2020年05月10日

「しじみ100個分」などの健康食品には、濃縮エキス成分を過剰摂取する恐れがあるそうです


しじみの味噌汁の画像.jpg

 健康ブームの中、テレビや雑誌などでは盛んにいろいろな健康食品のコマーシャルを見ない日はありません。あなたは、健康食品を何か定期的に摂取していますか?

 実は、多くの人が摂取する健康食品の副作用について国が調べたデータベースが存在するのだそうです。「国立健康・栄養研究所」は長年にわたって健康食品の情報をデータベース化しているものですが、このことは、あまり知られていないのが現実です。

 国立健康・栄養研究所は、市場にあふれる多くの健康食品やその食品成分などについての情報を集積し、「『健康食品』の安全性・有効性情報」としてインターネット上に掲載しているいて、国内外の研究者が健康食品の素材や成分を調査した結果や論文を改めて精査し、科学的なエビデンスの裏付けがあると判断したものだけをデータベースに掲載しているということです。

 そうした客観性があり信頼のおけるデータベースに掲載された健康食品のリストは現時点で897件にも上っています。

 今日は、そのデータをもとに知られざる健康食品の落とし穴、摂取する際の注意点について、ご紹介したいと思います。

 ◆「凝縮エキス」の危険性
 天然の栄養成分をギュッと縮めた「凝縮エキス」は、健康食品の中でもさまざまな種類があり、ペースト状、粒状、液体など様々な形状で提供されています。

 ショウガは古来、風邪を引いた時に飲むと回復すると謳われ、全身の血液のめぐりを良くして冷え性を改善する効果も期待されています。データベースによると、ショウガの凝縮エキスは「5g」以内の摂取がポイントになるのですが、「危険情報」として次のような情報が提供されています。

〈通常の量であれば有害事象はほとんどおこらないが、5g以上摂取すると有害事象発現リスクが高まる可能性がある。主な有害事象としては、腹部の不快感、胸焼け、下痢、口や喉の刺激感が報告されている。過剰摂取で不整脈が起こる可能性がある。外用では、過敏症の人で皮膚炎が起きることがある〉

 つまり、ショウガのサプリや濃縮粒などを摂取する場合には注意が必要だということです。『買ってはいけない健康食品 買ってもいい健康食品』(だいわ文庫)の著者で、科学ジャーナリストの渡辺雄二氏によると、

「こうした症状は、ショウガの主成分であるギンゲロールとデヒドロジンゲロンによる独特の辛味、加熱によって生じるショウガオールやジンゲロンが粘膜を刺激するため、過剰摂取すると不快感をもよおすからだと考えられます」

ということです。

 データベースでは、「過剰摂取」というのが一つのキーワードとなっているそうで、この「過剰」の基準について、国立健康・栄養研究所の食品保健機能研究部担当者の方は、次のように話しておられるそうです。

「国立健康・栄養研究所で使っている『過剰摂取』の定義は、“普通の食品として食した際に、当該の成分を摂取する量を超えた時”になります。例えば“しじみ100個分”と謳ったオルニチン含有の健康食品を食した際、1日3粒というメーカーによる目安量を飲んだだけで普段の食事で口にする“しじみの味噌汁”などで摂るオルニチン摂取量を超えるケースもあります。
 これがただちに有害事象につながるというわけではありませんが、定義上、普通の食品として摂取する量を超えているので過剰摂取とみなされます」

 しじみに含まれるオルニチンは“元気をサポート”“肝臓を強く”などと謳われており、疲労回復や新陳代謝の向上に効果が期待されているのですが、オルニチンにも過剰摂取による副作用があり、データベースにはつぎのように記述されています。

〈10g以上経口摂取した場合に、胃腸の不調(腹痛、痙性胃痛、下痢)が起こることがある〉

 10gというのは、シジミ約300個分に相当する量なので、凝縮エキスの効果はそれだけ強いということです。何事も、「過ぎたるは及ばざるがごとし」ですね。

 何か健康食品を摂取しておられる方は、一度自分が採っている健康食品の危険性について調べておいた方が良いのではないかと思います。「健康食品」の安全性・有効性情報はこちらです。 ⇒ https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/indiv.html#Jw03

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。


posted by ケイちゃん at 18:27| Comment(0) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。