2020年09月05日

ゴキブリは「1匹見つけたら100匹いる」は本当だと思いますか?


ゴキブリに殺虫剤を噴霧している画像.jpg

 暑い時期になると出てくる、黒いテカテカした虫、そうゴキブリが活発に動き出します。私の大嫌いな虫です。そんなゴキブリが、床下や家具の隙間に数百匹もうじゃうじゃいると思うと、ゾッとします。

 ところで、一説によると、「ゴキブリは、1匹見つけたら100匹いる」とも言われていますが、これは本当なのでしょうか?

 今日は、ゴキブリの生態に詳しいアース製薬・マーケティング総合企画本部 ブランドマーケティング部で虫ケア用品のシニアブランドマネージャーを担当されている渡辺優一さんのお話をもとに、その真偽についてご紹介したいと思います。渡辺さんは、以前アース製薬の研究部で虫の生態を学びながら商品開発を担当された経験があるそうです。

◆数十匹〜数百匹いると思って間違いない
 渡辺さんによると、「1匹見つけたら100匹いる」というのは、あくまでも通説であって、科学的に検証したことはなく、誰が言い出したのかも不明だそうです。

 とはいえ渡辺さんの経験上、「家の中で1匹見かけたら、少なくとも数十匹〜数百匹潜んでいると思って間違いない」ということで、これにはゴキブリの生態が関係しているそうです。

◆コロニーを作って生活している
 まず、ゴキブリは基本的に夜行性で、暗くて狭いところを好みます。警戒心が強く、人の気配がすると物陰に潜んで出てこないので、「見かけること自体がレア」ということです。

 特に卵を抱えたメスはより警戒心が強く、めったに暗がりから出てこようとしないので、実際に見るのはほとんどがオスなんだそうです。オスがいればメスもいるわけで、この時点で見かけた数の2倍はいるということがわかります。

 加えて、単独で生息することはなく、コロニーを作って集団生活しているため、1匹でも見つけたということは、家のどこかに隠れて潜んでいる仲間がたくさんいると思っていいということです。

◆繁殖する前の駆除が大事
 そして繁殖力も旺盛で、1匹のメスは1年半ほどの寿命の中で、1回につき22〜28個の卵を15〜20回産卵します。平均するとメス1匹が400匹以上に増えることになります。

 つまり、最初に侵入したのは雌雄一対ずつだったとしても、あっという間に数百匹になってしまうということです。

 特に、暑くなる時期はゴキブリの活動がもっとも活発になる最盛期だそうで、繁殖する前に駆除などの手を打つことができれば、ある程度、発生を抑えられるということです。

 いかがですか?

 1匹のゴキブリを見つけたら、ゴキブリホイホイなどを使って、根気よく退治するしかなさそうですね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 16:30| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。