2020年06月29日

すぐに溜まるホコリを魔法の雑巾で対策しませんか?

 あなたのおうちでは、掃除してもすぐに床にほこりが溜まることはありませんか? 実はその犯人は静電気なのだそうです。

 今日は、以前放送された「ガッテン!」(NHK)の、“なぜか出る! ホコリ対策SP”の情報をもとに、ホコリの発生原因やすぐにできるホコリ対策について、ご紹介したいと思います。

◆ホコリが発生する原因
 まず紹介されていたのは、ホコリが発生する原因です。どこからともなくやってくるイメージのあるホコリですが、その正体は布団や衣服などから出る「繊維のクズ」が主成分だそうで、その繊維クズに土やティッシュ、細かな皮膚やフケ、アカ、花粉などが絡み、ダニやカビなどが引っ付いてしまうのだそうです。

 そして、ホコリを繰り返し掃除しても、すぐに溜まってしまうのは“静電気”が原因だそうで、床や机などを掃除しても、壁やドアにはホコリが静電気でくっついたままとなり、そのホコリが“成長”して壁から床に落ちる… というサイクルを繰り返しているのだそうです。

 そこで「ガッテン!」に登場したのは、拭くだけで静電気を防いでホコリをつきにくくする柔軟剤を入れた“魔法の雑巾”です。実は柔軟剤には、静電気を軽減する効果やホコリ・花粉の吸着を抑制する効果があるのだそうです。

 魔法の雑巾の作り方は簡単で、まず指定の濃度で水に柔軟剤を入れて洗った雑巾を浸します。その後、しっかりと乾かしたら完成です。なお、濡れた状態で使ってしまうと、水分がホコリを引き寄せる可能性があるのでよく乾かす必要があるそうです。月に1回ほど床や壁、棚などをさっとなでるように拭くだけで、静電気の発生を防いでホコリが吸着しにくくなるということです。

 なお、柔軟剤の香りが苦手な人は、無香料の柔軟剤や市販されている“静電気防止剤(界面活性剤)”で代用してもOKだそうですが、化学物質に過敏な人や、心配な人は使用を控えてということです。

◆国会図書館が伝授する本の清掃方法!

本を手に持っている画像.jpg

 床や壁だけでなく、ホコリが溜まりやすいのが本です。ホコリをそのままにしてしまうと、汚れや劣化の原因になるだけでなくカビや虫の発生を招く恐れもあります。そこで大切な本を守るために、国立国会図書館の公式サイトに載っている本の清掃方法“ドライクリーニング”をご紹介します。

 用意するものは刷毛、乾いた布、掃除機の3つです。マスクをつけたら、まず大きなホコリやチリを掃除機で吸います。吸引力は“弱”を選択し、ホコリが中に入らないように小口を閉じます。なお、本の傷みがひどい場合はさらに傷めてしまう恐れがあるので、掃除機は使用しないほうがベターだそうです。

 そのあとは刷毛を使って本の上部、背の反対部分、下部のホコリを払い、前後の見返しから2〜3ページまでのホコリを払って、表紙を乾いた布で拭けば完了です。ドライクリーニングを行う際は、汚れが広がらないようにキレイな方から汚い方へ掃除していくのがポイントだそうです。この乾いた布として、先に紹介した魔法の雑巾を使っても良さそうですね。

 いかがですか?

 私の家も、毎日掃除機をかけているのですが、すぐにホコリが溜まってまうので、今度この魔法の雑巾を使ってみようかなと思っています。そしてその際、本も一緒にお掃除してみようと思います。あなたも、魔法の雑巾を試してみませんか?

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

ラベル:ホコリ 魔法 雑巾
posted by ケイちゃん at 17:43| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。