2020年12月08日

つい言いがちな口グセを変えることで、みるみるポジティブになれるそうです


OKのポーズをしている女性のイラスト画像.jpg

 あなたは、小さな失敗をしては「いつもこうなる」、気のりしない頼まれごとに「面倒くさい!」などと、日常でつい出てしまうネガティブな口グセはないでしょうか。

 『いちいち悩まなくなる 口ぐせリセット』の著者である心理カウンセラーの大嶋信頼さんによると、ついダメな自分にばかり目を向けてしまうのはネガティブ口グセの暗示にかかっているからかも知れないそうです。

 今日はそんなネガティブな口グセをリセットし、前向きな言葉に変えて自信と行動力を取り戻す方法について、大嶋さんのお話をもとにご紹介したいと思います。

◆煩雑に感じる作業も「大したことない」のひと言でやる気がアップ!

「面倒くさい」

「大したことない」

 家事でも仕事でも、なにかひとつやるときに「面倒くさい」と思ってしまうと、体は一気に重くなりませんか。そしてそれを毎度我慢してやると、ストレスはたまる一方です。

 そこで、「大したことない」と口グセを変えることで気持ちが軽くなり、やる気や集中力がグンと上がるそうです。

◆自己肯定感を高めて自分を弱者にする思い込みをなくす

「どうせ私は〜」 

「意外と私は〜」

 自分は人よりも劣っているという感覚があると、「どうせ私は〜」と自己否定に傾き、“弱者”を演じてしまいがちになります。

 そこで、「意外と私は〜」に変えると、脳内に「そもそもできている自分」というイメージが湧き、自己肯定につながって、みじめな自分から脱却できるそうです。

◆失敗した自分を責めるのでなくその原因を擬人化してほめてみる

「また失敗した」

「なかなかやるな」

 「また失敗した」と言いがちな人は、原因は自分にあると認めることで自分を責めてしまいがちです。

 たとえば料理がうまくいかなかったのなら、「この料理…なかなかやるな」と、一歩引いて、失敗した料理を手強いライバルのように擬人化してみることで、自分を責めない感覚が養われ「次はこうしよう!」と、うまくやるために思考を働かせるようになるそうです。

◆やることが多くてうんざりしたら、広がりすぎた視野をいったん狭くする

「あー、忙しい」

「目の前のことだけでいいや」

 まじめで完璧主義な人ほど、自分の能力以上の仕事や作業を抱えて「あー、忙しい」と、ネガティブ口グセが出てしまいます。

 そこで、「目の前のことだけでいいや」とつぶやいて、広がりすぎた視野をいったん狭くします。多すぎる義務感を手放すと、ラクになれるそうです。

◆焦るときほど落ち着いたつぶやきで心に余裕が生まれる

「どうしよう!」

「なるほど!」

 早く寝たいのに家事が残っていたり、外出時間に支度が間に合わないときなど、「どうしよう!」と言ってしまうと、かえって自分を追いつめることになってしまいます。

 こんな時は、「なるほど!」というポジティブワードに変えるだけで、焦りを消して、心に余裕が生まれるそうです。

◆物事を投げ出すクセが取り組む姿勢に変化

「もう無理!」 

「余裕かも!」

 「もう無理!」という口グセは、問題から目をそらし、心が責任や義務から解放される錯覚を起こすそうです。その結果、物事に向き合う姿勢を閉ざし、思考は停止状態になってしまいます。

 そこで、「余裕かも!」と言い換えることでゆったりと構え、どうしたらよいか考えられるそうです。

◆イマイチなところを確認しそうなときは自分を好きになる口グセに変えていく

「イマイチだなぁ…」

「イケてるかも!」

 鏡をのぞくたび、「イマイチだなぁ…」とため息をついていると、自分をどんどん嫌いになってしまうそうです。

 そこで、欠点があるにせよ「イケてるかも!」と言い聞かせてみて下さい。「イマイチ」という言葉に縛られていたことに気づき、自分のことを好きになってくるはずです。

◆自分らしさを意識して不幸な状況から抜け出す

「いつもこうなる」 

「私らしくいよう」

 いやなことがあるたび、「いつもこうなる」と口にしていると、“がんばって耐える自分”という暗示にかかり、自ら過酷な道を選んでしまうそうです。

 この場合、「私らしくいよう」に変換することで不快なことから意識が離れ、不幸から抜け出せるそうです。

◆「とりあえず」と言い換えることで頭が真っ白になった状態をリセット

「わからない!」 

「とりあえず」

 たとえば、電化製品の説明書を見て「わからない!」と頭が真っ白になり、投げ出したくなったら、「とりあえず」と言ってみると良いそうで、そうすると、ネットで調べたり人に聞いたりと、できることから始める気になってくるそうです。

 いかがですか?

 ネガティブな言葉をポジティブな言葉に言い換えることで、頭の中を切り替えることができるんですね。私も試してみようと思います。

 こうした言い換えのことばは他にもたくさんあるそうなので、気になった方は大嶋さんの著書『いちいち悩まなくなる 口ぐせリセット』(大和書房刊)を覗いてみてはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:51| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。