2020年11月24日

「1年で100万円貯める」4ステップのポイントは、何だと思いますか?


電卓を使って家計簿をつけている女性の画像.jpg

 「1年で100万円を貯めて下さい」と言われて、すんなりと「はい、分かりました」と言える人は少ないかも知れません。100万円を貯めることは、結構ハードルが高いと感じる人も多いかも知れませんが、しかし、方法や考え方さえ間違わなければ、それは誰もが達成できる目標だそうです。

 今日は、資産運用・トレーディングのプロである山田良政さんのお話をもとに、“1年で100万円貯めるために必要なこと”をご紹介したいと思います。

◆まずは自分の収入と支出の額を把握する
 基本的には、1年で100万円を貯めようと思うなら、まずは自分の収入と支出を把握しておく必要があります。

 収入と支出を把握したら、次は今までの自分に別れを告げる覚悟を決めます。余計な出費をおさえ、支出を減らす生活が1年間続くからで、ひょっとしたら副業などで収入を増やす必要さえあるかも知れません。

◆1ケ月に8万3千円を貯蓄できるか逆算する
 100万円を1年で貯めようと思ったら、毎月8万3千円を貯蓄することが必要になります。
月によって、収入に多少の波はあるかもしれませんが、必ず8万3千円を貯蓄すると決めて積み立てていきます。途中、苦しい時期もあるかもしれませんが、続けていくうちにそれが習慣化されてくるはずだそうです。

 貯蓄が長続きするコツは、貯蓄専用の口座を作ることで、口座の数字がどんどん増えていくことに喜びを感じるようになってくるはずです。

◆不要なものを切り捨てる決断と実行
 100万円を貯める場合、稼ぐことではなく、支出を減らすことにフォーカスした方が良いそうです。

 特に、スマホのプランや、コンビニでの買い物、交通費などを見直すと、ムダな出費に気づくはずだそうなので、そこをバッサリ削っていきます。

 もちろん、食費まで無理に切り詰める必要はなくて、無理のない範囲で見直していきます。

◆大切なのは管理能力
 仕事でもそうですが、人生を大きく左右するのは“管理能力”だと、山田さんは話しておられますし、私もそう思います。「スケジュール、人間関係、お金」の3つをしっかり管理できるかどうかで、未来は大きく変わってくると思います。

 お金に関して言えば、今どのくらいお金があって、次の収入はいつで、支出はいくらで……と言ったことを簡単にまとめるだけで、次のアクションがはっきりと見えてくるはずです。

 つまり、1年で100万円貯めるためには、自分の生活の収支とお金の流れを把握することが大切だということです。

 とは言いながら、テレビなどでよく取り上げられる節約主婦のやり方をまねる必要はないそうです。安いからといって、遠くのスーパーに行くのは果てしなく時間の無駄だからで、
そんなことをしなくても、しっかりと自分の生活を管理すれば、お金が貯まるのはあっという間だそうです。

 頑張って100万円貯めて下さいね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:25| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。