2020年07月13日

熟睡できるシーツの色は何色だと思いますか?


レタスの画像.jpg

 暑くなると寝苦しくてなかなか熟睡できなくなりますが、少しでも熟睡できるように睡眠環境は整えたいものです。エアコンを使ったり、肌触りの良いシーツやタオルケット、夏布団を使うなどです。

 実は、そんな熟睡できるアイテム、環境として、シーツの色も関係しているそうです。そして、レタスが不眠症に効く食材なんだそうです。

 今日は、テレビでももおなじみの森田豊(もりた・ゆたか)先生のお話をもとに、そんな睡眠にまつわるお話をご紹介したいと思います。

◆熟睡できるシーツの色は?
 その答えですが、「青」なんだそうです。

 シーツの色による睡眠時間を計った結果、睡眠時間が一番長かったのは青色だったそうで、青色は、心を落ち着かせる色だということです。次に黄色、緑色という結果が出ています。逆に一番寝にくいのは紫という結果だったそうです。そして意外ですが、白も緊張する色なのでおススメできないそうです。

 なお、病院の白いシーツが白いのは、血液等の汚れをわかりやすいようにするためだそうです。

◆不眠症に効く食材は?
 不眠症に効く食材は「レタス」だそうです。レタスの芯には、眠りを誘うラクチュコピクリンという成分が多く含まれているのだそうで、芯から出てくる白い汁が、ラクチュコピクリンです。

 眠気を誘うためには、メラトニンやセロトニンという睡眠誘導ホルモンが必要なのですが、ラクチュコピクリンは、それと同じ働きを持っているのだそうです。

 日本でも有名なイギリスの絵本「ピーターラビット」に、「レタスを食べ過ぎると催眠薬のように効く……」(「フロプシーのこどもたち」より)とあり、絵本の中のウサギたちは、そのせいで眠り込んでしまったとか。

 また、レタスには、沈痛・沈静作用もあるので、ヨーロッパでは昔から薬として用いられてきたそうです。

 日本では、このレタスの効果はあまり知られていないそうですが、ヨーロッパでは、極度の不眠症で悩んでいた女性に、昼と夜、レタスの葉を3枚食べることをすすめた結果、改善されたという報告もあるということです。

 ただ、一般的な丸いレタスは、残念ながらラクチュコピクリンの量が少ないようで、最も多く含まれているのは、ヨーロッパ種のラクツーカ、ビローサと呼ばれるものだそうですが、日本ではなかなか手に入らないかも知れません。次に多く含まれているのが、サニーレタスやサンチュだそうです。

 いかがですか?

 熟睡するためには青いシーツが良いとか、レタスが不眠症に効くとか初めて知りました。こうした雑学も、頭の隅においておくと何かの時の話のネタになるかも知れませんね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:03| Comment(0) | 睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。