2020年02月17日

普通の人が普通に生活していても「借金苦」に陥らないためには、「1:2:7」の黄金比率が大事だそうです


貯金通帳とお金の画像.jpg

 あなたは、贅沢やギャンブルに走りまくっているわけでもないのに、どうにもお金が貯まらない。それどころか、ごく普通に暮らしているつもりなのに、借金ばかりが増えていく、といったようなことはないでしょうか。

 今日は、これまで2万件以上の家計診断を手がけてきた家計の見直し相談センターで代表を務めるファイナンシャル・プランナーの藤川太さんのお話をもとに、普通の人が普通に生活していても「借金苦」に陥る理由について、ご紹介したいと思います。

◆どうして借金が増えていくのか?
 ここ最近、藤川さんたちが相談を受けるケースを見ると、多重債務者となる人の要因が様変わりしているのだそうです。それは、以前はギャンブルや浪費によって借金漬けになる人が多かったのが、最近はごく普通の人が住宅ローンの負担や収入減に伴う生活苦によって、つい借金に手を出して泥沼にはまってしまうケースが増えているからです。

 実は、この構図は現代日本だけのものではないそうで、古代バビロンの時代でも同じようなことがあったということです。

 今から約100年前に書かれた世界的名著『バビロンの大富豪』(ジョージ・S・クレイソン著)には、後にラクダ商人として大成功を収めるダバシアが若き日を反省した、次のような言葉が記されているそうです。

〈まだ若くて世間知らずだった私は、後払いでモノを買えることを知ったとたん湯水のようにカネを使い始めた。それが後にどういう悲惨な結果、災いをもたらすことになるか少しも考えずにな。高級な服を買いあさり妻や家のためにも贅沢品を次々と買った。好き放題に、収入以上にな〉(藤川氏・監修『大富豪が教える成功法則』より)

 後払いでモノを買うというのは、現在でいえばクレジットカードです。限度額の範囲内であれば、手元にお金がなくても買い物できるので気軽に使う人も多いと思いますが、それを繰り返していると、ついつい自分のお金で買っているような錯覚に陥ります。

 しかし、それはただの借金なので、返済する必要のあるお金であることに変わりはありません。一括払いですぐに支払い期日がやってくれば、お金を使った痛みを早期に感じることができるかもしれませんが、リボ払いだとまとまったお金を使っても、毎月少額の支払いで済むので、痛みを感じにくくなってしまいます。そして、それは借金がなかなか減っていかないことを意味します。

 さらに、そのうえで買い物を重ねていけば、どんどん借金は増え続け、最悪の場合、破綻に陥ってしまうわけです。

◆借金返済しながら貯蓄するためにはどうすればよいか
 年功序列をはじめ日本型雇用システムが崩壊するなか、収入が右肩上がりで増えることが望めないのに、支出を増やす。あるいは支出を増やさないまでも、今までと変わらない生活を送ろうとするなど、収入カーブに合わせた支出カーブを描けていない家計が少なくないのが現状だそうです。

 「収入の範囲で支出をする」ということがバビロンの時代から変わらない家計管理の原則ですが、後払いによって金銭感覚が狂う人が多いことも、バビロンの時代と変わっていないと言えます。ですから、クレジットカードを使うなら、リボ払いではなく、1回払いにするなどの工夫は当然求められてきます。

 ところで、収入に対してどこまで借金をしてよいか、という比率をご存じでしょうか。これにもバビロンの時代から語り継がれる「黄金比率」があるのおだそうです。

 先ほどのダバシアのエピソードには続きがあって、彼が大金持ちの友人に助言されたのが次の方策で、黄金比率と呼ばれているものです。

【1】収入の「1割」は自分のために支払う(貯蓄に回す)
【2】収入の「2割」を借金返済に充てる
【3】残り「7割」で自分と家族の生活をすべてまかなう

 現在、住宅ローンを組む際に、銀行などの金融機関はおおむね年収の35%までを目安に貸してくれるケースが多いそうですが、藤川さんはそれを「2割以内」にすべきだと考えているそうです。その理由は簡単で、返済しながら貯蓄もしていくには、借金を収入の2割までに抑えないと厳しいからです。

 むやみに借金を膨らませないためにも、この「1:2:7」の黄金比率はぜひ覚えておいた方が良いそうですよ。

 いかがですか?

 あなたの家計の比率がどうなっているか、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:29| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。