2020年10月27日

あなたの疲労回復法は間違いだれけかも知れません

 あなたは、溜まった疲労を回復するために何をしていますか? 栄養ドリンクを飲む、週末に遠出をする……。 実は、定番と思い込んでいた疲労回復法で実は逆に疲れを助長しているのだそうです。

 今日は、働く女子がやりがちな間違った疲労回復法について、疲労研究の第一人者、東京疲労・睡眠クリニック院長・梶本修身先生のお話をもとに、ご紹介したいと思います。

疲れて机の上で居眠りしている女性の画像.jpg

◆疲れの正体は体ではなく脳だった!
 梶本先生によると、そもそも、疲労を感じているのは、体ではなく、脳の自律神経なのだそうです。

 激しい運動やストレスなどによって、自律神経がフル稼働をして大量の酸素を消費します。その際、体内で過剰に活性酸素が発生し、この活性酸素が自律神経をサビさせて、本来の働きができなくなることで疲労を感じるのだそうです。つまり疲れないためには、できるだけ自律神経を乱れさせない生活を送る必要があります。しかし、自律神経は放っておいても働いてしまう神経なので、人は日中、何をしても疲れてしまうということです。

 ですから、疲労の回復は脳の自律神経を休ませることができる、寝ている間だけなので、疲労回復のためには、一にも二にも、質のよい睡眠をとることが大切だそうです。質の良い睡眠で疲れにくい体を目指すために、やらない方が良い間違った疲労回復法は次のとおりです。

◆やりがちな間違った疲労回復法
〈1〉リフレッシュするために運動で大汗をかく

 汗をかくと、体内の体温を外に放出して体温を下げるため。運動で呼吸が速くなり、心拍が上がり、体温を調節しなければいけない自律神経はフル稼働します。汗でリフレッシュしたと思うのはただの気のせいだそうで、自律神経はヘトヘトに疲れています。同様に温泉などの熱いお風呂に入ると疲れがとれる気がするのは、脳に快感物質が分泌されているだけで、疲労感が薄れることはないそうです。運動で疲れをためたくないなら、活性酸素が大量に発生するアクティブな運動を避け、普通に会話ができる程度のヨガやウォーキングにとどめる方が良いそうです。

〈2〉疲れたら栄養ドリンクを飲む

 最近は美容成分も含まれた栄養ドリンクがコンビニでも手軽に買えるようになりました。しかし、栄養ドリンクやエナジードリンクに「疲労回復」効果は残念ながら実証されていないのだそうです。「元気になった」と感じるのは、カフェインで眠気をとり、微量に含まれているアルコールで気分が高揚している場合がほとんどだそうで、栄養ドリンクは一時的に疲れをごまかすものに過ぎません。また、栄養ドリンクの長期服用は健康を害することもあるので注意が必要で、栄養ドリンクを飲んで無理に動こうとするより、まずはゆっくり寝ることが疲労回復の第一歩です。
〈3〉週末は森林浴をしにドライブ

 週末は高原や山に出かけて森林浴の中、マイナスイオンで癒されたい……と思う、お疲れ女子は多いと思います。しかし、マイナスイオンに科学的根拠はないそうで、しかもマイナスイオンという言葉自体、和製英語で世界中では使われていないということです。しかし、森の中でゆっくりするのは、自律神経の疲れをとるためには効果的なのです。

 ただし問題は、時間がないのに無理に移動したり、立ち寄り温泉に寄ってよけいに疲れてしまうことです。ですから、疲れをとるなら、遠くの高原より、近場の川原や緑いっぱいの公園でゆっくりするほうが効果的だそうです。

〈4〉仕事中にスマホで気分転換

仕事中にスマホの画面を見ている画像.jpg


 パソコンで仕事をしていると目が疲れたと感じますが、実は疲れているのは目ではなく脳です。動物が獲物を探す時のように脳が緊張して交感神経が優位になると、目は遠くをみるように設計されているそうです。逆に赤ちゃんがお母さんの顔を見ながらおっぱいを飲む時は、副交感神経を優位にして近くを見るようにできているということです。

 しかし、パソコン作業は仕事中ですから交感神経を優位に保たなければいけないのに、目に対しては副交感神経を刺激して、近くを見るように求められています。この矛盾が脳を疲れさせている原因です。

 そしてその状態で、休憩中にさらにスマホを見れば、眼精疲労を加速させるだけなので、パソコン作業が1時間続いたら、5分休むなど、こまめに休憩をとることが大切です。

 いかがですか?

 あなたがやっていた間違った疲労回復法はいくつありましたか?過労死するのは人間だけだそうで、仕事に対してまじめな人、責任感のある人、使命感の強い人ほど、脳からの疲労のサインを見逃しがちだそうです。普段から質の良い睡眠を心がけて、脳の疲れをオフする習慣を身につけて下さいね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:30| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

自分の体臭をチェックする簡単な方法、ご存知ですか?


汗で背中がびっしょりになっている男性の画像.jpg

 あなたは、臭いに敏感な方ですか? 私は耳は悪いのですが鼻は敏感で、いやな臭いはすぐにかぎ分けられます。

 世の中には臭いをかぎ分けてくれる機器もあるそうで、それはコニカミノルタのニオイチェッカー「Kunkun body」です。この機器は「汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」の3大体臭を個別に検知し、ニオイの強さを数値化してくれるそうです。でも、価格はが万円もするので、個人ではなかなか手が出せないですよね。

 そこで今日は、そんな特別なアイテムを使わずにできる簡単な体臭チェック法について、ご紹介したいと思います。

◆自分の体臭のチェックからスタート
 人の嗅覚は非常に疲労しやすく、同じニオイを嗅ぎ続けるとそのニオイを感じなくなってくるもので、自分の体臭に気づきにくいのはこのためです。普段ニオイ対策をしていない人は、まず自分の体臭のチェックからスタートした方が良いそうです。

「頭のニオイ」は普段使っている枕のニオイを嗅ぎます。30代以降で皮脂のニオイがする場合はミドル脂臭のサインだそうです。毎日のシャンプーを念入りにして、頭皮を清潔に保つようにして下さい。また、耳の後ろ側も意識的に洗うことが重要です。

「口のニオイ」は自分の手首を舐めて1分ほど乾かし、舐めた部分のニオイを確認します。唾液を乾燥させることで、ニオイの元となる物質だけが残るため手軽に口臭のチェックができます。

◆嗅覚をリセットして体臭をチェック
 「体のニオイ」は自分の着ていた服をビニール袋に入れて閉じ、入浴後に嗅いでチェックしてみて下さい。入浴することで嗅覚がリセットされるため、自分の体臭をよりはっきりと感じられるようになるそうです。

「ワキのニオイ」はラップをワキの下に3分間密着させたあと、ラップのニオイを確認します。ワキの下は元々ニオイがありますが、鉛筆の芯のような独特なニオイがするなら要注意だそうです。

「足のニオイ」は足の裏を直接嗅いだり、普段履いている靴のニオイをチェックします。本人がクサイということは、周囲はもっと敏感に感じているので、靴を洗ったり消臭剤を入れたりするなど、すぐにでもニオイ対策が必要だと思われます。

 いかがですか?

 意外と簡単な臭いのチェック法ではないでしょうか。あなたもご自分の臭いを一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:33| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

お医者さんが考えた「長生きみそ汁」で、自律神経の働きをサポートできるそうです

 あなたの腸の調子はどうでしょうか。便秘とかになってませんか? 今日は、“腸のスペシャリスト”として知られる順天堂大学の小林弘幸教授のお話をもとに、「自律神経と腸を整える」料理について、ご紹介したいと思います。小林先生は、初診が数年待ちという日本初の「便秘外来」を率いる名ドクターだそうですよ。

◆日本人のソウルフード「みそ汁」

みそ汁と具のイラスト画像.jpg

 小林先生は、これまで音楽療法やストレッチなど、自律神経を整えるさまざまなアプローチを提案されてきたそうですが、近著『医者が考案した「長生きみそ汁」』では、自律神経のバランス向上や疲労回復、エイジングケアにも役立つ“最強の料理”として、いつものみそ汁をバージョンアップするアイデアを紹介されています。小林先生によると、みそは「みその医者殺し」といわれるほど栄養価が高く、バランスにも優れたすばらしいスーパーフードだそうです。

 もともとたんぱく質やビタミン、食物繊維など、豊富な栄養を備えている大豆は、発酵することでアミノ酸を作り出し、さらに栄養価の高い食材に生まれ変わります。

 ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、食物繊維など、結果的にみそには、代表的なものだけでも、これだけたくさんの栄養素が含まれているのだそうです。
(『医者が考案した「長生きみそ汁」』p28〜29より引用)

豆腐と麩のみそ汁の画像.jpg

 いつもの食生活ではなかなか足りず、サプリメントなどで補充したくなる栄養素が、みそにはたっぷり含まれていることがよくわかります。その健康効果は、下記のように科学的にも実証されてきているとのことです。

・発酵によって老化制御機能が生まれる(東京農業大学・小泉武夫名誉教授)
・血圧上昇を抑制し脳卒中を予防する効果がある(広島大学研究グループ)
・みそは胃ガンを抑制する効果がある(広島大学・渡邊敦光名誉教授)
(『医者が考案した「長生きみそ汁」』p3より引用)

 老化制御機能や、血圧上昇を抑制する効果もあるとは驚きですね。日本人の長寿の秘密の一端を担うのが「みそ汁」というのも納得の研究結果です。

◆なぜ「みそ汁」で自律神経が整うの?

 小林先生が「みそ」の研究をはじめたのは、長年にわたり自律神経の治療に携わるなかで、「病気や不調は、生活習慣によるところがかなり大きい(『医者が考案した「長生きみそ汁」』p2より)」と実感したことがきっかけだそうです。

 自律神経とは、腸などの臓器をコントロールする神経のことで、交感神経と副交感神経のふたつに分かれており、このバランスが乱れることで、免疫力の低下が起こります。

 自律神経のバランスが崩れると、慢性的な便秘や、高血圧や心筋梗塞などの病気にかかりやすくなり、がんのリスクも高まると小林先生。腸内環境を整えるためには、「食」を改善することが近道です。

 そこで白羽の矢を立てたのが、日本人には身近な「みそ汁」だそうです。元来みそには、腸内環境をよくする善玉菌の代表格である乳酸菌がたっぷり含まれています。ただみそ汁をすすめるだけではなく、料理の基本となる素材から見直してパワーアップさせれば、あらゆる病気を遠ざけ、不調を改善することができるかもしれない……。そんな発想から生まれたのが「長生きみそ汁」です。1日1杯飲むだけでよく、一度作れば保存がきくところも魅力的だということです。

◆4つの素材に秘められた力

 「長生きみそ汁」は、赤みそ、白みそ、玉ねぎのすりおろし、りんご酢を混ぜてペースト状にし、製氷器にいれて冷凍庫で凍らせ、「みそ玉」にしたものだそうです。お湯に溶かしてそのまま飲んでもいいですし、好みの具材を加えるとより一層おいしくいただくことができるということです。

 「長生きみそ汁」が最強だという理由は、この4つの素材の組み合わせに秘密があるのだそうです。

・白みそには、ストレスを軽減してくれるGABAがたっぷり。
・赤みそは、メラノイジンという抗酸化作用のある成分が豊富。
・玉ねぎは、解毒効果たっぷりのケルセチンという抗酸化作用のある成分が豊富。
・そしてりんご酢は、余分な塩分を排出するカリウムが豊富。
(『医者が考案した「長生きみそ汁」』p29より引用)

 4つの素材を組み合わせることで、自律神経を整える多彩な相乗効果が生まれるのが「長生きみそ汁」のメリットです。

 「長生きみそ汁」のもとになるみそ玉は、合わせる具材の取り合わせでさらに栄養効果がアップします。

 いかがですか?

 [医者が考案した「長生きみそ汁」]には、みそ汁の豊富なレシピはもちろん、食べ応えのあるおかずの調味料として活用したレシピもたくさん紹介されているそうなので、料理本としても実用的だということです。興味のある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:27| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする