2021年01月19日

「脊柱管狭窄症」を防ぐためには、腹ばいや横向き寝はNGだそうです

ソファーに腹ばいで寝ている女性の画像.jpg

 あなたは、「脊柱管狭窄症」という病気聞いたことがあるでしょうか。脊柱管狭窄症は、50代以降から悩まされる人が急増している病気だそうです。

 今日は、「脊柱管狭窄症」を防ぐ日常生活法について、参宮橋脊椎外科病院の大堀靖夫先生のお話をもとに、ご紹介したいと思います。現在体の異変を感じている人もそうでない人も、予防のための心がけを押さえておいて下さい。

◆脊柱管狭窄症とは?
 大堀先生によると、

「脊柱管狭窄症は、活動的なシニアが増えたことから、注目されている病気です。脊柱管とは背骨に沿ってのびるトンネルのようなもので、中には神経が通っています。加齢とともに脊柱管が狭くなり、神経が圧迫され、痛みやしびれが出るのです」

ということです。

 確かに、脊柱管狭窄症ということばは良く耳にするようになったような気がします。平均寿命が延び、超高齢社会を迎えた現代では、この症状に悩む人が急増しているそうで、脊柱管狭窄症は、腰痛はひどくなく、背筋を伸ばして立ったり、歩いたりすると、脚にしびれや痛みを感じるのが特徴だそうです。

「脊柱管狭窄症は加齢にともなって増加しますが、誰でも発症するわけではありません。予防には、40〜50代からの生活習慣や運動習慣、正しい姿勢などが重要だと考えられています」(大堀先生)

◆姿勢や日ごろの生活習慣での脊柱管狭窄症の予防ポイント
 大堀先生によると、脊柱管は急に狭くなるわけではないそうで、多くは長年の姿勢のクセや日ごろの腰への負担などからジワジワと狭くなっていくものだそうです。そして、日常生活の心がけで、脊柱管狭窄症の発症や悪化を防ぐことが可能だということです。

 姿勢や日ごろの生活習慣での予防ポイントは、以下のとおりです。

1.前かがみにならない
 前傾姿勢は悪循環のもとだそうで、脊椎全体のバランスを悪化させ、腰にさらなる負担をかけるということです。ですから、座るときはあごを引いて、背筋をまっすぐにします。

「前かがみになると、背骨全体のバランスが悪化します。前に傾いた上半身を支えるために、腰惟に負担がかかり、バランスをとるために、腰がこわばった状態になります。ふだんからあごを引いて、背筋を伸ばし、体をまっすぐに保つことが大切です」(大堀先生)

2.腰をひねらない!
 何かを取ったり振り向いたりするときに、上体だけでひねると脊柱管にダメージを与えるそうなので、体ごと向きを変えるようにします。

3.こまめに座る
 立ち姿勢は脊柱管が狭くなりがちになるので、家事や仕事では、こまめに座って、立ちっぱなしを少なくする工夫をして下さい。毎日の家事でも、ちょっとした工夫で脊柱管狭窄症の発症リスクを下げることにつながるということです。

「洗濯物を干すときは、猫背や前かがみにならないように気をつけること。衣類を伸ばしたり、ハンガーにかけたりする作業はイスに座ってやるのがオススメです。掃除機をかけるときも、ホースの柄を長く持ち、腰をかがめないようにしましょう。台所に立つときは、高さ10センチほどの台を立ち位置の半歩前に置き、交互に片脚をのせながら作業をすると腰への負担を減らすことができます」(大堀先生)

4.あぐらをかかない、横座りをしない
 あぐらをかくと、 お尻が沈み、脊椎の自然な湾曲が保てず腰に負担がかかるそうです。また、女性に多い、ひざ下を横に折りまげる横座りも同様に負荷がかかるということです。

5.腹ばいにならない
 腹ばいになると、S字カーブを描く背骨にストレスがかかる「反り腰」になり、腰椎の変形を招くそうなので、つぶせの姿勢はなるべく避けることが大切だそうです。

6.横向き寝をしない
 片肘をついて横になると左右のゆがみが生じ、腰を痛めることにつながるそうです。横向きで寝たい時は、背骨がストレートになるよう、ウエスト部分に枕やクッションを入れて下さい。

7.喫煙もNG
 「ニコチン」は椎間板の変性を促し脊柱管を狭くするそうです。また喫煙で血流が悪化し腰痛リスクを引き上げることにつながるので、禁煙を心がけて下さい。

「たばこのニコチンは、脊柱管の狭窄に影響する椎間板を弱くするという研究報告もあります。また睡眠不足やストレスは血流を悪化させて疲労の原因になります。これらのような、腰に負担がかかる活動や生活習慣を見直し、改善することが大切です」(大堀先生)

 いかがですか?

 脊柱管狭窄症を予防する生活習慣は、“健康寿命”を延ばすことにもつながるように思います。いつまでも自分の脚で歩くためにも、今日からあなたも始めてみませんか?

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:06| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。