2019年01月01日

お肌が乾燥する冬こそ、お風呂で保湿する「インバスケア」を実践してみませんか?

 気温が下がると空気中に含まれる水分量も減少してきて、空気が乾燥してきます。冬になると悩まされるのが、そんな寒さによる乾燥ではないでしょうか。

 そんな冬のお肌の保湿に役立つのが、お風呂で保湿のためのスキンケアも行う「インバスケア」です。

 今日は、「肌は乾燥したくない。けれど時間をかけて保湿するのは面倒くさい」という、時間を効率よく使いたい方におすすめの、「インバスケア」アイテムをご紹介したいと思います。

◆時短でスキンケア

 一つ目は、資生堂から発売されている、お風呂でできる顔専用の泡状パック「専科 パーフェクトホイップマスク」です。使い方は簡単で、洗顔後、手のひらにポンプ2回分の泡を出し、顔全体に塗って、3分後に洗い流すだけです。シート状のマスクと違って手軽にでき、値段も1000円前後と低価格帯のため、若い女性を中心に支持を得ているそうですよ。

専科パーフェクトホイップマスク.jpg
「専科 パーフェクトホイップマスク」

 エフティ資生堂のパーソナルマーケティング部の山ノ井千草さんによると、商品の特徴は、

「使用することで入浴後の急激な肌の乾燥を防ぎ、お風呂上がりに焦って化粧水や乳液を付けなくても、保湿することができる」ということで、

「忙しい毎日の中で、スキンケアに十分な時間をかけることができないという女性の声をよく耳にします。そこで効率的に、隙間(すきま)時間に時短でスキンケアができる商品はないかと考え、開発しました。湯船につかりながら保湿もできる一石二鳥なので、“ズボラ女子”こそ使ってほしいですね」

と話しておられます。

◆親子で保湿ケアも

 「インバスケア」は、幼い子どもを抱える親にも歓迎されそうです。ご紹介する二つ目は、花王から発売されている、風呂場でぬれた肌に塗る「ビオレu お風呂で使う うるおいミルク」です。

うるおいミルク画像.jpg
花王の「ビオレu お風呂で使う うるおいミルク」

 風呂上がりの体に直接塗り、タオルで拭くだけで保湿ケアができるというもので、発売以降売れ行きは好調だそうです。

 同社ビオレ事業部の山口紗希さんによると、

「特に使ってほしいのは、子育て中の親御さんたち」だそうで、「親子のボディーケアの実態を調査すると、親も毎日、子どもの保湿ケアがしたいのにできていないという結果が出ました」

ということです。

 風呂場から出ると、子どもが走り回ったりして保湿剤を塗ることができず、ましてや親自身の保湿ケアは後回しにしているのが現状だそうですが、お風呂場では、子どもは親に体を洗ってもらう場所と違和感なく受け入れているようで、動き回ることは少ないそうです。

 ですから山口さんは、

「お風呂場での流れの一環で、子どもと親が一緒に保湿剤を塗ることができたらと思い、商品化に至りました」と山口さん。「男女関係なく使えるので、家族みんなで保湿ケアをしてもらえたら」

と話しておられます。

◆お風呂場は保湿に最適な環境

 実は、研究者から見ても、お風呂での保湿は理にかなっているということです。

 東京都市大学の早坂信哉教授(温泉療法専門医)によると、人の皮膚は入浴後、急速に水分量が減り、過乾燥の状態に陥る。これに対し「インバスケア」をすると、しない場合と比べて、水分量を2倍近く保つことができるそうです。ですから、早坂教授によると、

「風呂場は蒸気がある空間で湿度も高く、保湿するのに最適な環境。温熱効果で体も温まっているため、肌に浸透しやすい。入浴中に保湿ケアをしておけば、入浴後の過乾燥を抑えることができることも、20〜40代の女性を対象に行った計測から確認できた」

ということです。

 いかがですか?

 もうすでに実践されている方もいらっしゃるかも知れませんが、まだやっておられない方、是非「インバスケア」を試してみてはいかがでしょうか。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by ケイちゃん at 19:48| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

青ねぎを1日20g摂取すると、若々しい肌をゲットできるそうです

 誰しも、女性としていつまでも若々しくありたいと思うものですが、現実はなかなかそうはいかず、いつまでも若い気持ちで過ごしていても、時が経つにつれて体はどんどん衰えていくものです。

 今日は、できるだけ長く美しさを保つために日ごろから実践できる、老化防止に役立つ青ねぎの効果について、八木雅之農学博士のお話を元にご紹介したいと思います。続ければ肌がグッと若返るそうなので、「最近肌がくすんできたなぁ...」とお悩みの方はぜひ参考にして下さい。

◆老化の原因はAGE!?

 近年、老化の原因のひとつとして注目されているのが、体内で糖とたんぱく質が結合してつくられる「AGE」という物質だそうです。AGEがたまっていくとどんどん老化が進んでしまうので、若返るためには糖質とたんぱく質の結合を防ぐことが大切です。

 そんなAGEの排出を押さえてくれるのが、野菜やハーブなどの植物系の食べ物で、八木博士が実験用に数種類の植物から抽出したエキスをつくり、「毎日エキスを100g摂取する女性」と「摂取しない女性」に分けて3か月後の肌の状態を比較したところ、「毎日摂取した女性」は、肌の黄ばみが実験前より5%も減少したことが分かったそうです。

 「エキスを摂取した女性」の実験前と後の肌の写真を見てみるとその差は明確だそうで、ネット上でも「肌が明るい!」「かなり若返って見える」との声が上がっているようです。

◆老化防止には青ねぎがおすすめ

 八木博士が実験で使ったエキスと同じような効果を得られるのが“青ねぎ”だそうです。八木博士によると、青ねぎは他の野菜と比べても体内でAGEをつくらせない働きが強いということです。

 青ねぎは主に西日本で栽培されており、京都の九条ねぎや福岡の博多万能ねぎなどが有名です。なお、東日本で主につくられている長ねぎとは別物なので注意が必要です。

 より効果を得るためには、青ねぎおよそ4本分に値する20gを毎日食べるのが目安だそうで、刻めば片手に乗るくらいの分量なので、無理なく摂取できそうです。味噌汁に入れたり薬味として用意したりして、毎日の食卓に取り入れて下さい。

 いかがですか?

 青ねぎは他にも、そばやうどん、納豆などさまざまな料理に活用できるので、いつまでも若々しい肌でいたいと思っておられる方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

ラベル:老化 防止 青ネギ
posted by ケイちゃん at 18:37| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

「骨盤底筋」をいつでも「意識」することで、ボディラインが劇的に変わるそうです

 あなたは、日ごろから「骨盤底筋」を意識していますか? 私は「骨盤底筋」ということば自体が初耳だったのですが、なんでも巷では最近良く聞かれることばだそうで、「骨盤底筋」をいつでも意識することで、ボディラインが劇的に変わるそうです。

 ということで今日は、この「骨盤底筋」の日常生活の中での意識のしかたについて、オリジナルの自己骨盤調整メソッド「ビューティ・ペルヴィス」を展開するボディワークプロデューサーのkyoさんのお話をもとに、ご紹介したいと思います。

 「骨盤底筋」というのは、尿道・腟・肛門のまわりを取り囲み、座骨から恥骨に広がるたくさんの筋肉群のことだそうです。まさに文字通り「骨盤の底」にあるこの筋肉群は、内臓を下から支え、毎日の排泄を司っているとても重要な部分なんだそうですよ。

 kyoさんによると、

「骨盤底筋を無意識に引き上げることができれば、ボディラインも劇的に変わります。人知れずできることなので、ぜひ練習してほしいです」

ということです。

 キュッとくびれたウエストや、贅肉のないお腹のために、そして尿トラブルなど起きないために、目標とするのは「いつでもどこでも骨盤底筋意識」を持つことだそうです。

 そしてkyoさんによると、

「やりたいのは2種類。ひとつは持続的にぐーっと長く引き上げていられること。まずは10秒間を目標に。もうひとつは瞬間的にパッパッと締めたり緩めたりできること。お尻の力を借りず、純粋に骨盤底筋だけを動かせるようになりましょう。また、骨盤底筋を圧迫したり硬くしてしまいがちな動作は避けたいもの。立ち座りの動きは特に慎重に」

ということで、日常生活の中で、たとえば以下のような場面で意識するのがおすすめだそうです。

◆電車で
 「電車やバスの中では、座っていても立っていても、骨盤底筋を締めたり緩めたり、いちばんしやすい環境です」

◆信号で
 「信号が青に変わって歩きはじめるとき、くっと1回骨盤底筋に力を入れ1歩踏み出すのを習慣にしてみましょう」

◆TVを見るとき
 「テレビを見ながら、CMになったら骨盤底筋の引き上げタイム。トイレの姿勢でやると効果的」

◆立つとき
 「よくない姿勢から急に立ち上がるのは、骨盤底筋にとってダメージ大。立つときはすーっと息を吸いながら軽やかに立つ習慣を」

◆座るとき
 「お尻からドンと座るのではなく、ハムストリング(太ももの裏側)からお尻へ順につけて座ります。骨盤底筋にムダな圧をかけないコツ」

 いかがですか?

 日々「骨盤底筋」を引き上げる感覚を養って、一生ものの習慣にしてみてはどうでしょうか。

 なお、逆にやってはいけないNG集は次のとおりだそうです。間違ったやり方をしないように、気を付けて下さいね。そしてひょっとしたら、これまでこうしたことを無意識にやっていたという方も、多いかもしれません。そういった方は、この機会に改めてみてはいかがでしょうか。

◆やってはいけない! NG集
・お尻の筋肉を使って骨盤底筋を締める
・年中便秘がちで、排便のとき強くいきむ
・物を拾うとき、きちんとしゃがまない
・反動を使って、ふんっと起き上がる腹筋運動
・骨盤を後傾させた姿勢で長時間座る(特に車の運転)
・骨盤を後傾させて座った姿勢から急に立つ
・お尻からドンと座る


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:33| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする