2018年01月03日

納豆に合う意外な食材が話題になっているそうです

 おせち料理にも飽きて普通の食事に戻りたいと思っているのは、私だけではないのではないでしょうか。明日から仕事が始まるという方も多いと思いますが、普通の食事の朝の我が家の定番は納豆です。

 あなたは納豆は良く食べますか?私はあまりたべることはありませんが、主人は大好きで毎日食べています。

 ところで、昨年の12月6日放送の「めざましテレビ」で、納豆に合う意外な食材を紹介していましたが、ご覧になりましたか。今日はその番組の中で、N+1グランプリトップ3をご紹介したいと思います。

◆ペヤングのカレーやきそばプラス納豆が大絶賛

 日本では古くから食卓の定番食品として愛されてきた納豆ですが、ご飯にかけて食べるのが一般的です。でも最近では、「納豆オムレツ」や「納豆巾着」といったアレンジ料理も人気を博しているそうです。

 そんな中話題になっているのが、先月発売された「ペヤング カレーやきそばプラス納豆」です。カレー風味のやきそばに大胆に納豆をトッピングした1品で、発売当初は「絶対うまいわけないやん」「常軌を逸している」と疑問の声もあったそうですが、いざ実食してみると味は上出来のようで、「予想を遥かに超えたおいしさで衝撃を受けた」「ペヤング史上1番おいしい」「これは買いだめ確定」など絶賛の声が続出。「追い納豆もおススメ」といったアドバイスも反響を呼んでおり、意外すぎる組み合わせにドハマりする人が相次いるそうです。

ペヤングソース焼きそば納豆.jpg
出典画像:「まるか食品株式会社」公式サイトより

 そこで「めざましテレビ」では、納豆に合う新しい食材を発掘することになり、様々な「N(納豆)+1」レシピを調査して、おいしかった食材をランキング形式で発表し、納豆組合の方やフードアナリストら4名に実食してもらい、持ち点10点、合計40点満点でジャッジしてもらいました。

 その結果ですが、N+1グランプリトップ3は、以下のとおりです。

 第3位にランクインしたのは、33点を獲得した「ホットケーキ」で、市販のホットケーキミックスに納豆を加えて焼き、バターとメープルシロップをかけた1品です。実際に食べた審査員は「ホットケーキの甘みと納豆の塩味がちょうどいい」と大絶賛でした。3位には同点で「茶わん蒸し」もランクインしており、そちらも「トロっとした食感がクセになる」と評判を集めています。

 第1位に輝いたのは「アイス」です。冷たいスイーツに納豆を加えた常識をくつがえした1品だが、なんと40点満点を獲得しています。スタジオのゲストたちも最初は疑っていたものの、実際食べてみると「トルコアイスみたい」「おいしい!」と大絶賛で、納豆が冷えるとよりおいしくなるので、よくアイスと混ぜて食べるのがおススメだそうです。

 納豆×アイスの組み合わせはネット上でも好評で、「お父さんが試してたのを一口もらったらうますぎてビビった!」「マジでトルコアイスみたいでおもしろい」といった声が出ているそうです。

 いかがですか?

 納豆の新しい食べ方、気になる人はチャレンジして、納豆の新たな魅力を確かめてみてはいかがでしょうか?


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。


posted by ケイちゃん at 18:09| Comment(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

カップ麺の味が劇的に変化する裏ワザ、知りたくないですか

 私は、1人の時などで残り物もない時は、カップ麺でお昼を済ますことがありますが、あなたは、カップ麺を食べることがありますか。

 そんなカップ麺は、もちろんそのまま食べても十分に美味しいのですが、今日は、あるものを「ちょい足し」するだけで、カップ麺の味が劇的に変化する裏ワザをご紹介したいと思います。

 そのあるものというのはかつお節で、方法も至極簡単です。スプーン一杯のかつお節を入れるだけです。

 かつお節を入れることで、出汁成分がでるので、うま味(イノシン酸)が増します。昔読んだグルメ漫画のエピソードに、ラーメンスープにかつお節を入れて味を改良する話があったそうですが、それのリメーク版です。

 また、出汁がすぐに出やすいのは「粉」だそうですが、入れ過ぎると逆にえぐみが出るので、「量はスプーン1杯くらい」までだそうです。

 袋系のラーメンにも有効だそうですが、こちらもカップ麺よりさらにえぐみが出やすいそうなので、ご注意下さい。

 おすすめのカップ麺は、醤油味のカップ麺だそうで、醤油が一番味の変化が感じられるそうです。また、もともと味の濃いものとか西洋風、激辛のものは変化がないそうです。

 いかがですか?

 いつも食べているカップ麺、たまには目先を変えて、食べてみてはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:40| Comment(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

マーガリンは、できればあまり使わない方がいいそうです

 あなたは、食パンを食べる時などに、マーガリンを使ってますか?

 実は、マーガリンの方がバターより健康的リスクが高い可能性があるそうです。

 ということで今日は、できれば食べてはいけない食べ物として、「マーガリン」をご紹介します。

 マーガリンのほうがバターより健康的リスクが高い可能性があると言われる理由は、その塩分とトランス脂肪酸です。

 マーガリンは植物油を原料としており、バターに比べるとコレステロールと飽和脂肪酸が少ないので、以前から健康的な選択肢のひとつだと思われてきました。

 しかし、専門家によると現在では、“バター”によるコレステロール摂取に関しては、それほど有害ではないとされています。 

 それよりもむしろ、「塩分が多く動脈硬化リスクを高めるトランス脂肪酸を含んでいるマーガリンの方が、健康的とは言えない!」、といった状況になっています。

 ニューヨークのMontefiore Medical Center(モンテフィオーレ・メディカル・センター)の管理栄養士で、ダイエットアプリ「ライス」のダイエットコーチをしているMelissa Rifkin(メリッサ・リフキン)さんは、「トランス脂肪酸は飽和脂肪酸のように、血中コレステロール値と心臓病リスクを高めます」と話しているそうです。 

 同じマーガリンでも、タブ型容器入りのマーガリンの方が、スティックタイプのマーガリンよりは、トランス脂肪酸が少ない傾向があるそうで、また、柔らかいものほど良いそうです。

 しかしオリーブオイル(あるいは他の不飽和脂肪酸を含む油)と比べると、やはりオリーブオイルの方が健康的だそうで、リフキンさんによると、オリーブオイルの次におすすめできるのが、本物のバターだそうです。

 いかがですか?

 確かにバターよりはマーガリンの方が値段は安いので、家計にとっては嬉しいのですが、健康のことを考えると、マーガリンはあまり使わないようにした方が良さそうですね。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:42| Comment(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする