2020年08月16日

真夏の車内に絶対に放置してはいけないもの、ご存知ですか?


真夏の車の中の画像.jpg

 真夏は、炎天下を歩くのがきつく、ついついエアコンの効いたクルマで移動してしまいがちですが、それだけに、つい短時間だからと、車内にものを置いて、クルマから離れてしまうことはないでしょうか。しかし、直射日光がきついこの季節には、車内に放置してはいけない、トラブルのもとになるものがいくつもあるそうです。

 今日は、真夏の車内に絶対に放置してはいけないものをご紹介したいと思います。

◆真夏の車内はどうなる?
JAFの行ったテストでは、外気温が35℃の炎天下にクルマを数時間駐車した際、約30分で室内温度は45℃まで上昇。さらに放置すると、ボディカラーによっては車内温度が57℃まで上昇し、ダッシュボード上は79℃にもなったという結果が公開されているそうです。

 こういった場合、サンシェードを装着したり、窓をわずか(約3cm)に開けておいても期待するほどの効果は薄く、車内温度の上昇を防ぐことはできないそうです。エアコンをつけっぱなしにしておけば、温度の上昇は防げますが、今度は燃料が減ったり、環境面で問題が出てきます。

 では、そんな高温の車内に、どんな物を放置していたら危険なのでしょうか。

◆真夏の車内に絶対残してはいけないもの

●LPGガスが使われているスプレー缶
 虫よけスプレーや消臭スプレー、冷却スプレー、油膜取りのスプレー、ヘアスプレーなど、LPGガスが使われているスプレー缶は、高温になると爆発する恐れがあります。

 車内で爆発すると、窓ガラスを割るほどの威力があるそうなので、置き忘れないように注意してください。

●使い捨て(100円)ライター
 実験によると、炎天下のダッシュボードに2〜3時間置いた使い捨て(100円)ライターに亀裂が入り、ガスが抜けました。使い捨てライターは、高温になると破裂・発火のおそれがあります。

 近年は街中でタバコが吸えなくなり、車内でタバコを吸う機会が増えた方も多いかと思います。炎天下の車内に、使い捨てライターを置き忘れないよう注意してください。

●リチウム電池を使用しているパソコンやスマホ、おもちゃなど
 共通して言えるのはバッテリーであるリチウム電池が、高温になると保護回路が壊れ、膨張、発熱・破裂・発火のおそれがあることです。パソコンでは大事なデータなどにも影響が出ることもあります。

 電池式の家電製品やおもちゃ類を炎天下の車内に残した場合、電池から液漏れをしたり、最悪の場合、破裂・発火のおそれがあります。

●炭酸飲料やペットボトル
 高温になると、炭酸飲料の炭酸ガスが膨張して缶の内圧が高まり、爆発するおそれがあります。ペットボトルは、炭酸飲料でなくても、高温になると中の空気が膨張し、破裂する危険性がありますし、透明のペットボトルは、レンズ作用によって火災になることあります。
また、ペットボトル自体からアンチモンやビスフェノールAという有害物質が出ることも実験で確認されています。

 一方飲みかけのペットボトルでは、細菌がガスを発生させて爆発する可能性もあります。これはとくに糖分が含まれている飲料は注意が必要です。

●化粧品や整髪剤
 化粧品や整髪剤も、プラスチックの容器やスプレータイプが多く存在します。プラスチックの容器は、高温になると溶けだしますし、スプレータイプは前述したとおりです。

 化粧品の保管は、通常、室温で管理します。50℃を超える環境では、成分が変わってしまったり、溶け出したりすることがあるので注意して下さい。

●食品
 カビや細菌が繁殖しやすくなり、腐りやすくなりますので車内への放置は厳禁です。とくにビニール袋に入ったままのものは、細菌の繁殖や腐食が進みやすいので注意が必要です。

◆乳幼児や高齢者、ペットも放置厳禁
 先の実験結果によると、エアコン停止のわずか15分で車内は熱中症指数が危険レベルに達しています。

 そんな社内に乳幼児を放置すると、乳幼児は体温調節機能が未発達のため、高温下では短時間で体温が上がり、死亡することがあります。

 また高齢者は、加齢により体温調節機能が低下していますので、同じように危険です。ペットも同様、命に関わりますので、車内に放置することは絶対にやめてください。

 いかがですか?

 真夏の車内は非常に高温になり、たとえ短時間であっても、危険です。トラブルのもとにならないよう、くれぐれも置き忘れ、放置に注意して下さいね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

ラベル:真夏 車内 放置 危険
posted by ケイちゃん at 17:10| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

記憶力をアップする簡単な方法、どんな方法だと思いますか?


紫色の脳のイメージ画像.jpg

 あなたは、昔の記憶を良く覚えている方ですか? 私は若いころの記憶までとても鮮明に覚えていますが、主人は昔のことは忘れたと良く言ってます。でも、こうした記憶の差はどうしてできるのでしょうか?

 今日は、アメリカの記憶力チャンピオンNelson Dellis氏の話をもとに、記憶力をアップする簡単な方法について、ご紹介したいと思います。

◆記憶力チャンピオンが教える記憶のコツ
 先日主人に、「コチジャンとお酢と白ごまを買って来て」とお使いを頼んだら、見事にコチジャンの代わりに豆板醤を買ってきました。お酢とごまについてはどれを買うか電話してきたので間違えなかったのですが、コチジャンは確認しなかったのでこういうことになりました。

 こうしたことについて主人は、認知症だと冗談交じりに言っていますが、実際はそうでもないはずです。Dellis氏は今でも、小学生のころの友達との何気ない会話を細部まで思い出すことができるそうですが、Dellis氏によると、主人のような人は記憶力が悪いのではなく、きちんとした使い方を教わっていないことが問題なのだそうです。

 15分で201人の名前を覚えられるDellis氏は、あるインタビューにおいて記憶のコツを語っていて、そのポイントの1つが、覚えたい対象をエキサイティングにすることです。

人間の脳は、たまたま遭遇した普通でないことを覚えるのが得意です。でも、1日の9割は退屈でできているので、そこで、何かを記憶するには、それをエキサイティングにする必要があるそうです。とりわけ、目で見えるものに置き換えることがポイントです。これは、脳は、抽象的なアイデアよりも、画像を思い出すのに長けているからです。

 そのためにDellisさんが提案しているのが、たとえば誰かの名前を覚えたければ、同じ名前の別の人を思い浮かべる方法です。ネルソンという人に会ったらネルソン・マンデラを思い出す、といった感じです。

 私も、新しい人に会ったときは同じ名前の友達と関連付けて覚えるようにしています。同じ名前の知り合いがいることが前提ですが、これはけっこう役立つ方法です。

 ポイントは、特徴のないものを、少し普通でない何かに置き換えること、つまり、何かに関連付けて覚えるということです。

 いかがですか?

 主人も、いつも通りの買い物を「ワイルドでクレイジー」な出来事ととらえることができれば、あとで思い出すことができるはずなのですが。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:29| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

「O型は蚊に刺されやすい」というのは、本当だと思いますか?


豚の蚊取り線香とうちわの画像.jpg

 不思議なことに、同じ場所に居ていても蚊に刺されやすい人と刺されない人がいます。確かに昔から、「O型は蚊に刺されやすい」とか、「太っていると蚊に刺されやすい」「妊娠していると」「ストレスがない人が」「子どもは」など、蚊に刺されやすい人の都市伝説はいろいろとありますが、真実はどうなのでしょうか。

 今日は、こうした「蚊に刺されやすい人」を医学的観点からご紹介したいと思います。さらに、刺されにくくなる方法も紹介します。

◆「こんな人が蚊に刺されやすい」のウソ・ホント
▼Q1.O型は蚊に刺されやすいってホント?
 答えは、「本当ですが理由は不明」です。

 害虫防除技術研究所の白井良和先生は、2004年のJournal of Medical Entomologyで蚊はO型の血液型を好むと報告されているそうです。それによると、蚊に刺される頻度がO型で83.3%、A型で46.5%と、O型の血液型の人が刺されやすい事が判ったということです。

 また、蚊の腸内の吸った血液型を調べるとO型、B型、AB型、A型の順に多かったとの報告もあるそうですが、残念ながら、理由については不明だそうです。O型の人の体温や二酸化炭素、汗などが、他の血液型と若干異なる可能性があるのかも知れません。とはいえ、A型の人が蚊に刺されないわけではありません。

▼Q2.肥満だと蚊に刺されやすいってホント?
 答えは、「本当」です。

 理由は、肥満の方は体表面積が広く、その分蚊に刺される範囲も広いということなので、確率的に刺されやすいと言うことです。また、肥満の人は汗をかきやすいので、蚊が対象を発見しやすいということもあると思われます。

▼Q3.妊婦は蚊に刺されやすいってホント?
 答えは、「本当」です。

 理由は肥満の方と同じく、妊婦も体表面積が広くなるためです。それに加えて、妊娠後期では肺がお腹で圧迫され、呼吸数が多くなり、その分二酸化炭素を発しやすくなることもあげられます。また、体温も高めであり、そのことでも蚊を引きつけてしまいます。

▼Q4.ストレスのない人は刺されやすいってホント?
 答えは、「ウソ」です。

 ストレスがあるかないかでは関係ありません。しかし、ストレスによって汗をかいている場合は、蚊を引きつける可能性はあります。

▼Q5.子どもは刺されやすいってホント?
 答えは、「本当」です。

 子どもは体温が高く、代謝が盛んであること、そして汗をかきやすいことから、蚊を引きつけてしまいます。

▼Q6.アルコールを飲むと刺されやすいってホント?
 答えは、「本当」です。

 飲酒することで、皮膚の血管が拡張します。すると、体温が上昇しますので、蚊を引きつけてしまいます。またここでも、汗をかくことでさらに引きつけてしまいます。

▼Q7.黒い服を着ていると刺されやすいってホント?
 答えは、「本当」です。

 イエカは、夜行性のため、暗い色を好むと言われています。そのため、黒い服は蚊を引きつけてしまう可能性があります。

▼Q8.日焼けしている人は刺されやすいってホント?
 答えは、「本当」です。

 蚊は、白と黒の色を感知し、黒色を好むと言われています。そのため、日焼けしている人に蚊を引きつけてしまう可能性があります。

▼Q9.運動している人は刺されやすいってホント?
 答えは、「本当」です。

 運動していると、汗をかきます。汗が蚊を引き寄せますし、運動によって、二酸化炭素の排出も増えますので、より蚊を引き寄せることになります。

 このように、蚊に刺されやすくなる主な要素は、汗・体温が高い・体表面積が広い・黒色の4点にまとめられます。つまり、これらの対策がそのまま蚊の対策につながると言えるので、こうした要素を踏まえた蚊に刺されないための対策をご紹介します。

◆まずは蚊について知る
 蚊は、ハエ目カ科の昆虫です。見たことがあるかもしれませんが、オス・メスともに長い口吻を持っています。主食は本来、花のミツや草の汁などで、動物の血ではありません。人を刺す蚊としては、イエカとヤブカがあります。イエカは夜行性で春と秋に活発で、ヤブカは夏です。

 血を吸うのは、産卵期のメスだけです。卵を発達させるために必要なタンパク質を得るために、動物の血液が必要なのです。動物を探す時に、蚊は汗・体温・二酸化炭素などを感知して寄ってきます。

 蚊は血を吸う時に、対象に唾液を送り込んでくるのですが、これには刺した時に痛みを感じさせない麻酔作用や、血が空気にふれて固まるのを防ぐ作用がある色んな成分が含まれています。この唾液腺物質が、刺された後の腫れや痒みを引き起こします。

 血を吸ったメスの蚊は主に水中に産卵します。卵は、乾燥した場所でも何年も生き続けることができるため、周期的に水が貯まるようなところであれば孵化してしまいます。卵から数日で幼虫「ボウフラ」になり、1週間でさなぎとなって3日で成虫になります。成虫の寿命は1ヶ月です。

 気候が熱帯に近いアフリカなどでは、1年中、蚊が生存しますが、幸い、日本では現時点では夏に多く、冬に少ない状態です。

◆身の回りの蚊を減らす
 蚊への対策として、まず身の回りの蚊自体を減らすことを考えるのが一番有効な対策です。ボウフラは水の中で生息し、蚊へと成長するため、自分の身の回りに水を溜めておかない事が大切です。雨水などが溜まった容器はそのままにしないようにして下さい。

 また、屋内であれば蚊の侵入を防ぐために、網戸に虫よけスプレーをかけるのも効果的です。もちろん、屋外に出る時にも蚊に刺されないように、虫よけスプレーが必要です。

 さらに、先ほどご説明した条件に当てはまる方は、汗対策・体温対策・体表面積対策・色対策が重要になります。

◆汗対策・体温対策
 体温が上がると、汗をかきやすくなります。そのため、体温対策と汗対策は同じです。汗をかいたらなるべく早めに拭きとったり、可能であれば、洗い流すことが肝心です。制汗スプレーを上手に使うのもおススメです。

◆体表面積対策
 なんといっても痩せることです。痩せるためには食事と運動が大事ですが、運動では汗をかき、蚊を集めてしまいます。理想としては、季節が良く、涼しい時期に運動しておき、少しでも体重を減らしておくことが望まれます。

 また、代謝が良いと体温を上げますので、代謝のよくなる肉食系は避け、野菜系を入れるようにします。

◆黒い服を避ける、肌の露出を減らす
 蚊は足を刺しやすいので、できるだけ足を露出させない方が良いと思われます。また、イエカは暗い色を好むため、明るい色の服を着るようにします。

 いかがですか?

 O型の血液型の人は蚊に刺されやすいというのは本当のようですね。私の主人はO型で、確かに蚊は良く寄ってくるような気はします。でも主人は耳がいいので、止まらせたら直ぐに殺してしまいます。このため、実際に刺されるのは少ないようです。

 あなたも、この夏なるべく蚊に刺されないように対策してみませんか?

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:25| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする