2020年06月17日

梅雨時に注意したい「天気痛」を、鎮痛剤に頼らず改善する方法とは?


耳をマッサージする画像.jpg

 雨が降ると、頭痛やめまいがするのが“天気痛”です。今日は、この気圧の変化によって起きる痛みや不調を“天気痛”と命名した愛知大学・学際的痛みセンターの佐藤純さんのお話をもとに、今すぐ取り入れたい改善法についてご紹介したいと思います。佐藤さんは日本で唯一の「天気痛外来」を開設し、メディアでも活躍している天気痛ドクターだそうです。

◆鎮痛薬に頼るのは良くない。逆に悪化する場合も
 まず、天気痛を鎮めるために鎮痛薬に頼るのは良くないとのことです。逆に悪化する場合もあるので、注意が必要だそうです。

「慢性的な痛みを抱えている人は、痛み止めがないと不安という人も多いのですが、鎮痛薬に頼る習慣を断ち切ることも大切。『薬物乱用頭痛』といって、頭痛薬を飲み続けていると効きにくくなり、服用回数が増えることで逆に頭痛が悪化する場合があるのです。そのため、私は実際の治療でもできるだけ鎮痛薬以外で痛みをコントロールし、症状の根本原因となっている病気があればその治療を並行して行います」(佐藤さん)

 また、天気痛がやっかいなのは、痛みや不調がいつ起きるか、確実な予測がつかないことです。ですから佐藤さんは、

「天気を意識する習慣をつけて、痛みを悪化させない予防策を取ることが大事です。普段の生活の中では、セルフマッサージをし、睡眠や栄養など生活習慣に気をつけることが、天気痛の予防や改善に効果的です。」

と話しておられます。このセルフマッサージですが、なかでも耳をマッサージしたり耳を温めたりして、耳の血行を良くするのが有効だそうです。

「天気痛は内耳と自律神経がかかわっているので、普段から耳の血行をよくすることと、自律神経のバランスを整えることを意識してください。なかでもおすすめは、私が考案した耳マッサージ。血流がよくなることで内耳のセンサーが整い、頭痛や不調が改善した方がたくさんいます」(佐藤さん)

◆耳マッサージのやり方
1.親指と人差し指で両耳を軽くつまみ、上・下・横に各5秒ずつ引っ張る。
2.耳を軽く横に引っ張りながら、後ろ方向に5回ゆっくり回す。
3.耳を包むように折り曲げて、5秒キープ。
4手で耳全体を覆い、後ろ方向に円を描くように、5回、回す。

 佐藤さんによると、「実際にマッサージを行う前後で鼓膜の温度を調べると明らかに違いがあり、血行改善が期待できます」ということなので、「朝昼晩に各1回ずつ、2週間〜1カ月続けてみて下さい」ということです。

◆耳を温めて血行をよくする方法
 耳を温めて血行をよくする方法としては、次の2つの方法がおススメです。

・ホットタオルを使う方法
 タオルを2枚用意し、水で濡らして軽く絞る。折りたたんで、密閉できる耐熱ビニール袋に入れたらレンジで1分ほど温める。ビニール袋から取り出したタオルを両耳に当て、タオルが冷めるまでゆっくり温める。

・ペットボトルを使う方法
 ホット用のペットボトルに、2:1の割合でお湯と水を入れ、耳に直接当てて温める。温かいペットボトル入りのお茶などでもOK。頭痛がするときは、完骨という耳の後ろにあるツボに当てながら温めるとより効果的。

 また、自律神経を整えるには、しっかり睡眠と栄養をとることも基本だそうです。その他、めまいを軽減するツボ押しや、頭を動かさず首回りや肩の筋肉をほぐすストレッチも効果があるそうです。

 いかがですか?

 「天気痛」だと感じたら、まずは鎮痛剤に頼るのはやめて、耳の血行を良くするために耳をマッサージしたり温めたりしてはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:13| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。