2021年01月14日

パートナーが貯められない体質だった時はどうしたら良いと思いますか?

パートナーとベッドで横になっている画像.jpg
 「将来のために、お金を貯めたいけど、なぜか貯金 ができない」と悩んでいる人はいませんか? 貯金はただ何となくするのではなく、きちんとした意志がなければ案外難しいものです。

 そこで、ファイナンシャルプランナーの根本寛朗さんのお話をもとに、貯金できない人でも簡単に貯められるコツについて、2回に分けてご紹介しています。1回目は、お金が貯められない理由と貯められない人のチェックリスト、貯金ができる方法についてご紹介しましたので、2回目今日は、パートナーが貯められない体質だった時の対処法についてご紹介します。

◆パートナーが貯められない体質だった時の対処法
 自分が貯金体質だったとしても、付き合っている彼氏が貯められない体質の可能性もあります。そんな人と将来を共にするとなったら、結局困るのは自分です。どうすれば貯められない男性を見抜けるのでしょうか。また、現状貯められないパートナーがいる場合はどうしたらいいのでしょうか。

 根本さんによると、交際中貯められない人を見抜くには、以下のような傾向がないかチェックしてみて下さいということです。

☆時間にルーズ、部屋が汚い
 待ち合わせの時間によく遅刻をしてきたり、恋人の部屋が汚かったりといった場合は生活行動がルーズな可能性が高く、財布のひももルーズになりがちです。ちょっとの時間の遅れや、部屋の中が散らかっていても、「まぁいいか」と繰り返してしまう人は、毎日の支出も「まぁいいか」で済ませて、浪費してしまう傾向があるそうです。

☆衝動買いが多い・ブランド志向が強い
 一緒に買い物に行った際、買いたいもの以外の余計なものを購入する人や、ブランドものにこだわる人は、自分の身の丈に合わない金額の買い物で無意識のうちに浪費しているそうです。

☆やたら飲み会が多い
 一回の支出が数千円でも、週に何度も飲み会に行けば大きな金額になります。お酒が好きで飲み会によく行く人はもちろんですが、誘われたら断れず参加してしまう人も回数は多くなると思います。

 また、結婚後、夫or妻が貯金できない人だった場合の対処法は以下のとおりです。

☆お金の管理を一元化する
 配偶者が貯蓄できない場合、共働きでお互いに収入があったとしても、お金をしっかり管理できる人に管理を一元化することが大事です。

☆お金の流れを把握する
 お金がどのように使われているかしっかり把握することも大切です。一カ月に必要な金額を決めてその中で生活するように心がけます。前述したように、「生活口座」と「貯蓄口座」に分けて管理するのがおススメです。

 たとえば、ひと月の収入が夫婦合わせて45万円で、そのうち30万円で生活できるのであれば、10万円を貯蓄口座へ、残りの30万円を生活口座に移し、5万円を手元に残します。手元に残したお金をよく月まで使わなければ貯蓄口座へといったように口座を分けて管理します。

 いかがですか?

 パートナーが貯金体質でないと、家計のやりくりが大変になるのは当たり前のことです。ですから、今からでも遅くはないので、ご紹介した方法を参考にしてお金を管理する仕組みを変え、あなたの家計を貯金体質に変えていきませんか?

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。


posted by ケイちゃん at 05:50| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。