2020年09月13日

お金持ちになれる顔には、3つのパターンがあるそうです


お金が貯まる人の画像.jpg

 誰しもお金持ちになりたいと願っていると思いますが、顔相の専門家によるとお金持ちになれる顔にはあるパターンがあるそうです。

 今日は、顔相研究家の池袋絵意知(いけぶくろ えいち)さんのお話をもとに、“お金持ちになれる顔を作る方法”について、ご紹介したいと思います。池袋さんは、「“顔”を見ればその人のことは、大抵わかります」と話しておられます。

◆“お金を稼げる顔”の特徴
 池袋絵意知さんによると、自ら稼ぐ運は、“鼻”を中心に表れるそうです。大きくて肉付きがよく、小鼻の張っている鼻を持つ人は、バイタリティがあって仕事欲に満ちた人で、自分をしっかり持っているのでブレにくいのだそうです。眉と目が上がっているのは、上昇志向の表れで、野心家で貪欲です。ですから、若いうちは、眉と目が上がり気味のほうが、金運がいいそうです。

 また口の大きさもポイントで、口が大きいのは積極性の表れだそうです。口が横に大きく、口角が上がっている人ならベストです。欲望に忠実な上、ポジティブなので、お金を稼ぐための努力をいとわない人だそうです。額も広いほうが良く、好奇心旺盛で活動的、精力的な人だそうです。

 これを一言で言うと、いわゆる活力に満ちた“押しの強い顔”です。アクの強い顔ともいえます。

◆“投資で成功できる顔”の特徴
 池袋さんによると、投資に大切なのは、物事をロジカルに考えることができる力だそうです。そういう人の顔の特徴は、面長だそうで、額が縦に長い、鼻が長い、鼻と口の間が長い、アゴが長いといった特徴があります。こういう人は、長期的に物事をとらえることができるということです。

 また、目と目の間が狭くて目が細い人は、データの分析力をもつ傾向があります。輪郭は痩せているのではなく、シャープで引き締まっているのがいいそうで、お金を稼げる人同様、鼻の肉付きがしっかりしているのは、強い信念の持ち主なので、周りに振り回されず、投資をすることができるということです。

◆仕事で伸びる人、出世できる人の顔の特徴
 池袋さんによると、仕事を楽しみながら挑める人というのは、目はしっかり前を見据え、口が締まりながらも、常に半笑いのように口角が上がっているそうです。人生の目的や仕事の楽しみ方が確立されているので、全ての出来事を前向きにとらえることができる人です。有名人では、フィギュアスケートの羽生結弦選手がこの顔にあたるそうです。

 また、眉間が広くて艶がある人は、人の考えを素直に受け入れることができるので、成長しやすいそうですし、さらに耳たぶが前を向いているのは、何事もポジティブに考え、行動することができる人だそうです。

 いかがですか?

 あなたやあなたの周りの人の顔を眺めてみて、今日ご紹介したような顔の特徴を持った人はいるでしょうか。私はもう年金世代なのであまり関係ないですが、人生これからという方、ビジネスや人生のパートナー選びに役立てて下さいね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:30| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。