される緑色のパスポートで、国会議員や公的機関の職員などが国の用務で海外に行く際に公布されるそうです。もう一つは茶色のパスポートで、こちらは外交旅券に区分され、皇族や内閣総理大臣が公務で海外に行く時に発行されるそうです。

 いかがですか?

 海外で身分を証明できる唯一無二のアイテムであるパスポートですが、小さなパスポートの中には、たくさんの重要な情報が詰め込まれています。有効期限に気を付けるだけでなく保管方法も見直して、大切に扱うようにして下さいね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:04| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

神戸港に釣りに行ってきました


148889F7-4980-4C7D-9843-538B1FA3C746.jpeg
一昨日の朝、突然思い立って主人と一緒に神戸港に釣りに行くことになりました。主人はあまり乗り気ではなかったのですが、仕掛けとかがあるので、半分無理矢理連れて行きました。

準備してして出発したのが10時半過ぎで、途中エサ屋さんで餌と氷を買って、釣り場に着いたのが13時前。着いたら周りではイワシやサバ、アジが釣れていて、特にイワシは入れ食い状態のようでした。

私たちも準備して釣り始めたのですが、早速イワシが鈴なりです釣れます。ちなみに仕掛けはサビキ仕掛けという仕掛けで、針が5本から6本くらいついていて、その針にもスキンが巻いてあるので、海の中ではエビか泳いでいるような動きをするようです。餌はアミエビです。

サバが混じったり、小アジも釣れたりで、結局18時頃まで釣って、片付けして帰ってきたのが20時半頃でした。

疲れていたので魚の処理は次の日に回して、氷を追加しました。釣果ですが、アジが40匹ほど、サバが50匹、イワシは数えるのも嫌になるくらいで300匹はいたと思います。新鮮な魚を食べられて幸せです。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月02日

「果物を食べると太る」は、はウソだそうです


いろんな果物の画像.jpg

 ダイエット中の方、糖質を摂りすぎることになるからと、大好きな果物を食べることを我慢してませんか? 糖質コントロールに注目が集まる今、果物は糖分が多いので食べ過ぎないほうがいいーーという説があるので、それを気にしているのかも知れませんね。でもこの説、誤解からきたウソの情報だそうです。

 今日は、誤解しがちな果物との正しい付き合い方について、臨床栄養学の第一人者で、管理栄養士の足立香代子先生のお話をもとに、ご紹介したいと思います。

◆「果物は糖分だから太りやすい」は誤解
 『太らない間食(文響社)』や、『糖質を味方にするズルイ食べ方(ワニブックス)』などの著書で知られる足立先生ですが、その足立先生によると、果物は甘いので太りやすいというのは誤解であり、どのように健康的に食べるかを考えるべきだと話しておられます。

「日本人の果物摂取量は年々減っていて、国が定める摂取目標を大きく下回っています。それなのに“食べ過ぎると太る”という説が、果物不足を招いている。太る原因は糖質の摂取ではなく、食 後血糖値の急上昇にあるのです」(足立先生)

◆怖がるべきは「食後過血糖(血糖値スパイク)」
 食事をすれば血糖値が上昇するのは当然のことで、血糖値の上昇自体が悪いわけではないそうで、問題は、食後の血糖値が急激に上昇する「食後過血糖(血糖値スパイク)」です。食後に血糖値が上昇すると、血糖値を下げようとインスリンが分泌されるのですが、「食後過血糖」になると以下の問題が生じるそうです。

・インスリンが、余分な糖を脂肪として溜め込む働きをする。
・血管が炎症を起こし、心疾患などの動脈硬化性疾患の原因になる。
・血糖値が急上昇・急降下するとインスリンがうまく作用せず、食事をしていてもお腹が空き、糖質を食べたくなるので太りやすくなる。

 つまり、「食後過血糖」をコントロールできないことが肥満につながるということです。

「ひと口に糖質といっても、ごはんと果物の糖質の種類は違います。糖質の量ではなく、糖質の種類によって血糖値の上がり方は違ってくるのです。短絡的に糖質カットするのではなく、糖質の種類を知り、どんな糖質を避けるべきなのかを確認しなければいけません」(足立先生)

◆果物の果糖は血糖値が上がりにくい
 足立先生によると、糖質のうち血糖値がもっとも上がりやすいのはぶどう糖で、次が砂糖(しょ糖)だそうです。そして、最も上がりにくいのが果糖です。

 ただしジュースやスポーツドリンクに入っている果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)は、トウモロコシなどからとったでんぷんを原料にした人工的な糖で、果物の果糖とは別物だそうです。このため、糖質の急上昇を招きやすく、異性化糖の消費量が多い国は糖尿病率が高いといったデータ(※1)もあるそうなので、足立先生によると、血糖値コントロールのために避けなくてはいけないのは、この異性化糖だということです。

 足立先生の調査によると、キウイフルーツ、りんご、オレンジ、みかん、パインアップル、バナナなどは、食べると食後30分後の血糖値は上がるものの、どの果物も「食後過血糖」となるほどの値までは上昇しなかったそうです。その中でもキウイとりんごは、特に食後血糖値の上昇が低い果物であることがわかったということです。

◆果物を食べ過ぎるとどうなる?
 足立先生のチームはさらに、「果物の食べ過ぎはいけないのか」という疑問を検証するべく、実際に“果物の食べ過ぎ”にチャレンジしたそうです。

 標準的な量の2倍を食べたところ、パイナップルだけは「食後過血糖」の目安である血糖値140を超えたものの、ほかのフルーツは140を超えることはありませんでした。キウイに至っては、1食に4個食べても15%しか血糖値が上昇しなかったということです。

 足立先生によると、「1食で4個のキウイを食べ続けるのは、やってみるとかなり大変でした」ということで、これだけ食べても過血糖にはならないのですから、「果物の食べ過ぎに注意」という説に説得力がないことが分かります。

◆太らずに栄養摂取する、果物の賢い食べ方
 足立先生の調査で、食後30分後の血糖値は果糖と食物繊維が多いほど上昇しにくく、砂糖(しょ糖)が多いほど上昇しやすいとのことで、キウイフルーツの30分後の血糖値上昇率が特に低いのは、キウイとりんごは果糖が多く、さらにキウイは砂糖(しょ糖)が少なく食物繊維が多いため、血糖値上昇の抑制につながるからです。

 そこで足立先生おススメの、ふだんの食事にキウイをプラスする“賢い食べ方”は次のとおりです。

「日常的な食事にキウイ1個をプラスした場合、食後血糖値がもっとも上昇する30分後〜1時間後も、キウイの影響による血糖値上昇はほとんどありませんでした。
 キウイを1個足すだけで、ビタミンCは1食分の推奨量の2倍以上、ビタミンE、葉酸、銅は1食分以上、食物繊維、カリウムがほぼ1食分の必要量を満たします。キウイは食後過血糖を起こさないだけでなく、栄養面でも優れている。いつもの食事にキウイをプラスするだけで、太りにくい上にマルチビタミン的に栄養を摂取できるのです」(足立先生)

◆1日あたり約250gの果物摂取が理想
 日本人の果物摂取量は、40年以上にわたって目標値を下回っているそうです。海外先進国では年々消費量が上昇しているのに対し、日本はそのままだそうで、その理由のひとつが、果物に対する誤解があるからです。

「日本国内では、果物が糖尿病に悪影響を与えるという医療関係者もいます。しかし権威ある医学誌では、1日あたり約250gの果物摂取で、糖尿病リスクがもっとも低いという研究発表もされています(※2)。

糖質は制限するのではなく、質で選択するべき。1日の食事回数とBMIの関係を解析した研究結果では、1日の食事回数が多い人のほうが果物の摂取量が高く、BMIが有意に低いという報告もあります(※3)。1日あたり約250gの推奨量は、食後や間食にプラスするなどして、ぜひ上手に果物を食べてください」(足立先生)

 いかがですか?

 足立先生も、「食生活において、“制限”は一生続けることは難しいので、食事は引き算ではなく、賢く足し算したほうがいい」と話しておられます。理由なく果物を避けず、要領よくプラスすることで、より健康的な食生活に近づくことができそうだとは思いませんか。

(※1)Global Public Healthより。(※2)出典元BMJ Open 4: e005497, 2014より引用。(※3)J Acad Nutr Diet 115:528, 2015より。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

ラベル:果物 太る ウソ
posted by ケイちゃん at 18:52| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする