2020年09月30日

ショウガの辛み成分には口臭を消す力があるそうです


口臭注意報の画像.jpg

 あなたはショウガ、好きですか? 甘酢漬けにしたショウガ、美味しいですよね。 実は、ショウガの辛み成分が口臭を消すのに、効果があるのだそうです。

 今日は、この情報についてご紹介したいと思います。

◆口のニオイの元を分解してくれる身近な野菜
 米農業・食品化学ジャーナルに掲載された論文によると、ショウガに含まれるギンゲロールというその辛み成分は、唾液の中の酵素を活性化してニオイの元を分解、息をさわやかにしてくれる、ということです。

 独ミュンヘン工科大学ライプニッツ食品システム生物学研究所の研究チームは、唾液の成分に食品の成分がどんな影響を及ぼすかを調べたそうです。

 食品に含まれる多くの成分は、そのまま食品や飲み物の味を構成していて、ギンゲロールもその一つです。

◆臭い消し酵素が16倍に
 実験では、人間の唾液にギンゲロールを加えてみたところ、「スルフヒドリル酸化酵素」という酵素がわずか数秒で16倍に増えたのだそうです。この「スルフヒドリル酸化酵素」という酵素は、硫黄を含んだ嫌な臭いの元を分解してくれる酵素だそうで、コーヒーのように長時間口の中に残る後味を減らし、息をきれいにしてくれる効果もあるということです。

 ミュンヘン工科大学の食品化学分子感覚科学部長で論文主筆のトマス・ホフマン氏は、食品の成分が唾液や味覚に及ぼす複雑な相互作用や、その生化学的プロセスについては、まだまだ研究の余地があると述べていて、この発見は、新しいブレスケア製品開発につながるかも知れません。

 ギンゲロールはショウガの主要成分のなかでも薬理学的に活発な成分の一つで、抗ガン作用、抗炎症作用、抗酸化作用など、健康にさまざまな効果があることで知られているそうです。

 口臭予防効果もあるということなら、日ごろから口臭に悩んでいる方は、ショウガをもっと食べるようにしても良いかも知れませんね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:34| Comment(0) | 口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

女性を襲う4大不快臭の原因と対策、知ってますか?


脇の下を手でさわっている女性の画像.jpg

 体臭や口臭など、自分のニオイで周りを不快にさせるのが「不快臭」ですが、この不快臭、自分では気づきにくいものなので知らぬ間に周りを不快にさせてしまっていることもあります。

 今日はそんな不快臭の種類、原因と対策について、女性のニオイ対策に詳しい皮膚科医・重麻梨子先生、ニオイのスペシャリスト・五味常明さんのお話をもとに、ご紹介したいと思います。

◆女性の加齢臭は年と共に増加する
 重麻梨子先生によると、女性は40歳を過ぎるとニオイを抑える働きのある女性ホルモンが急激に減少するため、加齢臭が発生すると言われているそうで、さらに男性の加齢臭は年と共に減少するのに対し、女性の場合は増加していくため非常に厄介なものだということです。

 また気をつけたい不快臭は、加齢臭だけではなく、エアコンの使いすぎが原因で発生する「汗臭」や疲労とストレスから発生する「疲労臭」、30代における肌の変化が原因で起きる「ミドル脂臭」などもあり、注意が必要です。その中で「ミドル脂臭」のニオイは加齢臭の2倍とされているそうなので、30代の方も含めて特に注意が必要です。

 そしてこのニオイ対策に有効なのが、「アワアワ手洗い法」です。まず石鹸をよく泡立てて、作った泡をニオイの発生しやすい「耳の後ろ」「脇」「デリケートゾーン」「足」の4カ所にたっぷりと乗せます。あとはその状態で1分ほど置いてシャワーで流すだけです。時間に余裕があるときは5分ほど置くと効果的なので、ニオイが気になる人はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

靴を手で持って鼻をつまんでいる女性の画像.jpg

◆意外と気になる足のニオイは「使用済みカイロ」で撃退
 次に、ニオイに関する悩みで意外に多いのが「足のニオイ」ではないでしょうか。

 五味さんによると、ポイントは角質ケアにあるということです。良く角質ケアでやりがちなゴシゴシ洗いは、逆に角質を厚くしてしまうのでNGだそうで、角質を取り過ぎないように、あくまで優しく洗うのがポイントだそうです。

 さらに五味さんによる第2のポイントとして、「足のムレ」があるそうです。足の細菌は高温・多湿が大好物なので、靴のムレは細菌に繁殖環境を与えるようなものなので、靴を定期的に日干ししたり、毎日靴を履き替えるなどの心がけが大切になるということです。

 そして靴の湿気対策には、「使用済みの使い捨てカイロ」を使用するのがおススメだそうです。これはカイロには活性炭が含まれているので、靴の中に入れておけば除湿や消臭効果が期待できるからです。またカイロの代わりに、お菓子などに入っている乾燥剤を使ってもOKで、乾燥剤を使うときは、ガーゼなどに包んでまとめて入れると効果的だということです。

 いかがですか?

 薄着になる季節はニオイが気になる時期でもあるので、日頃から臭いが気になってるかたは、今日ご紹介した対策を試してみてはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。



posted by ケイちゃん at 17:10| Comment(0) | 口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

スマホの使い過ぎが口臭の原因となるそうです


スマホの画面を見ている画像.jpg

 「シューカツ」といえば、「就活」や「終活」が頭に浮かぶと思いますが、人付き合いが多いサラリーマンには、「臭活」が大事なポイントだそうです。

 これは文字通り臭い対策のことです。今日は、口臭専門クリニックの中城歯科医院の中城基雄院長のお話をもとに、口臭の原因と“臭活法”について、ご紹介したいと藻います。

◆気になる体のニオイは?
 ウェルネス研究会が20〜50代の男女871人を対象に実施した意識調査によると、「最も気になる体のニオイ(他人)」の上位として、

1位…口(70.7%)
2位…ワキ(17.4%)
3位…足(5.5%)

があげられているそうです。そして同様に「自分のニオイ」も、「口」がダントツの54.2%(以下、同じ順番で続く)となっていて、単純に、「自分の口臭に不安を感じた経験」がある人は、全体の83.6%に上ったということです。

 また、この調査で口臭とスマホの意外な関係も浮かび上がったということです。

 どういうことかというと、「口臭自覚経験とスマホ使用時間の関係」の調査がそれで、「スマホを全く使用しない」人の中で「自分の口臭を感じたことがある」人は5割なのに対し、使用時間が「1時間未満」「2時間未満」では7割を超え、「2時間以上」になると、8割を超える人が口臭を自覚しているという結果が出たのだそうです。これは中城院長によると、

「人の舌の上には舌苔(ぜったい)と呼ばれる白っぽい苔のような菌の塊がついています。通常は唾液の働きで菌が流され清潔に保たれますが、唾液が減ると不快なニオイの原因となるスカトールなどの悪臭成分が発生しやすくなる。その原因をつくっているのがスマホです。スマホを使うと、うつむき加減の姿勢が唾液腺を圧迫し、咀嚼(そしゃく)筋がこわばり、顔の緊張状態が続くなどの悪条件が重なり唾液の分泌が減る。これがスマホ口臭の発生要因です」

ということです。

 ライフスタイルを反映した現代病と言うべき現象とも言えます。ではこうしたスマホ口臭の対策は、どうしたら良いのでしょうか。

◆具体的な「臭活」法は?
 中城院長によると、その具体的な「臭活」は次のとおりです。

 @泡タイプの歯磨きでケア
 A30分に1回は顎を上げて背伸びをして顔の筋肉をほぐす
 B舌を出して右回転・左回転を各12回して唾液の分泌を促す

 いかがですか?

 毎日スマホを使い過ぎていると感じておられる方、スマホ口臭を防ぐために、今日から臭活を始めませんか?

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:42| Comment(0) | 口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする