2020年07月31日

コーヒーの砂糖・ミルク入りとブラックでは、カロリー差はどれくらいあると思いますか?


コーヒーセットとコーヒー豆の画像.jpg

あなたはコーヒーを良く飲む方ですか? そしてコーヒーを飲むとき、ミルクと砂糖を入れる方ですか? それともブラック派ですか?

 実はコーヒーにいれる砂糖とミルク、ごく少量でもカロリーには3〜5倍もの差がつくそうです。

 今日は、体に良いコーヒーの飲み方について、管理栄養士の平井 千里さんのお話をもとに、ご紹介したいと思います。

◆ブラックコーヒーの3〜5倍? ミルク・砂糖入りコーヒーのカロリー
 朝コーヒーを淹れたり、カフェに入ってコーヒーを飲んだりと、コーヒーブレイクは心をゆったりさせてくれる素敵な時間です。そんなコーヒーに入れる砂糖とミルクですが、カロリーはどのくらい違うのか、気になっている方も多いかも知れません。

 まずは、こちらを見てください。

コーヒーのカロリーの画像.jpg

 コーヒーにミルク(ポーションミルク)と砂糖を入れると、カロリーはブラックコーヒーの3〜5倍になります。1日に1杯という人であれば、増えたカロリーの影響はたいしたことはないかも知れませんが、コーヒー好きで1日4〜5杯飲む人も多くいるので、こうした人の場合、ブラックコーヒーであれば5杯で30kcal(6kcal×5)ですが、砂糖とミルクを入れたコーヒーを5杯飲めば約150kcal(約30kcal×5)となり、その差は120kcalになります。

 これは、毎回コーヒーに砂糖とミルクを入れる人が、それをやめるだけでダイエットできる可能性があるくらいの差です。そう考えると、砂糖やミルクは入れるべきではないのでしょうか?

◆疲労解消・集中力UPしたいなら砂糖を入れたコーヒーを
 実は、コーヒーに砂糖を入れた方が良い場合があります。それは「疲れて動くのが辛いが、もうひと仕事しなければならないとき」です。

 例えば、仕事が立て込んで午前中からフルパワーで働いたとき。休憩を挟んでも午後からの仕事の効率はどうしても落ちてしまいます。でも、やらなければいけない業務はたっぷり残っていて、このスピードでは終わりそうにない、そんな時にカンフル剤として砂糖入りコーヒーを1杯飲むと、砂糖はダイレクトに脳のエネルギー源として使える栄養素なので、一気に脳が活性化されます。

 健康のために「朝ごはんを食べましょう」というのも同じ原理です。朝ごはんを食べると午前中の業務の効率が格段に上がるからです。

◆ポーションミルクのトランス脂肪酸は心配無用? 健康リスクは低め
 コーヒーにミルクを入れると「まろやかさ」が出ます。苦味がきついと感じるときにはミルクを入れるとまろやかさと香りが引き立ち、別の味を楽しむことができます。

 ここで1つ注意があります。実は喫茶店とかで出てくる、個包装された「ポーションミルク」は一般にミルクと呼ばれていますが、乳成分は入っていないそうです。

 ポーションミルクは乳製品が高価だった頃、生クリームなどの乳製品の代用品として植物性の油脂を原料として作られたもので、もちろんカルシウムは乳製品ほど多くありません。

 安価で常温保存できる(冷蔵庫に入れると分離してしまいます)ので、喫茶店などでも使われるようになりました。

 ポーションミルクを舐めてみると乳製品と違って決しておいしいとは言えない味ですが、コーヒーの苦味をきっちりと抑えることができるので、この使い方限定で乳製品の代用品として広まったようです。

 ただ、ポーションミルクはトランス脂肪酸を多く含むため、かつては「健康によくない」とされ、大きな問題として取り上げられました。とはいえ、一度に使うポーションミルクはごく少量でしょうし、もともと日本人のトランス脂肪酸の摂取量は少なく、健康に被害を与えるほどにはならないので、そこまでガマンしなくても大丈夫だということです。

◆コーヒーは1日4〜5杯まで! カフェイン・ポリフェノールの健康効果
 少し前は「コーヒーは身体に悪い」と言われていたこともありましたが、現在では「コーヒーは健康に良い」という説も出ているそうです。これは、コーヒーに含まれているカフェインとポリフェノールのダブル効果が、健康に良い影響を与えるというものです。

 ただ、カフェインの健康効果には賛否両論あるのは事実です。覚醒作用があるので仕事中の眠気を打破するのによいとされる一方で、眠りを浅くすることから健康に悪いという説、胃酸分泌を促進して食欲増進になるため食の細い高齢者にはよい影響を与えるものの、ダイエット中はNGといった説もあります。

 一方、ポリフェノールにはコーヒー酸やクロロゲン酸などが含まれており、身体のサビ予防ともいえる抗酸化作用があります。ポリフェノールが健康に悪いという情報はほとんど見受けられません。

 ただし、「過ぎたるは及ばざるがごとし」で「コーヒーは多くても1日4〜5杯までが健康に対する効果が高い」とする研究発表が多いようです。さらに、これらの研究の条件は「コーヒーを飲む」とされているだけで、ブラックコーヒーか砂糖やミルクを入れたコーヒーかについては記載のないものがほとんどだそうです。

 いかがですか?

 結局、コーヒーに砂糖とミルクを入れるかどうかは、飲むときの状況によって判断すれば良いということのようです。嗜好とTPOにあわせてコーヒーを楽しめば良いのではないでしょうか。

 私も最近、ダイエットも兼ねてミルク・砂糖入りから、ブラックに変更したところです。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:53| Comment(0) | 飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

「朝のコーヒー、夜のビール」には、パフォーマンスを上げる飲み方があるそうです


コーヒーと手帳の画像.jpg

 多くのビジネスパーソンの方が、ふだんから習慣的に飲んでいるのがコーヒーとビールではないでしょうか。そのコーヒーとビール、実は嗜好品程度の飲み物と軽く考えていたら大間違いだすで、「仕事のパフォーマンスを上げる」効果を秘めた「最強のパフォーマンス飲料」なんだそうです。ただし、その効果を最大限に発揮するためには、正しい飲み方があるようです。

 今日は、マブチメディカルクリニックの馬渕知子院長の著書『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』(クロスメディア・パブリッシング)の中から、何に気をつければコーヒーとビールでパフォーマンスを上げることができるのかについて、ご紹介したいと思います。

朝のコーヒー、夜のビールの本の画像.jpg

◆パフォーマンスを上げるコーヒーの飲み方
 まずは、パフォーマンスを上げるコーヒーの飲み方についてです。

●「目覚めの一杯」は実はNG!
 朝起きたら一杯のコーヒーを飲むという人も、多いのではないでしょうか。眠気をさまして、スタートダッシュするために飲むこの習慣、実は逆効果になるだけだということです。

 もともと人には、身体をしゃきっと覚醒させるために、コルチゾールというホルモンを分泌するメカニズムが備わっているそうで、このコルチゾールの分泌量が増えてくるのは朝6時頃で、8〜9時にピークを迎えるそうです。

 ところが馬渕院長によると、この時間帯にコーヒーを飲むと、コルチゾールの分泌が抑制され、覚醒効果が妨げられるということです。

 さらに、コーヒーに含まれるカフェインへの耐性がついてしまって、カフェイン効果の恩恵も受けられなくなってしまうということです。

 では、コーヒーを飲むベストの時間はいつかと言うと、コルチゾールの分泌が減ってゆく9時半あたりだそうで、このタイミングで飲むことで、カフェインの効果(頭の回転や集中力のアップ)が最大限に発揮されるということです。

●1日のコーヒー摂取量は3杯
 コーヒーの1日の適正摂取量は、マグカップなら3杯、コーヒーカップなら4杯までだそうで、これで、カフェイン摂取の適正分量(400mg)の上限近くを摂る計算になるということです。

 このカフェイン摂取の上限を超えると、身体はこれをストレスとみなし、通称「ストレスホルモン」と呼ばれるコルチゾールが余計に分泌されてしまうそうで、また、血糖値を下げる働きをもつ、インスリンの働きを悪くする影響もあるということです。

 おまけに、過剰摂取を続けると、脳内セロトニンが減少し、逆に疲労感の素因になるそうです。

 カフェインは摂り過ぎはNGで、1日3〜4杯を守った方が良さそうですね。

●仕事中の甘い缶コーヒーはダメ
 仕事で疲れてくるとなぜか飲みたくなってくる、甘めの缶コーヒーですが、馬渕院長によれば、これは避けるべきだということです。

 というのは、缶コーヒーの多くには多量の砂糖が含まれ、1本飲んだだけで、WHOの定めた摂取目安量の半分を摂取してしまいます。特に空腹時に飲むと、急激に血糖値を上げて、その後急に下がるのですが、この影響で自律神経の乱れが生じて、かえって疲れやすくなってしまうそうです。

 コーヒーは基本ブラックとし、甘味がほしいときは砂糖以外の甘味料を使うようにすべきということですよ。

◆パフォーマンスを上げるビールの飲み方

ビールジョッキの画像.jpg

●ビールは悪者ではない
 何かと悪者扱いされがちなビールですが、ビジネスパーソンにはメリットが大きいそうです。

 まず、ビールには、副交感神経を優位にし、「1日の疲れを癒してくれる働き」があり、
また、ビタミンB群を含む様々な栄養素を含むビール酵母には、代謝をアップさせる効果があるということです。

 さらに、最近の医学研究では、心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化のリスクを下げる可能性が示唆されているそうですよ。

●酔わない飲み方
 いくら健康効果はあるといっても、一気飲みはNGで、処理しきれないほど大量のアルコールが肝臓に入り込むと、過負荷状態となってしまいます。

 これを避けるには、まず一口飲んで3分待つのがポイントだそうです(喉が渇いている時に3分待つのは少し辛いかも知れませんが)。 これで肝臓は「慣らし」運動ができ、スムーズに効率的なアルコール代謝を行ってくれるということです。

 また二日酔いを避けるには、ビールを1杯飲んだら水を1杯飲むことを徹底することだそうです。

 また、飲み会のない日に、良質な睡眠をとる目的でビールを飲むなら、眠る3〜4時間前に少量を飲むのが良いそうで、これによって、脳内にGABAという神経伝達物質が増え、興奮を鎮め、血圧を安定させることが期待できるということです。

●ビールは飲んでも太らない
 良く「ビールは太る」と言われますが、これは、ビールは高カロリーなつまみと相性がよくて、ついつい食べ過ぎてしまうからだそうで、ビールだけでは、太ることはないということです。

 というのは、ビールそのものは、低GI値(35前後)のドリンクで、炭水化物の多い食品よりずっと低いので、馬渕院長も「ビールはダイエットドリンクと言っても過言ではない」と太鼓判を押しておられます。つまみには気をつけて、楽しく飲むのがおススメです。

 いかがですか?

 パフォーマンスを上げる「朝のコーヒー、夜のビール」でバンバン仕事、頑張って下さいね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:46| Comment(0) | 飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

「アーモンドミルク」を使った「濃厚エスニックラーメン」を試してみませんか?

 最近、「アーモンドミルク」を使った料理が話題になっているそうですが、あなたは、「アーモンドミルク」を飲んだり使ったりしたことがありますか?

 アーモンドミルクは、“第三のミルク”と呼ばれ、キレイを目指す女性には積極的に飲んでいただきたいヘルシー飲料なんだそうです。でも、「牛乳や豆乳とどう違うのか?」 など、その魅力が良くわかっていない人も多いのではないかと思います。

 そこで今日は、今話題のアーモンドミルクについて、その特徴と自宅で簡単に作れる「濃厚エスニックラーメン」のレシピをご紹介したいと思います。

◆アーモンドミルクとは?

 「アーモンドミルク」とは、水に浸したアーモンドをミキサーなどで細かく砕いて濾過した飲料のことです。見た目は牛乳のような白色をしているため、「アーモンドの入った牛乳?」と思う人もいるかも知れませんが、原料はアーモンドと水だけで作られる植物性飲料です。

 商品としては、甘味料を加えたものがスタンダードで、そのまま飲んだり、コーヒーと割って飲んだりするのが一般的です。しかし最近では、「砂糖不使用」のタイプも多く登場していて、ダイエット中にも安心して取り入れられるようになっています。砂糖不使用タイプは、アーモンドが持つ異国感ともなう甘味の中に、ナッツの香ばしさが特徴で、ココナッツミルクほど甘くなく、調整豆乳のような飲みやすさがあります。

 そして、栄養・成分面でのメリットは、次の3点です。

(1)「ビタミンE」が豊富で、しかも液体のためそれを効率よく吸収できる

 ⇒ アンチエイジング、女性ホルモンの調整、冷え性改善に有効

(2)「食物繊維」や「カルシウム」を強化したタイプが主流

 ⇒ 便秘対策やイライラ対策に有効


(3)乳製品・豆製品は一切不使用

 ⇒ 乳製品アレルギーや大豆アレルギーの人も飲める。ただし、アーモンドアレルギーの人はNG

◆ 「牛乳」や「豆乳」と比較した場合の、カロリー・糖質は?

 まずは牛乳、豆乳、アーモンドミルクの3者で、カロリーと糖質量を比較してみます。

・ 牛乳(無調整)134kcal/糖質9.6g

・ 豆乳(無調整)95kcal/糖質6.1g

・ アーモンドミルク(砂糖不使用)28kcal/糖質1.0g

 このように、アーモンドミルクは、低カロリー&低糖質であり、砂糖不使用タイプでカルシウムや食物繊維強化タイプを選べば、ダイエットに好都合であるということが言えそうです。さらに、豆乳と同様、コレステロールがゼロであることも、一部の人にとっては強みとなるかも知れません。

 ちなみに、牛乳と豆乳の主な特徴は以下の通りです。

 ・牛乳 ⇒ 動物性、カルシウムを筆頭に栄養密度が高い。

 ・豆乳 ⇒ 植物性、タンパク質・イソフラボンが豊富、成人病・がん予防などに期待されている。

◆砂糖不使用タイプを“料理用”として活用するエスニックレシピ

 自宅でエスニック料理を作る場合、調味料や材料の調達がとても面倒ですが、実はこのアーモンドミルクを上手に使えば、いつもの料理が一気にエスニック風に変身します。 そして今回特にオススメなのが、「味噌味のインスタントラーメンを、アーモンドミルクで作る」というアイディアです。

 作り方はカンタンで、乾麺をゆでる際に、お湯ではなく、アーモンドミルク小パック(200ml)+お湯(規定量-200ml)で代用すればOKという方法です。

 加熱調理をしても豆乳ほど分離しないので、ふきこぼれさえ注意すれば、特別なテクニックは不要です。麺が柔らかくなったら、いつものように盛りつければ完成です。定番の煮玉子やチャーシューでも良いですが、よりエスニック風の雰囲気を出すためには、パクチー、エビ、ラー油などがおすすめです。

 アーモンドミルクが持つ上品な南国感が、味噌味にベストマッチし、ラー油とセットにすれば、ラクサ(シンガポールなどで有名なココナッツミルクを使った麺料理)にも近い味わいを楽しめます。

 いかがですか?

 身近な料理にアーモンドミルクを取り入れれば、楽しさも美味しさも倍増すること間違いなしです。是非一度お試し下さい。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:06| Comment(0) | 飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする