2020年01月10日

あなたが食べているチョコレートは、「危険なお菓子」かも知れません


ハッピーターンの画像.jpg
ハッピーターン

 子どもだけでなく、大人も大好きな人が多いお菓子ですが、その中にはある万能調味料を使っている「危険なお菓子」があるのだそうです。

 今日は、『なにを食べたらいいの?』(新潮文庫)の著者で「加工食品診断士協会」代表理事の安部司さん、「食の安全を考える会」代表の野本健司さんのお話をもとに、「危険な食べ物」の実態についてご紹介したいと思います。

◆お菓子の選び方
 この「ある万能調味料」というのは、うまみ調味料として知られるグルタミン酸及びグルタミン酸ナトリウムのことです。多くのインスタント麺に使用されていて、私たちの食事にお馴染みの存在と言えます。でも安部さんによると、

「マウス実験では神経への影響があることが判明しており、アメリカなどではこれを摂取しないようにする風潮が広まっている」

 ということです。そしてこの万能調味料は菓子類に使用されることも多く、例えば、「ハッピーターン」にまぶされている「ハッピーパウダー」という粉は、

「グルタミン酸ナトリウム、食塩、たん白加水分解物に砂糖を加えたものです。グルタミン酸ナトリウムと食塩とたん白加水分解物は食品にうまみを加える“黄金トリオ”で、鶏がらスープの素などにも使用されています」(安部さん)

ということです。

 この中で、たん白加水分解物は味覚障害を引き起こすとされているそうで、グルタミン酸ナトリウムは先ほどご紹介したとおり、アメリカで消費者から“敬遠”されているものです。そして、冠動脈疾患のリスクを高めることが分かっているトランス脂肪酸についても日本とアメリカで対応に「温度差」があるそうです。

 安部さんによると、

「植物油脂の多くでは、元々の液状の油脂を水素添加などの加工で硬化する処理が行われるのですが、その生成工程でトランス脂肪酸が副産物として出来ます。
 そのため、アメリカでは、水素添加加工はすでに全面禁止されている。一方、日本にはそうした規制は何もない。ゆえに、原材料表示の中に『植物油脂』とあっても、業者が自主的に記載しない限り、トランス脂肪酸が含まれているのかどうかが分からないのです」

ということです。

危険なお菓子の一覧表.jpg

 さらに、植物油脂が含まれている意外な物としては、チョコレート類が挙げられます(掲載表参照)。安部さんはこれについて、

「チョコレート菓子の原材料表示を見ると、カカオマスやココアバターよりも植物油脂が先に書かれているものが多くあり、その植物油脂はトランス脂肪酸を含むものである可能性も十分あります。これは、カカオ豆からとれる油脂の代わりに、コストが安く、柔らかさの調整がしやすい植物油脂を多く使用していることを意味します」

 安部さんがトランス脂肪酸について各社に問い合わせたところ、森永製菓は「含まれている製品もございます」、明治は「(リストにある商品は)含有量0グラムと表示できるもの」、ロッテは「含まれているものもあります」との回答が寄せられたということです。

チョコボールの画像.jpg
「チョコボール」成分表(右)

 コーデックス規格という国際食品規格では、植物油脂が5%以下のもののみチョコレートと表示できるそうですが、

「日本では5%を超えるものもチョコレートと表示できます。特に“くちどけ”などと謳っているものは植物油脂でその柔らかさを調節していることが多く、カカオ豆の成分よりも植物油脂の含有率が高いものが多い」(安部さん)

ということですが、

「現在、添加物を全く摂取せずに生きていくことは難しい。大事なのは、食品を買う際にしっかりと裏の原材料表示を見ることで、そして、そこにある食品添加物の表記が何行までなら自分自身が許容できるか、目安を作っておくと良い。よく分からない添加物が何行も続いて記載されていたら、その商品は避ける。逆に1行くらいなら目をつむる、というやり方です」(安部さん)

ということなので、植物油脂の含有率が高いチョコレートは食べたくない、という方は特に、しっかりと商品の原材料表示を確認する必要がありそうですね。

◆おにぎりの“選び方”
 さらに、コンビニやスーパーで売られているおにぎりにも“選び方”のコツがあるそうです。野本さんによると、

「例えば、鮭おにぎりの原材料表示には、塩鮭、焼き鮭、ほぐし鮭などと書かれたものがあります。この場合、元の素材により近い塩鮭が最も安全性が高く、添加物が多く含まれている可能性が高いのは、切り身をつくる際に出た端の部分を寄せ集めてフレーク状にしたほぐし鮭ということになります」

ということなので、基本的に全ての加工食品は「安かろう悪かろう」なのだと言えるのですね。

 いかがですか?

 コンビニとかで売られている商品は、高ければ良いというものでもないと言えます。私たち消費者は、正しい情報でより賢明な商品選びをしていかないといけないなと、思いました。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:30| Comment(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

「歯を黄色くする食べ物」には、カレー以外にどんな食べ物があると思いますか?


白い歯の画像.jpg

 あなたの歯、白さをキープできてますか? 歯は人の印象を左右するパーツでもあるので、できれば白く美しくキープしたいものです。でも日頃の食事などによって、徐々に黄色くなっていってしまうのもまた事実です。といって、歯医者にしょっちゅうホワイトニングに通うのもまたお金がかかってしまいます。

 そこで今日は、コスモポリタン イギリス版が、現役歯科医のルーク・ソアリー先生に聞いた歯を特に黄ばみやすくする食べ物について、ご紹介したいと思います。これらに注意していけば、より長く美しい歯をキープできるかも知れません?

1.レモン汁
 先生によると、「ホットレモンウォーターは究極の健康法!と考える人も多いでしょう。しかし、実はレモンやライムなどのシトラス系の果物は酸性度が非常に高く、歯のエナメル質を溶かしてしまう恐れがあるのです」ということです。それによって、歯の表面下の黄色い組織が露出し、歯を黄色く見せてしまうそうです。

2.赤ワイン
 先生によると、「赤ワインに含まれるタンニンが歯に色をつけてしまいます。ワインはあの口の中が渇くような飲み口に加え、液体が歯に絡まりやすいため、色素沈着をさらに促してしまうのです」とのことです。

3.ビーツ
 先生によると、「ビーツを調理する時、手やまな板に色がついてしまうのと同様に、白い歯もその強力な赤色に染めてしまいます」ということです。

4.バルサミコ酢
 サラダなどにかけて使う人も多いバルサミコ酢ですが、先生によると、「バルサミコ酢の絡みやすい質感ゆえに、歯にまとわりついて色をつけてしまうことも多いのです」とのことです。

5.コーヒー
 "朝のコーヒーは欠かせない"という人も多いと思いますが、真っ白な歯を夢見る人は、コーヒーかその夢の、どちらかを手放さないといけないかも知れません。
 先生によると、「歯の表面にあるエナメル質は、食べものを捉えやすいように凸凹になっています。従ってコーヒーのように、色が濃いものを食べたり飲んだりすればするほど、目に見える黄ばみを引き起こしてしまうのです。また、コーヒーは酸性で、基本的に酸性の食べ物は口内の健康へのダメージも大きいです」ということです。

6.紅茶
 紅茶は、実はコーヒーよりも要注意なのだそうで、先生によると、「紅茶はコーヒーよりもひどいステイン(着色汚れ)の要因になりますが、これもまた歯にまとわりつくタンニンが原因です。もちろん、紅茶の色が濃ければ濃いほど、色が染みつく可能性も高くなります」とのことです。紅茶好きには残念な情報ですね。

7.カレー
 先生によると、「カレーに含まれるあの美味しい黄色いスパイスは、その強い色素ゆえに、残念ながら歯にとっては手厳しい相手です。従ってカレーは、歯のためにもあまり頻繁には食べないようにして、特別な時のお楽しみにしておくのがいいかもしれません」とのことです。

8.チェリー
 先生によると、「果汁はどれも、ある程度は歯に色がつきます。しかし中でも、チェリーやその他ベリー系の色素の強い果物は特に注意が必要です。加えて、果汁はひときわ糖分を多く含むため、口内のバクテリアを増殖させ、歯の変色以外のダメージも促進してしまう可能性があります」とのことです。

9.トマトソース
 先生によると、「トマトは明るい赤色である上に酸味が強いため、トマトソースやケチャップなどは歯の着色汚れやエナメル質の破壊を促してしまう場合があります」とのことです。

10.醤油
 醤油は日本人にとっては欠かせない調味料ですが、白い歯を目指す上ではおすすめできないのだそうです。
 先生によると、「食後だいぶ時間をおいても落ちないその濃い色素ゆえに、歯科医師たちの間では"歯の最大の敵"とも呼ばれています」とのことです。日本人にとっては、残念な情報ですね。

 いかがですか?

 どれもこれも美味しいものばかりで悩むところですが、日頃から歯の黄ばみが気になるという人は、食事のときの参考にしてみてはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by ケイちゃん at 18:25| Comment(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

あなたは、美容や健康のためにもなる日本の伝統食・乾物を摂ってますか?

 あなたは普段の料理に、ひじきやじゃこ、干ししいたけといった乾物を使ってますか?こうした昔から食べ続けられている日本の伝統食、乾物ですが、一見、栄養が低いように感じてしまいますが、実はかなり栄養豊富なものなんだそうです。

 今日は、とても栄養価が高い日本の伝統食、乾物について、ご紹介したいと思います。

◆伝統食の乾物、何がすごい?

A1乾物の画像.jpg

 日本に古くから伝わる乾物は、とっても栄養価の高い優秀な食材ですが、そんな乾物の魅力をあげると、次のようなことがあげられます。

・とにかく栄養が豊富!
 食材によっては、生の状態で食べるよりも乾燥させた方がぐっと栄養価が高くなります。
また、太陽を浴びたことにより、生の状態よりも栄養がアップするものもああります。栄養がぎゅっと凝縮されて、とにかく美容・健康維持にはおすすめです。少ない量でもしっかりと栄養が摂れる、とっても優秀な食材です。

・長期保存が可能
 乾物の良いところと言えば、やっぱり常温で長期保存できるという事です。すぐに傷んでしまう生野菜とは違って保存がきくので、保存食としても役立ちそうです。「ちょっと材料が足りない!」という時や非常事に役に立つので、ストックしておくと良い食材と言えると思います。

◆おすすめの乾物は?
 とっても栄養豊富な乾物ですが、中でも特におすすめのもの、常にストックしておきたい乾物をご紹介します。

・高野豆腐

A2高野豆腐の画像.jpg

 高野豆腐は、鎌倉時代に精進料理として食べられていた凍り豆腐が元になったものだと言われています。煮ものにするととっても美味しい高野豆腐には、実はたくさんの栄養が含まれていて、特にアミノ酸が豊富に含まれています。

 アミノ酸は丈夫な筋肉を作ったり、疲労回復や免疫力を高めてくれる働きがあり、さらに、高野豆腐は大豆でできているので、女性にとって必要なエストロゲンと同じような働きをする大豆イソフラボンが含まれています。

・切り干し大根

A3切り干し大根の画像.jpg

 大根を乾燥させて作る切り干し大根には、食物繊維がたくさん含まれているので、便秘を解消したり、動脈硬化の予防にもつながります。他には、カリウム・カルシウム・ミネラル・ビタミンB群もたくさん含まれているなど、美容と健康に欠かせない栄養素が、豊富に含まれている食材です。

・ひじき

A4ひじきの画像.jpg

 ひじきにも、たくさんの栄養が含まれています。特に多いのがカルシウムで、その量は牛乳の12倍と言われています。その他には、鉄分・食物繊維・マグネシウム・ビタミンAも含まれているので、腸内環境を整え、嬉しいダイエット効果も期待できます。美肌効果も高いので、積極的に撮っていきたい食材です。

・干ししいたけ

A5干ししいたけの画像.jpg

 太陽の日差しを浴びることでその栄養価がアップする、干ししいたけですが、干ししいたけには、免疫力アップや生活習慣病を予防する効果があります。また、丈夫な身体を作るために必要な栄養がいっぱい含まれています。他にも動脈硬化や高血圧を予防するといわれており、ビタミンB2も含まれているので美肌にも効果があります。

・ジャコ

A6じゃこの画像.jpg

 小さな魚を丸ごと食べることができるジャコです。大きな魚だと、頭やしっぽを食べるというのは難しいですが、でも、ジャコなら全て食べることができるので、しっかりと栄養を摂取する事ができます。特に豊富に含まれているのがカルシウムで、牛乳のおよそ4倍程度の量だと言われています。

 その他、脳の発達に欠かせないDHAも含まれています。抗うつ作用やストレスを和らげる効果もあるといわれているので、毎日少しずつ摂るのがおススメです。

 いかがですか?

 とても栄養価が高い、日本の伝統食「乾物」についてご紹介しましたが、長期保存ができて身体にも良い乾物をストックしておいて、もっと食べるようにしてみてはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:46| Comment(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする