2019年04月27日

紫外線対策のためには朝の柑橘類は避けるようにした方が良いそうです

 最近の気候、猛暑日があったり寒気が入ってきて寒くなったりと、体がついてゆきませんね。

 ところで、日差しが強くなると紫外線が気になりませんか? 若い方などは、できるだけ日焼けしたくないと、外出される時は万全の紫外線対策をされていることと思います。

 実は、紫外線は肌が黒くなってしまう日焼けを引き起こすだけでなく、老化の原因になってしまうのだそうで、肌の老化の80%は紫外線が原因と言われているそうです。

 今日は、そんな美容の敵ともいえる存在の紫外線について正しく理解して、正しい紫外線対策について、ご紹介したいと思います。

◆紫外線対策の基本は「紫外線」を知ることから

紫外線の画像.jpg
出典:http://godmake.me/

 紫外線は波長によって3つに分けることができます。

●UVA (400–315 nm)
 地表に届く紫外線の約95%を占めています。別名「生活紫外線」と呼ばれていて、肌が黒くなる“サンタン”を引き起こします。UVAは肌の奥深く真皮層まで到達し、肌のハリや弾力を保つコラーゲン繊維などを破壊してシワやたるみの原因になってしまいます。また、UVAは雲やガラスをも透過するため、たとえ曇りであろうが、家から出ない日でもしっかり紫外線対策をすることが大切です。

 そして厄介なことに、冬や日差しの少ない朝・夕方でもUVAの量はさほど変わらないため、日差しがないからと油断は禁物です。紫外線は暑さもまぶしさも感じないということです。

●UVB(280–315 nm)
 地表に届く紫外線の約5%を占めています。別名「レジャー紫外線」と呼ばれていて、肌が真っ赤に炎症を起こす“サンバーン”を引き起こします。

 UVBは表皮まで到達し、メラノサイトを刺激し、シミの原因であるメラニンの過剰生成を促します。それだけでなく、DNAを傷つけてしまうほどエネルギーが大きいので、浴びすぎるのは危険です。

●UVC(200–280 nm)
 オゾン層で吸収されてしまうため地表には到達しませんが、そのエネルギーはとても大きいです。

 このように、紫外線は波長によってエネルギーの大きさが違うため、私たちの肌に及ぼす影響も違うということです。

 これまで紹介してきた紫外線の影響はネガティブなことばかりなので、「紫外線なんてなくなればいいのに!」と思っている方もいらっしゃるかも知れませんが、実は紫外線の影響はネガティブなことばかりでなく、ポジティブな役割もあります。

 それは、「紫外線は骨密度や幸せホルモンに欠かせない“ビタミンD”を生成する」ということです。

 ある大学の研究で「20代の女性が週3回以上日焼け止めを使った場合、血中のビタミンD濃度が常に欠乏状態になっていた」という結果が発表されたそうです。実は、ビタミンDが欠乏してしまうと、骨密度の低下や幸せホルモンのセロトニン不足に影響を及ぼすと言われているそうです。

 紫外線(UV-B)を浴びることでビタミンDを体内で合成し、欠乏症を防ぐことができるということなのですが、実際にはおすすめではありません。というのは、ビタミンD不足は食品からの摂取で防ぐことができますが、紫外線のダメージは防ぎようがないからです。

 ビタミンDを合成するために必要な日光浴の時間は、両手の甲くらいの面積で15分、木陰で30分程度と言われているそうです。この間日焼け止めを塗らず、まっさらな肌で紫外線を浴びれば良いのですが、塵も積もれば山となるで、10年後、20年後にこのちょっとした紫外線が、私たちの体に悪影響を及ぼさないという保証はありません。

 ですからビタミンDを補うためには、紫外線からではなく、ビタミンDが豊富に含まれている食物である「魚介類、卵類、きのこ類」などを食べるのがおすすめです。

◆今すぐできる紫外線対策の基本

 それでは次に、紫外線対策の基本をご紹介します。

@ 日焼け止めは適量を正しく塗る

日焼け止めの画像.jpg
出典:http://godmake.me/

 紫外線対策の基本と言えば「日焼け止め」ですが、日焼け止めは正しく塗らないとその効果を十分に発揮することはできません。あなたは、日焼け止めの正しい塗り方をご存知ですか?

 日焼け止めの適量は、目安は皮膚1cm2あたり日焼け止め2mgです。顔なら、乳液タイプは1円玉2個分、クリームタイプはパール2個分が目安です。手に取ってみると意外と多いなと思いますが、このくらいが適量です。その後、両頬・顎・おでこ・鼻の5か所に置いて、内側から外側に日焼け止めを伸ばします。

 腕や足などの広範囲には容器から直接、直線を描くように出してかららせん状に優しくなじませます。首や顎・耳裏、手の甲、足の甲なども忘れずにつけて下さい。2、3時間ごとに塗り直しするのも忘れないようにして下さいね。

A 朝の柑橘類には注意を!

柑橘類の画像.jpg
出典:http://godmake.me/

 美意識の高い方は、朝にビタミンたっぷりのフルーツや野菜を取り入れているかも知れませんが、これには注意が必要です。というのは、主に柑橘類に含まれている「ソラレン」という成分が持つ光毒性によって、直射日光に当たると紫外線に過敏に反応し、肌にダメージを与える可能性があるからです。ですから、紫外線対策のためには朝の柑橘類は避けるようにした方が無難です。

 いかがですか?

 紫外線は3月から増え始めるそうです。もう5月なので、紫外線対策をこれからスタートしても間に合うのかと思っておられるかも知れませんが、やらないよりはやった方がましなので、まだ取り組んでおられない方、明日と言わず今日から取り組んで下さいね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。


posted by ケイちゃん at 17:45| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

お茶も”美容視点”で飲み分けると、もっときれいになれるかも知れません

 私たちがいつもなんとなく飲んでいるお茶ですが、実は飲み分けをすることで、なんとなく飲むよりも、美容効果を高めることができるそうで、お茶にダイエットや体温めの効果を期待するのなら、是非、取り入れてみたい方法だそうです。

 今日は、”美容視点”での「お茶」の飲み分け方法にについて、ご紹介したいと思います。

◆”美容視点”での「お茶」の飲み分けとは?

お茶を飲む画像.jpg
出典:http://godmake.me/

 美容視点でお茶を飲み分けるためには、そのお茶の特徴を知ることが大切です。というのも、お茶には発酵しているものと、そうでないものがあり、発酵しているものは基本は体を温める作用があるからです。紅茶、緑茶、烏龍茶の中では紅茶が発酵食品、緑茶は未発酵、烏龍茶が半発酵食品です。

 それぞれに特徴やメリットがあるので、うまく飲み分けて美容と健康につなげていって下さい。また、お茶よりも水の方が良い場合もあるので、場面や状況を意識していく必要があります。

◆「紅茶」は”体を温めたい時”に飲む!

紅茶を飲む画像.jpg
出典:http://godmake.me/

 先ほども申し上げたとおり、紅茶は発酵食品で、体を温める作用があるので、寒い時期など、体を温めたい時に飲むのがおすすめです。この紅茶の中に、体をあたためる作用のあるシナモンやジンジャーを入れると、更に温め効果がアップします。また紅茶自体もホットで飲むのがおすすめです。

 そして、紅茶はフレーバーが多く、飽きにくいのも特徴のひとつで、毎日飲むことで冷え性の予防にもつながるのではないでしょうか。

◆「緑茶」は”うがい”にも使え、カテキンでダイエットも!

緑茶の画像.jpg
出典:http://godmake.me/

 緑茶には殺菌作用があり、風邪予防の「うがい」にも良いとされているそうです。更に涼茶に含まれるカテキンは脂肪燃焼効果も期待できるため、ダイエットのためにも定期的に飲むようにすると良いのではないでしょうか。

 ただし、緑茶は、体を冷やす作用もあるため、ホットで飲んでも、冷えを感じてしまうことがあります。ですから、寒い時期には紅茶と緑茶を交互に飲むなど、工夫をして飲むのが良いそうです。一方夏の暑い時期には、冷たい冷茶などがおすすめです。

◆「烏龍茶」は”脂肪の多い食事”と一緒に飲もう!

烏龍茶の画像.jpg
出典:http://godmake.me/

 烏龍茶の特徴は、は何といっても脂肪を流してくれる効果があるところです。このため、脂肪分の多い食事と一緒にとる摂るようにすると、非常に良いとされています。

 ダイエット中や、スタイル維持が気になる女性にとって、脂っこい食事は避けねばと思いつつも、どうしても時には食べたくなってしまうものですが、そんな時こそ、烏龍茶と一緒に摂って、少しでも脂肪を蓄積させないようにしていって下さい。

 実際烏龍茶は、油を多く使用する中華料理と一緒に出されてきたものなので、脂肪分との相性は非常に良いとされています。お口の中をさっぱりとさせてくれる要素もありますので、炒め物などで、油分が多い時は烏龍茶をチョイスするのがおすすめです。

◆”水分補給”には「水」!

水を飲む画像.jpg
出典:http://godmake.me/

 純粋に水分を補給したい時には、お茶よりも水の方がおすすめです。これは、お茶は利尿効果があり、水分を排出しやすいためで、水分補給にはただの水の方が適していからです。水道水は飲みたくないという場合は、イオンウォーターなどでも構いません。

 このように適宜飲みわけることで、うまく体内に水分を入れていくことが可能になります。また、ミネラル分を多く含んだ麦茶も、ノンカフェインであることに加え、水分補給としても優秀です。特に夏場は常備しておき、ごくごく飲めるようにするのがおすすめです。

◆”リラックス”には「ハーブティ」がおすすめ!

ハーブティーの画像.jpg
出典:http://godmake.me/

 その他のお茶では、紅茶・緑茶・烏龍茶以外にも、おすすめできるのはハーブティです。特にリラックスを目的に飲むのであれば、ノンカフェインのハーブティは寝る前にも飲めてとてもおすすめです。リンゴのような香りで癒してくれる「カモミールティ」や、酸っぱくてビタミンC豊富な「ローズヒップティ」などです。

 ハーブティは種類もタイプも豊富で、好きなものを選べるといった楽しみもあります。また、さっぱりしたい時は「ミントティ」もおすすめです。すっきりと爽快な気分になれると思います。

 いかがですか?

 何気なく毎日口にしているお茶ですが、うまく飲み分けて美容効果をアップしてはいかがでしょうか。ただ、美容や健康にとってマイナスにならないように、体が冷えやすい緑茶などは、飲むタイミングを注意して下さいね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。


posted by ケイちゃん at 17:19| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

洗顔法だけで何歳からでも肌はよみがえる「米澤式健顔」、聞いたことがありますか?

 あなたは、乾燥やシミ、毛穴、たるみなどといった様々な肌トラブルに悩んでいませんか?

 今日は、独特の洗顔法でこうした様々な肌トラブルを改善してきただけでなく、もともときれいな肌ももっときれいにしてきた『米澤式健顔』の米澤房昭先生の著書、『人生が変わる洗顔 顔を洗うだけの銀座の小さなサロンが14万人の肌をきれいにしたシンプルな方法』(講談社)をもとに、洗うだけで肌がきれいになる方法について、ご紹介したいと思います。

 米澤先生が洗い続けてきた年月は何と43年だそうで、その先生の著書では、その肌改善理論と洗い方のプロセスが惜しげもなく紹介されています。

洗顔法1−トラブルが起きる肌.jpg
『人生が変わる洗顔 顔を洗うだけの銀座の小さなサロンが14万人の肌をきれいにしたシンプルな方法』より

 米澤先生は、

「こう伝えると拍子抜けされるかもしれませんが、肌トラブルが起こる原因は非常にシンプルで、皆さん、汚れがきちんと落ちていないだけなのですよ。肌の表面は、無数の角質細胞で覆われています。細胞は常に生まれ変わっていますから、角質も古くなったものは剥がれ、下からうるおいを持ったフレッシュな角質が顔を出します。これが、肌が本来持つ代謝力。ですが現代女性は、クリームや美容液のつけすぎでこの古い角質がきちんと剥がれず、それが様々な肌トラブルを引き起こしているのです」

と話されています。

 つまり、古い角質=死んだ細胞。古い角質にはうるおいがなく、これが肌に貼り付いていると乾燥による突っ張り感を引き起こしたり、折れてシワを作ったりしてしまいます。それだけでなく、古い角質が蓋となって皮脂分泌を妨げ、毛穴の開きやニキビといったトラブルを生み出す要因にもなっているのです。

洗顔法2−米澤式健顔が目指す健康な肌.jpg
『人生が変わる洗顔 顔を洗うだけの銀座の小さなサロンが14万人の肌をきれいにしたシンプルな方法』より

◆古い角質はほぼ垢だった

トラブルが起きる肌は古い角質が表面に残っているので
・乾燥しやすくシワになりやすい
・くすみやすく、毛穴が黒ずみやすい
・ニキビ、アトピーが治りにくい
・ターンオーバーが遅い
といった特徴があります。対して米澤式健顔が目指す健康な肌は、フレッシュな角質が表面に出ているので
・うるおいがあって、サラサラ
・シワになりにくい
・肌が軽く、表情をつくりやすい
・ターンオーバーが速い

といった状態になります。米澤さんによると、

「皆さん、毎日のクレンジングでは、メイク落としで1、2分マッサージした後、すぐに洗い流していらっしゃると思います。でもこれでは、メイクは落ちても不要な角質までは落ちません。ならばスクラブやゴマージュで角質をしっかり除去すれば良いのでは? と思うかもしれませんが、そう単純ではないのが肌というもの。スクラブやゴマージュもたしかに古い角質は落とすのですが、落とす力が強すぎて、その下のフレッシュな角質まで傷つけてしまうのです」

ということです。

 そんな繊細な肌を前に、米澤先生が試行錯誤しながら生み出したのが、「肌を傷めることなく不要な角質だけを落とし、フレッシュな角質は残す」という洗顔法、“米澤式健顔”です。その方法ですが、クレンジングクリームをつけて、何と毎日5〜15分マッサージをするという、いたってシンプルな方法です。

 こう聞くと、「そんなに長くマッサージをして大丈夫なの!?」と思われるかも知れませんが、でもこのマッサージこそが米澤式健顔の最大のポイントで、そのマッサージは、“肌が動くか動かないくらいの究極のソフトタッチ”でおこなうのだそうです。これによって古い角質層だけをゆるめることができるので、フレッシュな角質層が顔を出せるようになるということです。

洗顔法3−ほぐす.jpg
『人生が変わる洗顔 顔を洗うだけの銀座の小さなサロンが14万人の肌をきれいにしたシンプルな方法』より

 具体的には、肌が動かないくらいの強さで、やさしくマッサージします。手でやさしくマッサージ するので、不要な角質の下に待機しているフレッシュな角質は傷つけません。

洗顔法4−一皮むけた.jpg
『人生が変わる洗顔 顔を洗うだけの銀座の小さなサロンが14万人の肌をきれいにしたシンプルな方法』より

 マッサージすることで不要な角質が取り除かれ、フレッシュな角質が顔を出します。ただし不要な角質は毎日出てきますから、マッサージは毎日必要です。

 マッサージすることで、
□ 表面の古い角質だけを取り除ける
□ フレッシュな角質を傷つけない

といった効果があります。つまり米澤式健顔とは、古い角質を取り除くことで肌がきちんと生まれ変われるようになる、そのお手伝いをする洗顔法ということです。

 そのため、「このクリームを塗ったらふっくらする」「これをつけたら殺菌されてニキビが治る」といったものではないので、トラブルの内容によっては改善するまで時間がかかることもあります。米澤先生によると、

「乾燥やシワは、不要な古い角質が直接の原因となって起こるトラブルなので、1回の洗顔でもかなり改善します。ですがたるみやシミ、毛穴の開きといったトラブルは、問題がもう少し根深い。コツコツ不要な角質を取り続けて肌の代謝力を取り戻す必要があるので、すぐには結果が出ないことも多いのですが、それでも米澤式健顔を続けられたお客さんは、皆さん、時間はかかっても確実に良くなられています。継続は力なり。諦めなければ、50歳になろうが70歳になろうが、肌はずっと張りのある若々しい状態をキープできますよ!」

ということです。

 いかがですか?

 お肌のトラブルに悩まれている方、一度この「米澤式健顔」を試してみてはいかがでしょうか?


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:23| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする