2021年01月17日

スイスイ覚えられる「勉強しない勉強法」って、どんな方法だと思いますか?

砂浜に寝転んで本を読んでいる女性の画像.jpg

 あなたは、学生の頃がむしゃらに勉強を頑張ろうと思ったけど、長続きしなかった、思うように成績は上がらなかったというような経験はないですか?

 「勉強はめんどくさい」と思いつつ、頑張って勉強してしまう人は多いようですが、その方法では実際長続きしないそうです。

 今日は、トレスペクト教育研究所代表で、心理学・認知科学の知見を取り入れて確立した学習法を、講座やセミナーでビジネスパーソンや学生に教えている、『ゼロ秒勉強術』の著書がある宇都出雅巳さんのお話をもとに、どう勉強すれば効率よくできるのか、ご紹介したいと思います。 

◆「頑張る人」ほど勉強の成果が上がらない理由
 宇都出雅巳さんによるそのセミナーでのひとコマをご紹介します。

「スマホを見るみたいに読んで。難しい部分はどんどん飛ばして」

「頑張って勉強しちゃダメです」

 このセミナーでは、英語を勉強する女性会社員、資格試験に臨む大学生、専門の語学以外の語学の習得を目指す大学教授など、年齢も肩書も異なる人々が宇都出さんの話に耳を傾けていて、そしてその多くの“教え子”たちが難関資格・受験を突破しているそうです。

 セミナーで宇都出さんが強調しているのが、「頑張って勉強するな」ということです。

「語学・資格試験に合格する、仕事上のスキルを習得する。そうした目標を成就させるため、多くの人は肩ひじ張って気合を入れて、取り組もうとします。その気持ちは素晴らしいです。でも、意気込みが強すぎて、かえって勉強が長続きしない人や集中力が途中で切れてしまう人がとても多いんです」(宇都出さん)

 宇都出さんによると、最近の認知科学の研究では集中力や生産性の向上のための「ウィルパワー(意志力)」という概念が注目されているそうです。これは簡単に言うと、「何かを我慢すると、その次は我慢できなくなる」というものですが、勉強の挫折は、これが原因となることもあるのだとか。ですから、勉強をするにはウィルパワーを節約することが重要なのだそうです。

 そこで宇都出さんが提唱しているのが、ウィルパワーをできるだけ消費しないユルい勉強法をです。

「コツは徹底的に勉強のハードルを低くすること。教材やテキストのページを楽な気持ちでめくり、頑張ってわかろうとしない。それが結果的に真の理解や合格などへの近道となります」(宇都出さん)

◆飛ばし読み&繰り返し読みが効果的
 では具体的にはこの勉強法をどう実践すればいいのでしょうか。その筆頭に挙げられるのが、「飛ばし読み」だそうです。

 これは、教材やテキストで読む気がしないところはさっさと飛ばし、読む気になれるところを読むというものです。また、いきなりディテールをわかろうとするのではなく、目次や、ページタイトル、小見出しなどをざっくり読むのでも良いそうで、こうしたやり方が「基本」だそうです。

 でも、そんな雑な読み方では理解が深まらないのではないかと思いませんか?これに対して宇都出さんは次のように話しておられます。

「ポイントは、飛ばし読み、かつ繰り返し読みをすることです。人間の脳には、知識・情報を一時的に蓄えるワーキングメモリ(作業記憶)があります。ただ、その“容量”には限りがあり、1度に多くの量は入りません。無理に詰め込もうとすると脳がフリーズ状態になります。また、その一時的な記憶は時間経過とともに薄れていきます。一気にそのパートを完璧に仕上げようと、気合を入れて長時間勉強してもムダが発生するのです。

一方、飛ばし読みは脳への負荷が低い割に、短期集中で一度目を通すだけで目次から全体の構成や骨格がわかり、見出しや本の中のキーワードからおおよその内容を把握することができます。文中の『要するに』『つまり』といった言葉で始まる段落を読むだけでも、そこまでの文の要旨をつかむこともできます。

そうやってストック(記憶)を少しずつ増やしながら、さらに、繰り返し読む。テキストの前に行ったり後ろに行ったりして何度も読むことで理解度は徐々に高まっていきます。ペンキを何層にも塗りこんでいくイメージです。これにより知識・情報がさらにしっかり記憶に定着することになるのです」(宇都出さん)

◆ブックサーフィンをする感覚で
 確かに、学校教育の影響もあって1ページ目から順番に、じっくり精読しなければならないという作法に縛られてしまい、難しい内容であっても頑張って理解しようとする人は多いようですが、こうしたやり方では、前述したように、途中で放り投げてしまうリスクがあるということなんですね。

 宇都出さんの手法は、ネットサーフィンならぬ、ブックサーフィンとも言えます。スマホでネット上の好きなジャンルの話題の記事を読むような「感覚」です。でもこのやり方が、勉強を始める際の重圧を大幅に軽減し、すぐ勉強に取りかかれるので、時間ロスが減ることになります。

◆わからない問題は躊躇なく解答・解説を読む
 宇都出さんは、繰り返すことのメリットについて、次のように話しておられます。

「繰り返し読むのは復習頻度を高める効果があります。テキストが目の前にないとき(スキマ時間など)に、今日読んだ部分には何が書いてあったかな、と頭で思い出す行為もいい復習の機会となり、理解度がいっそう高まります。同時に自分の理解度が不十分な点も見えてくるので、次回はその部分を重点的に読めば習熟度も増していきます」(宇都出さん)

 この思い出す行為は、自分だけのミニテストとも言えます。仕事で多忙なときも、数分あればできるますし、仕事で疲れた後に1時間も割いて机の上でゴリゴリやらずとも、成果を上げることができるわけです。

「新しく知った知識・情報を人に簡潔に論理的に話せるか・教えられるか、を試してみることも自分の理解度を深めます」(宇都出さん)

 また、勉強のハードルを下げる方法はほかにもあるそうで、それは、過去問などの問題集でわからない問いは「躊躇なく解答・解説を読む」というものです。ズルをしているようで後ろめたく感じる人もいるかも知れませんが、実はそうではないそうです。

「語学や資格試験は課題範囲やゴールが決まっています。最近の教材やテキストは、詳しい解答・解説付きのものも多いです。よって、わからない問題はそれを読めば、出題の傾向や頻出のキーワードもつかめてその後の勉強のヒントになります」(宇都出さん)

 いかがですか?

 何か私たちの常識を逆にいくような考え方ですが、実際に成果が出ているとなれば、このやり方を真似るに越したことはないと思いませんか?

 最後に、間違いだらけの勉強法をご紹介しておきます。勉強の成果を上げようと思ったら、この方法は採らない方が良いという、反面教師にして下さいね。

----------

▼間違いだらけの勉強法5

1.頑張って勉強
張り切って勉強しても、続かなければ意味がない。頑張りすぎないのがコツ。気軽に、できる部分や得意な部分を読み、課題に取り組むと、ウィルパワー(意志力)を消耗しないので継続して勉強できる。

2.じっくり精読
1ぺージ目からじっくり・ゆっくり精読してしっかり理解しながら進むことを意識しすぎると、勉強するのが嫌になり挫折してしまうリスクも。本文で紹介したように、飛ばし読み&繰り返し読みが実は合格への近道。

3.ノートに整理
勉強内容をサブノートにキレイにまとめることで満足し、繰り返し勉強ができない人は多い。逆に、テキストの余白にキーワードを大きな字で書き込む、メモ紙をはさむ・貼るなどしてテキスト内で完結させるべし。

4.ズルせず習得
過去問題集を懸命に時間をかけて取り組むのは時間のムダ。わからない問題はすぐ諦め、解答を見る。その代わり、付記されている解説文を熟読し、出題の傾向や頻出のキーワードをチェック。それを踏まえて勉強する。

5.1人でコツコツ
コツコツこまめにやるのは正しいが、1人で勉強していると煮詰まることも。勉強して覚えた新しい知識・情報を、家族や友人などに説明し、フィードバックをもらうことで理解度が増し、理解不足の点を認識できる。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:50| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月09日

運が悪い人に特徴的な5つのこと、何だと思いますか?


長崎興福寺(赤寺)の画像.jpg

 あなたは、自分は運が良い方だと思いますか?それとも悪い方だと思いますか?実は、運が悪い人にはある特徴があるそうです。

 今日はその運が悪い人に特徴的なことについて、インゲン豆や煎茶を日本にもたらしたと伝えられる隠元禅師ゆかりの寺、長崎市寺町にある興福寺の32代目をつとめる松尾法道和尚のお話をもとにご紹介したいと思います。松尾和尚は、住職として歴史ある寺院を取り仕切る名刹の禅僧である一方、英会話やピアノが特技で女子高の教師をしていたこともあるという幅広い経験の持ち主の方です。

◆生きているだけでも知らぬ間に犯している罪やケガレ
 松尾和尚は、25歳のときから九州・長崎にある「興福寺」という寺の住職をされていて、寺にはいろんな悩みを抱えた人が相談にこられるそうで、そんな相談の一つが、「自分は運が悪い」というものだそうです。

 松尾和尚によると、人は、普通に生きているだけでも知らず知らずのうちに犯している罪やケガレがあるそうです。たとえば、電車の乗り降りで人にぶつかってしまったとか、無意識のうちにことばで人を傷つけていたとか。たいしたことない、なんて思う勿(なか)れだそうで、そうした不正不純なものを、むかしの日本人は、衣食住の営みの中で自然に浄める習慣が身についていたということです。でも、なにかと忙しい現代では日常の中の「浄化作用」が減ってきているそうです。

 この小さな罪やケガレが積み重なった状態では、運気は滞っていくばかりだそうで、「ケガレを祓って⇒運気をあげる」、つまり日常を健やかな状態にしておけば、自ずと「運気の代謝」はあがるということです。そんな日常でたまる陰の気や不安、厄を浄めて、毎日に幸運を呼び込む53のコツを、著書 『龍がすむ赤寺の教え 「運気の代謝」があがる! 日常作法のコツ』 に集めてみたそうで、その中から、日常でやってしまいがちな運気が滞る5つの原因と解消法をご紹介します。

◆健康や精神の状態、生きざますら表れてしまうもの
1、声が低い
 調子が悪いとき、いい調子の波に乗っていないときは、だんだん声のトーンがさがってきます。とくに自信がないときは声が低く小さくなってしまうものです。このように、声には今の健康や精神の状態、これまでの生きざますら出ているそうで、自分は気がつかなくても、話している相手には思いのほか伝わってしまうものなんだそうです。

 挨拶や、受け答えの声が明るいと、感じがいいと感じるものです。仕事においても、実力が同じくらいの人がいたら、感じのいい人へお願いしてしまうものではないでしょうか? つまり、声から受ける「感じのよさ」と同様に、声の暗さや小ささは「感じの悪さ」となって相手に受け取られているのだそうです。

 特に電話先の暗い声は、ダメだそうです。女性は年齢を重ねると声のトーンがぐっと低くなるみたいですが、「地底に住んでんの?」というくらい暗い声が出ると、ついプツンって切りたくなってしまいます。

 ですから、リーンリーンて電話が鳴ったら、「はいはいはーいっ♪」て、声のトーンを明るくして、徐々に音を高め、語尾をあげると良いそうです。

 確かに気分が落ちているときには、なかなか明るい声が出づらいと思いますが、ちょっとがんばって高めの声を意識して。挨拶のひと声だけでも明るく、「はーい、おはようございますっ!」なんてあげてみると、そのテンションに引っぱられ、モヤッていた気分もスッキリして、運気の流れを切り替えられるそうです。たかが声ですが、されど声だそうですよ。

2、グチや悪口をいう
 調子が悪いときは、まわりにグチや悪口好きな人が集まりがちですが、いくら調子が悪いからあるいは疲れているからといって、グチや悪口を口にしているうちは、運気は下がっていくばかりだそうです。

 マイナスはマイナスを連れてくるものなので、つい引き込まれてしまったら大変危険です。マイナスをはね返すには、その倍以上のプラスがいるのですから、無防備にマイナスを発したり、受け取らないことだそうです。

 自分を守る鎧は常に持っておいて。心の平和を破るものがぶつかってきたら反撃して下さい。鎧かぶって、ノーといえる強さが必要だそうです。

 とくに身内のグチ、悪口は、しゃべる相手を間違えるとまわりに広がってしまう可能性があるので、自戒するに越したことはありません。

3、身だしなみが乱れている
「飾らないのがいい、すっぴんのほうが自然でいい」なんてことは、まやかしだそうですよ。

 実は、「おしゃれをする」って、自分自身をどう磨いてあげたらいいのか、考えることでもあるそうです。向き合っているうちに、新しい自分を見つける。そんな「気づき」が肝心だそうです。

 自分に手をかけていると、自分を大切にしている気持ちが増すのではないでしょうか? 車の窓ガラスをきれいに拭いてみると、いつもの景色も見え方が違って、そうすると気分良く走れるようになるのと同じように、ちょっとだけの変化でも、おしゃれをするというのは、ドキドキがあって、気分があがるものではないでしょうか。

 髪や肌も、きちんとケアして、キレイになることで気分があがるなら、あなたの味方にすべきです。ブス顔フケ髪でいたら、運気がよどむこと間違いなしだそうです。

4、トイレが汚れている
 運気と直結している水まわりは、いつもキレイにしておきたい場所だそうで、中でもトイレとお風呂を汚くしていると、運気をあげようなんて論外だそうです。

 松尾和尚が、興福寺に来られた方たちによく褒められるのが、数年前に念願かなって改築したトイレだそうです。「古寺といえば、じめっとした和式のお手洗い」というイメージを払拭するように、木の温かさのある空間に現代的な便器を設え、なにより、極めて清潔を心がけておられるそうです。

 「うちのリビングより居心地がいい!」「ここに住みたいくらい」とお客さまに言ってもれえると、特にうれしいと感じるそうです。そんなふうに、人の気持ちをプラスに変えるトイレは磁場もどんどん豊かになって、興福寺の隠れパワースポットになってきているそうです。

 ですから、ご家庭のトイレやお風呂でも、ピカピカの居心地のいい場をキープすることで、高いエナジーを補給するパワースポットになります。また、せっかくのエナジーが損なわれるので、トイレの蓋は、きちんと閉めた方が良いそうです。

 お風呂やトイレがキレイなところには、神さまや仏さまが遊びにくるけれど、汚いお風呂やトイレには、神さまも仏さまも立ち寄れないそうなので、毎日キュキュッと磨いて下さい。

 そして、お化粧をする方は、ぜひ化粧パフも洗って下さいということです。ドス黒くカチカチになったパフではお肌も運気も淀んでいくばかりだそうですよ。

5、冷えている
 心とからだはつながっている――と、松尾和尚が強く実感されたのは、和尚が住職をやりながら女子高の非常勤講師として教鞭をとって早々、重度の鼻づまりアレルギーで苦しんだときだそうです。

 アレルギーの原因は、200%ストレスで、仕事の緊張と人間関係の疲労で、最高に弱っている心とからだに、さらにアレルギーを加速させたのが、からだを冷やす生活習慣だったそうです。

 気が張り詰めているからゆるめようと、寝る前にお酒を飲んだり、つい過食もしがちで、また大好きな生野菜も、季節はずれであろうとたくさん食べていて、甘いものや〆のラーメンもおいしくいただいていたそうです。

 このように、仕事と人間関係のストレス→内臓が冷える生活→からだの弱い部分にアレルギーを発症と、心の負荷からエネルギーが枯れて、それがからだの症状にあらわれたということになります。

 こした食で患ったものは、食で治すのが基本だそうで、寺での料理修練で、「あたり前の食」を学び直したことで、その後松尾和尚の鼻アレルギーは、ウソみたいに消えたそうです。

 このように、一にも二にも、基本になる食は、からだが求めている季節の食材を、からだが求めている分だけいただくことだそうで、その自然のルールで食べていると、心身がやすらぐことを体感されたということです。冷えとり食も開運食も、からだが温まる食事がキーワードです。

 いかがですか?

 人生が長くなってくると、日常の習慣もダレてくるものですが、それは、年齢を重ねて体型が変わり、新陳代謝がさがってきたから、食生活を変えたりするのと同じで、日常の習慣にも年齢なりのちょっとした工夫と知恵が必要になるということです。

 現代は生きづらい時代といわれますが、「運気がいい」をキープするためには、日常作法を少し見直すだけで良く、そうすることで「運気の代謝」は必ずあがるそうです。

 運が悪いと感じておられる方、今日ご紹介した方法を参考に、日常作法を見直しされてはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

ラベル: 悪い 特徴
posted by ケイちゃん at 18:29| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

あなたは、仕事の質を高め、やり直しを防ぐダンドリ仕事術「自工程完結(JKK)」という言葉を聞いたことがありますか?


赤と青の旗で会話を模擬している画像.jpg

 あなたは、仕事の質を高め、やり直しを防ぐダンドリ仕事術「自工程完結(JKK)」という言葉を聞いたことがありますか?

 「自工程完結」は、仕事だけでなく、料理、勉強、旅行、スポーツなど「段取り」があるもの全てに活用できる究極の思考法なのだそうです。でもなぜ、究極なのでしょうか? 

 今日は、仕事の基本をまったく知らない人でもわかる? 学園でおこる難題に巻き込まれる女子高生のストーリーを通じて、世界一やさしくダンドリ、フレームワークといった幅広く使える便利なトヨタの思考法やさしく解説する書籍『誰でもストーリーでわかる! トヨタの思考法――知識ゼロから驚くほど合理的な「自工程完結」が身につく』の中から、そのエッセンスを一部抜粋してご紹介したいと思います。

◆モレなく考えられるようになる全体思考
 まずは、発想力や企画力を高める思考技術を学んでいきます。「よい発想が思い浮かばない」「企画力を高めたい」とお考えの方、まずは2つの思考術『全体思考』と『反対思考』を使ってみるのが良いそうです(図表参照)。

全体思考と反対思考の画像.jpg

 『全体思考』というのは、モレなく考える思考技術で、『それだけなの?』とツッコまれないための思考技術だそうです。

 モレなく考えるということは、「全体を捉える」、つまり「外枠を押さえる」ことです。
外枠とは、例えば、『前・中・後』『内・外』『男・女』といった、それらの断面で見た場合、ヌケ、モレがない枠組み(フレームワーク)のことで、これらのフレームワークは、物事を分類、層別すると、必ずどれかに属します。例えば、文化祭の運営を例に取り、「前・中・後」のフレームワークを使うと、文化祭の作業は必ずどれかに属することがわかります。

・前…文化祭の企画、出し物の制作など
・中…出し物の披露、見学など
・後…文化祭の評価、記録保存など

 このように、最初に全体(外枠)を押さえ、枠内へアイデアを入れ込むことで、モレを防ぐことができます。

 なお少し補足すると、フレームワークは、「前・中・後」のように論理的に抜けがないもの以外に、世間一般的に見て、これだけ押さえておけば、モレはないと見なしてよいと言われものがあるそうで、例をあげると、調査/分析などに用いられる、3C(頭文字Cから始まる3つの単語)などです。3Cというのは、

・Customer(カスタマー:顧客)
・Company(カンパニー:自社)
・Competitor(コンペティター:競合)

ですが、これはつまり、お客様を知り、自分を知り、敵を知るということです。

例えば、彼氏を射止めたい場合、どうするか?というと、

・彼氏(カスタマー):趣味、好み、交友関係 など
・自分(カンパニー):アピールポイント、彼との接点 など
・恋敵(コンペティター):特徴、動向 など

を知ることで、彼氏をゲットできる……はずです。(なかなか理論的にはいかないかも知れませんが)

◆「反対思考」とは、文字通り、 反対に、逆に考える思考技術
 「反対思考」というのは、文字通り、 反対に、逆に考える思考技術のことで、具体的には、自工程完結において、あらかじめ、「最終的なアウトプット」を明確にしたり、手順をゴールから逆算して描くことが、これにあたります。「反対思考」は、「要するに何なの?」とか、「本当にそうなの?」とツッコまれないための思考技術です。

 「実験する前に論文を書け」(『仮説思考BCG流 問題発見・解決の発想法』内田和成、東洋経済新報社)という言葉があるそうです。

 これは、「行き当たりばったり、出たとこ勝負」ではなく、実験をする前に、結果を想定しておくということで、これは言いかえると、仮説(仮の答え)を立てることです。そして、その仮説を導き出す、適切な実験方法を考えてから、実験に取り掛かることで、ムダな実験や、実験のやり直しを防ぐことがです。つまり、実験する前に既に論文の良し悪し、勝負がついており、「結論から先に考える」ことにより、「要するに何なの?」とツッコまれないようにすることができます。

 この「反対思考」の力は超絶だそうで、技術やサービスなどのイノベーション(革新)は、「反対思考」により、従来の常識や固定観念を覆してきた歴史と言っても過言ではないそうです。

 例えば、身近な例では、アイスクリームがあげられます。地域性はありますが、以前は、「アイスクリームは冷たく、夏に食べるもの」という常識や慣習がありました。そんな中、「冬に食べられるアイスクリーム」を開発して大ヒットになったのが、ロッテの「雪見だいふく」です。

 また、20世紀初頭にはアイスクリームは皿に載せて食べてたのだそうです。「アイスクリームは皿にのせて食べるもの」だったんですね。それを、ワッフルでコーン状に巻いてアイスを入れることを思いつきます。つまり、「皿にのせなくても食べられるもの」と同時に「食べられる皿」が発明されたわけです。

 そして、文化祭でもお目にかかる「お化け屋敷」ですが、「お化け屋敷って暗いところでやるもの」ってイメージがありませんか?そういうのを固定観念と言うのですが、固定観念は、往々にして「〜するもの」「〜わけがない」「〜はずがない」「〜ねばならない」などという仮面をかぶっていて、あたり前として疑問にすら思わないのです。「お化け屋敷は暗いもの」っていう具合にです。

 その固定観念を打ち破るやり方があります。まず、前提となる条件を洗い出し、その前提を強制的に逆転させる。つまり、「前提逆転」というやり方です。

 この前提というのは、「物事を成立させる条件、根拠」のことなのですが、「前提逆転」では、特に常識や慣習といった「あたり前や周知の事実」として、疑問にすら思わないことに着目します。もしそれを逆転できれば、まさに革新だからです。アイスクリームの例で言えば、「夏に食べるもの」から「冬でも食べられる」みたいにです。

 ここで「前提逆転」で成功した実話をご紹介します。

 ある年の台風で育てていたリンゴの9割くらいが、収穫前に落ちてしまいました。

 リンゴ農家は悲しみにくれていました。「残ったリンゴは売れない。金にはならない」と。そんな中、ある農家は、前提である「金にはならない(儲かるはずがない)」に着目し、落ちなかったリンゴを“落ちない”リンゴ。つまり、「縁起物として受験生に売ることはできないだろうか」と考えました。この逆転の発想で、高価なリンゴがあっという間に完売したのだそうです。

 逆に、落ちてしまったリンゴに対しては、激しく恋に落ちるお守りとして、恋活する人に売れるかもしれません。

 このように、「落ちてしまったリンゴには商品価値がない(売れるはずがない)」という前提を逆転させるわけです。

 いかがですか?

 本書では、「反対思考」として、潜在リスクに気づくやり方にも触れているので、もし興味を持たれた方は、ぜひ、本書『誰でもストーリーでわかる! トヨタの思考法』に触れられてはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。


posted by ケイちゃん at 18:00| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする