2020年01月14日

女性のがん死1位のがんは、何がんだと思いますか?


大腸がんのイメージ画像.jpg

 罹患(りかん)数2位、死亡数1位の、女性にとって最も身近ながんって、何だか分かりますか? それは、大腸がんです。(ちなみに、罹患数1位のがんは乳がんです。)

 この大腸がん、特に40代以降はリスクが急増するそうです。今日は、大腸がんってどんな病気なのか、命を落とさないために、どうしたらいいのかということについて、東京医科歯科大学大学院応用腫瘍学講座の石黒めぐみ准教授のお話をもとに、ご紹介したいと思います。

◆女性のがん死トップの大腸がん、40歳からリスク急増

大腸がんの年間罹患数のグラフ.jpg

 女性のがんでまず思い浮かべるのは乳がんですが、大腸がんも忘れてはいけないそうです。上のグラフを見ていただくと分かるように、新たに大腸がんと診断される人の数は、男女ともに急増し、この40年近くで7倍以上に増えているそうです((データ:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」地域がん登録全国推計によるがん罹患データに基づく)

 最初に申し上げた通り、大腸がんの女性の罹患数は乳がんに次いで2位、死亡数は1位なのですが、なぜこんなに増えているのでしょうか。これについて石黒めぐみ先生は、

 「理由は大きく3つ挙げられます。1つは日本が『先進国』になったから。大腸がんの発症には高脂肪食や肥満、運動不足など、先進国特有の生活習慣が関係しています。2つめは高齢者の増加。大腸がんは40歳以降、加齢とともに罹患率が急増します。そして3つめが、診断される人が増えたから。がん検診や内視鏡検査などで、以前よりがんを見つけやすくなったことも大きいですね」。

と説明されています。

 大腸がんというのは、大腸の粘膜に発生するがんのことです。全長1.5〜2mの大腸は結腸と直腸からなっていいて、がんの約7割は肛門に近い直腸とS状結腸に発生しているということです。

「直腸がんだと便に赤い血が混じるので、痔と間違えやすい。S状結腸がんでは、赤黒い血便や粘液と血液が混じった粘血便が出ることが多いです。大腸がんの症状には、一般に便に血がつく血便や排便時の出血、便秘になる、便秘と下痢を繰り返す、スッキリ出ない、便が細くなる、などがありますが、これらの症状が現れるのはがんがかなり大きくなってから。早期はほぼ症状がなく、検診などで見つかることがほとんどです。
 なお、女性は男性より結腸がんの割合が多く、高齢になるほど増えてきます。お腹の右側の盲腸・上行結腸は肛門から遠く、進行しても出血や排便異常などの症状が現れにくいので、発見が遅れがちです」(石黒めぐみ先生)

 女性のがんには、女性ホルモンが大きく関わるがんと加齢によるがんがあるそうで、前者の代表が乳がん、そして後者の代表が大腸がんだそうです。乳がんの罹患率は40〜60代でピークを迎えるのですが、大腸がんは逆に40代から右肩上がりに増えていくということです。

「大腸がんは生活習慣と遺伝的要因の両方が密接に関係しています。生活習慣に関わるがんは、年齢が上がるほどリスクが上がるもの。いわば長寿の代償です。自治体の大腸がん検診が始まる40歳からが、まさに『大腸がん年齢』なのです。
 一方で、少数ながら40歳未満で発症する人も。この場合は遺伝的要因が大きいと考えられます。例えば大腸がんになった血縁者がいる人は、そうでない人より発症リスクが2〜3倍高くなるとされます。心当たりのある人は40歳より前から定期的な検診を受けてほしいですね」(石黒めぐみ先生)

 では大腸がんの予防は可能なのでしょうか? これについて石黒めぐみ先生は、

「肥満や過度の飲酒は大腸がんのリスクを増やし、運動はリスクを減らすといわれています。ただし、どれだけ生活習慣に気をつけていても、なるときはなる。つまり、大腸がんを完璧に防ぐことはできないのです。だからこそ大事なのは早く見つけて治すこと。これに尽きます!」

と話しておられます。

◆早期なら内視鏡治療で9割以上が治る

大腸がんの5年生存率のグラフ.jpg

 2人に1人はがんになる時代なので、どんなに予防に努めていても大腸がんにならないとは限りません。そこで石黒めぐみ准教授が強調されているのが「治る段階で見つける」大切さです。

「実は、大腸がんは『治りやすいがん』の一つ。がんが粘膜下層の浅い部分にとどまっている早期がんなら、治療後の5年生存率は9割以上で、ほぼ完治が見込めます。しかも、早期なら負担の軽い内視鏡治療で済みます。きちんと治せるところで発見する─。これが一番大事ですね」(石黒めぐみ先生)

 そしてその早く見つける方法については、

 「ズバリ、検診です。これしかありません。ぜひ受けてほしいのが便潜血検査、いわゆる検便です。簡単な方法ながら、毎年受けることで大腸がんによる死亡率を6〜7割減らせると証明されています。がん検診の中で最も有効性が確立された検診法といえます。ただ、女性は男性より受診率が低いのが実情。まだの人は早速、今年から地域のがん検診や人間ドックでの検査をお薦めします」(石黒めぐみ先生)

 大腸がんの治療には内視鏡治療、開腹、腹腔(ふくくう)鏡などの手術、化学療法、放射線療法があり、進行度に応じて治療法が決まるそうですが、早期がんへの内視鏡治療は、この10年ほどで目覚ましい進歩を遂げたということです。

「茎のあるキノコのような形のがんを切り取る『ポリペクトミー』という方法は以前からありましたが、2012年、新たに『ESD(内視鏡的粘膜下層はく離術)』が保険適用になりました。これだとより大きながんでも切除できるので、内視鏡治療で済む人が劇的に増えました。
 手術は腹腔鏡手術が普及し、今では約7割を占めています。お腹に小さな穴を4〜5個開けて器具を入れ、カメラで内部を映しながら手術をします。開腹手術に比べて術後の痛みが少なく、回復も早いのが特長です。
 化学療法も分子標的薬が登場するなど、この10年余りで飛躍的に進歩しました。転移や再発の場合でも、化学療法でがんを小さくして、手術できる例が増えてきました」(石黒めぐみ先生)

 また、がんの場所によっては、手術後に人工肛門になることもあるそうで、

 「直腸がんの場合は、主にがんの場所によって肛門を残せるかが決まります。医療機関によって判断が異なることもありますから、迷ったらセカンドオピニオンを。最近は『ISR(括約筋間直腸切除術)』という、より肛門に近いがんでも肛門を残せる手術も登場しています。ただ人工肛門もずいぶん装具が改良され、日常生活での制限はほとんどなくなりました。普通に仕事をして、乗馬やフルマラソンを楽しんでいる人もいますよ。
 男女で比較すると、治療後の生存率は女性の方がよい傾向があります。やはり女性は強くできているのかもしれませんね」(石黒めぐみ先生)

ということです。

 いかがですか?

 大腸がんの早期発見のためには、毎年の検診が大切なのですね。私も最近は受けてないので、検診を受けないといけないなと思いました。

 最後に、石黒めぐみ先生のプロフィールをご紹介しておきます。

石黒めぐみ先生 東京医科歯科大学大学院応用腫瘍学講座准教授。1998年、東京医科歯科大学医学部卒業。同大第二外科(現・腫瘍外科学)入局、同大大学院腫瘍外科学特任助教などを経て、現職。2009年から「大腸癌治療ガイドライン」作成委員も務める。著書(監修)に『大腸がんを生きるガイド』(日経BP社)など。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:47| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

がんに罹った時は、前向きな人ほどいい結果が出るそうです


積み木の画像.jpg

 がんが、日本人の死亡原因第1位であるということはご存知だと思います。前回ご紹介した、「がんで不幸にならない方法」、「セカンドオピニオンのおすすめ」はいかがだったでしょうか。今日も前回に引き続いてがんにまつわるお話の3回目、最後のお話です。

 ところで、最近、注目が高まっているのが免疫療法です。手術、放射線治療、化学療法の3大治療に続く「第4の治療」ともいわれているそうですが、実際研究はどこまで進んでいるのでしょうか。今日は、これまでに1000人以上の患者にがんを告知して治療にあたってこられた森山紀之医師のお話をもとに、がんに罹った時の気持ちの持ち方、免疫療法の実態と緩和ケアについて、Q&A形式でご紹介したいと思います。

◆前向きな人ほどいい結果が出る
Q:どんな状況でも前向きに生きようとする姿勢がいい結果につながる、というのにエビデンスはあるのでしょうか?

A:分析もデータもありませんが、前向きな人ほどいい結果が出ることはあります。「なるようにしかならない」なんて、本当は医者なら言うべきではない言葉ですが、最後にどうなるかを考えてしまうと必ず悪い方を考えますから、「死ぬときは死ぬんだから」と開き直ることも、ある意味大切なのかなと思います。私の妻は透析患者です。透析をすることになると「あと何年生きられるの」「どれくらい苦しいのか」「むくみがひどいんでしょ」など、最悪の状況を心配する方が多いんですが、妻は「死ぬときゃ死ぬんだから」といって、落ち込んだり悪いことを考える代わりに、毎日明るく過ごしています。(森山先生)

Q:透析は肉体的にも精神的にもきついですよね。

A:もちろん苦しい日もあると思います。でもそんな日は「今日はきついんだ」とゲーッと吐いて「わあ、さっぱりした」などとやって、もう9年になります。科学的に生きている私が言うのもおかしなことですが、毎日お化けが出るんじゃないかとビクビクしたり、仕事をクビになるんじゃないか、会社が潰れるんじゃないかと心配したりしている人に、幸せな人はいませんよね。がん治療にも同じことがいえる部分はあると思います。妻はがんではありませんが、前向きに生きることでよい結果につながっている好例だと思います。(森山先生)

◆「免疫力」を利用して、がん細胞への攻撃力を高める
Q:最近免疫療法が「第4の治療」といわれ、注目が高まっているのも、「気持ちを前向きに保つことでいい結果につながる」というのと似たようなことなのでしょうか。

A:単にそういうわけでもないんです。免疫療法は、もともと体内に備わっている患者さん自身の「免疫力」を利用して、がん細胞への攻撃力を高める治療法です。今までどの治療法でも効果がなかった症状が改善したケースもあり、多くの医者が期待しています。しかし効果や副作用に関する科学的根拠はまちまちで、標準治療を上回る成績がまだ出せていないのが現状です。今はちょうど過渡期なので、まだ値段が高すぎるなどの課題も多く残っていますが、大きな可能性があることは間違いありません。世界中で研究が進んでいますので、この分野の研究は今後飛躍的に進んでいくと注目されています。(森山先生)

◆「緩和ケア」は死を待つ場所ではない
Q:緩和ケアについても教えてください。緩和ケアはいつから考えればよいのでしょうか。

A:緩和ケアは、将来苦痛が出そうな状況が見えてきた段階で考えるのがいいと思います。緩和ケアを終末医療と間違えている人も多いですが、緩和ケアは終末期か否かにかかわらず、がんに伴う体と心の痛みやつらさを和らげ、「自分らしく生きる」ためのものです。緩和ケアに行けと言われると「見捨てられた」と思う方がいらっしゃいますが、緩和ケアというのは死を待つ場所ではなく、今やりたいことをできるだけ長く続けるための場所だということを知ってほしいですね。(森山先生)

Q:いよいよ苦しくなってから「明日入れてください」と利用する場所ではないということですね。

A:そうですね。緩和ケアの医師は、痛みを取り除き、「その人らしい人生」を少しでも長く過ごせることを専門に行っています。外科医は「点」で短期間の患者さんを診ていますから、本来であれば、がんと診断された時から緩和ケア病棟に登録をして、医師と連絡をとりながら、治療を進めていくのがいいんです。私が以前国立がん研究センターにいた頃は、緩和ケア病棟で骨転移のある患者さんがゴルフに行くのをサポートしたり、患者さんの碁の相手を務めたりすることもありました。今までやってきたことが続けてでき、新しいことにも挑戦できる場所。それが緩和ケア病棟です。(森山先生)

Q:頑張りきれなかったら、どうすればいいでしょうか。

A:頑張ろうとすることが大事なので、頑張りきれなくてもいいんです。「200歳まで元気で生きよう」っていくら頑張っても、本当に200歳まで生きられる人はいないでしょ(笑)。あと、日本人は「我慢や忍耐は美徳」と思っている人が多いように思いますが、我慢する必要もありません。前向きながん患者さんは、できなくなっていくことを数えるのではなく、「まだ何ができる」と、「今できること」をいつも考えています。
「今は何ができる」といつも考えられるようになれば、自分らしく生き抜くことができ、そんなに不幸にはならないと私は思っています。(森山先生)

 いかがですか?

 最後まで自分にできることを諦めない。それが人間の喜びであり、幸せなのではないかと感じました。あなたは、どう思いましたか?

最後に、再度森山先生のプロフィールをご紹介しておきます。

もりやま・のりゆき/1947年、和歌山県生まれ。千葉大学医学部卒。国立がんセンターのがん予防・検診研究センター センター長、東京ミッドタウンクリニック健診センター長を経て、グランドハイメディック倶楽部理事、医療法人社団進興会理事長、医療法人社団ミッドタウンクリニック理事、医療法人社団勁草会理事、一般社団法人あきらめないがん治療ネットワーク理事。ヘリカルスキャンX線CT装置の開発に携わり、早期がんの発見に貢献。2005年に高松宮妃癌研究基金学術賞、2007年に朝日がん大賞を受賞。著書に『幸せながん患者』など。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:55| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

がんと診断された時は、「セカンドオピニオン」を受けた方が良いそうです


目覚まし時計の画像.jpg

 がんが、日本人の死亡原因第1位であるということはご存知だと思います。前回ご紹介した、「がんで不幸にならない方法」はいかがだったでしょうか。今日も前回に引き続いてがんにまつわるお話です。

 これまでに1000人以上の患者にがんを告知して治療にあたってこられた森山紀之医師は基本的にセカンドオピニオンをすすめるのだそうです。今日は森山先生のお話をもとに、セカンドオピニオンの受け方や、提示された治療法を選択するポイントなどについて、Q&A形式でご紹介したいと思います。

◆「地域で一番の大学病院だから」「主治医に失礼」という遠慮はいらない
Q:森山先生はセカンドオピニオンをすすめていらっしゃいますが、それはなぜですか。

A:セカンドオピニオンで主治医と同じ意見が出されれば、より治療に対する安心が高まりますし、異なる意見が出されれば治療の選択肢が広がります。セカンドオピニオンは、医師の示す治療方針を患者さん自身が納得するために受けるものなので、「地域で一番の大学病院だから」「主治医に失礼」などと遠慮する必要はまったくありません。(森山先生)

Q:でも、「最終的に自分で選んでください」と言われても、決断できるかどうかわかりません。

A:そうですよね。「あなたが選んでください」といわれて選べる人なんてそういないですよ。なので私はできるだけ「自分ならこうする」という言葉を付け加えるようにしています。以前も、前立腺がんの患者さんが、手術をするか放射線治療をするか迷っておられたので、「放射線の医者と外科の医者、両方のセカンドオピニオンを聞いてください」と紹介状を書いて、「もし私なら放射線治療を選びます」と付け加え、その科学的根拠を示しました。
 医者があまり誘導してはいけないので、最終的には患者さんの責任ということにはなるんですが、その患者さんは過去に直腸がんの手術をしていて、再度の手術はリスクがありました。それでもリンパ節への転移があれば手術をすすめますが、幸いリンパ節への転移もなく、非常に早期だったので、放射線治療で生活の質を下げずに手術同様の治療効果が得られるというエビデンスを示したうえで、両方の専門医のセカンドオピニオンをおすすめしたところ、後日「放射線治療にします」とお返事をいただきました。(森山先生)

◆治療の信頼性は「ピラミッド」構造
Q:セカンドオピニオンを受ける時に気をつけることはありますか?

A:専門分野の医師の意見を聞くこと、それとできるだけ公平な意見を述べてくれるところを選ぶことです。がんの場合は、原則として各都道府県に1カ所、都道府県内で中心的役割を果たすよう厚生労働大臣が指定した「がん診療連携拠点病院」があります。よく、名医と言われる医師や、その病気の権威といわれる医師に診てもらっているからセカンドオピニオンは必要ないという方がいらっしゃいますが、私はそういう方こそセカンドオピニオンを受けた方がいいと思っています。(森山先生)

Q:名医や権威ある医師が主治医なら、セカンドオピニオンは必要ないのでは?

A:治療の信頼性って、ピラミッドのようになっているんです。一番上がデータに基づいた科学的根拠で、一番下がクチコミや噂。そして真ん中が実は「権威」なんです。いくらその分野の権威でも、ある程度年齢がいっていると、医学的に遅れている場合もあります。たとえば政治家の言うことが必ずしも正しいわけではないでしょ? あれと同じなんですよ。
 それにセカンドオピニオンの外来をやっている医師は常に勉強していますから、最新のデータもしっかりふまえて診察してくれます。そういう医師に意見を聞くことは、とても意義があると私は思っています。(森山先生)

Q:ただ、誰に意見を聞いても「正解」があるわけではありませんよね。

A:私がおすすめしているのは、まず自分ががん治療に求めるものをあげ、それに優先順位をつけることです。それができたら、次にそれぞれの治療法のメリットとデメリットをあげ、「自分が何を優先させたいか」に照らし合わせながら治療法を選ぶことです。
「とにかく長生きしたい」「多少余命が短くなっても生活の質を低下させたくない」「痛みを取り除きたい」など、自分にとっての優先順位を見据えることができれば、それぞれの治療法のメリット・デメリットを冷静に検討できるのではないかと思います。(森山先生)

◆どんな治療法にもリスクはある
Q:なるべくリスクの少ないものを選びたい気もしますが……。

A:どんな治療法にもリスクはあります。100%の絶対なんてあり得ない。だからこそ、テレビで「私、失敗しないので」と言い切る女医のドラマがかっこいいと人気になったわけです。あんな医者、世界中探してもいないですけどね。それに、全盛期のイチロー選手の打率だって3割8分です。6割2分は打てないんですよ。でも打てない7割を非難する人はいませんよね。野球界では一般的に打率3割以上打てば “一流”なんです。
 また、よく「標準治療は並みの治療で、先進治療が最良の治療」だと誤解している人がいますが、これは大きな間違いです。「標準治療」は「松竹梅」の竹、という意味ではありません。大規模な臨床試験によって効果が証明された、現時点で最良だと推奨できる治療法のことなのです。医師はその標準治療を第一に、患者さんに最善と思われる治療法を提案している、ということを知っていただきたいと思います。(森山先生)

Q:それでも「死」が少しでも垣間見えると、「100%」「絶対」という言葉が、どうしても魅力的に聞こえてしまいます。

A:プレッシャーがかかると、人間は判断を誤るので、プレッシャーに弱い人は、技術力があっても試合には勝てません。がん患者さんが時に普通の精神状態なら選ばないような判断をしてしまうのは、闘病中のがん患者さんは、プレッシャーのかかるスポーツの試合を行っているようなものだからなんです。
 でも冷静に考えてみれば、我々はもともと「年齢」という非常に進行の遅いがんを背負っているようなものなんですよ。「がん=すぐ死ぬ」という考えは今も根強くありますが、がんっていうのは、よほど進行していても、1カ月くらいの猶予はあるんです。進行がんでない場合は、「年齢」のようにもっと「猶予」が長くなります。人間は後ろが見えると怖くなるものですが、後ろを見て怖がるのではなく、できることをするための時間を与えられたと思えば、事故や事件で突然命を失うケースに比べて、不幸とは言い切れないのではないかと私は思っています。(森山先生)

 いかがですか?

 私もいつか罹るかも知れないがん、その時には必ずセカンドオピニオンを受けようと思いました。あなたは、どう思われましたか?

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:25| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする