2019年11月21日

あなたは、美容や健康のためにもなる日本の伝統食・乾物を摂ってますか?

 あなたは普段の料理に、ひじきやじゃこ、干ししいたけといった乾物を使ってますか?こうした昔から食べ続けられている日本の伝統食、乾物ですが、一見、栄養が低いように感じてしまいますが、実はかなり栄養豊富なものなんだそうです。

 今日は、とても栄養価が高い日本の伝統食、乾物について、ご紹介したいと思います。

◆伝統食の乾物、何がすごい?

A1乾物の画像.jpg

 日本に古くから伝わる乾物は、とっても栄養価の高い優秀な食材ですが、そんな乾物の魅力をあげると、次のようなことがあげられます。

・とにかく栄養が豊富!
 食材によっては、生の状態で食べるよりも乾燥させた方がぐっと栄養価が高くなります。
また、太陽を浴びたことにより、生の状態よりも栄養がアップするものもああります。栄養がぎゅっと凝縮されて、とにかく美容・健康維持にはおすすめです。少ない量でもしっかりと栄養が摂れる、とっても優秀な食材です。

・長期保存が可能
 乾物の良いところと言えば、やっぱり常温で長期保存できるという事です。すぐに傷んでしまう生野菜とは違って保存がきくので、保存食としても役立ちそうです。「ちょっと材料が足りない!」という時や非常事に役に立つので、ストックしておくと良い食材と言えると思います。

◆おすすめの乾物は?
 とっても栄養豊富な乾物ですが、中でも特におすすめのもの、常にストックしておきたい乾物をご紹介します。

・高野豆腐

A2高野豆腐の画像.jpg

 高野豆腐は、鎌倉時代に精進料理として食べられていた凍り豆腐が元になったものだと言われています。煮ものにするととっても美味しい高野豆腐には、実はたくさんの栄養が含まれていて、特にアミノ酸が豊富に含まれています。

 アミノ酸は丈夫な筋肉を作ったり、疲労回復や免疫力を高めてくれる働きがあり、さらに、高野豆腐は大豆でできているので、女性にとって必要なエストロゲンと同じような働きをする大豆イソフラボンが含まれています。

・切り干し大根

A3切り干し大根の画像.jpg

 大根を乾燥させて作る切り干し大根には、食物繊維がたくさん含まれているので、便秘を解消したり、動脈硬化の予防にもつながります。他には、カリウム・カルシウム・ミネラル・ビタミンB群もたくさん含まれているなど、美容と健康に欠かせない栄養素が、豊富に含まれている食材です。

・ひじき

A4ひじきの画像.jpg

 ひじきにも、たくさんの栄養が含まれています。特に多いのがカルシウムで、その量は牛乳の12倍と言われています。その他には、鉄分・食物繊維・マグネシウム・ビタミンAも含まれているので、腸内環境を整え、嬉しいダイエット効果も期待できます。美肌効果も高いので、積極的に撮っていきたい食材です。

・干ししいたけ

A5干ししいたけの画像.jpg

 太陽の日差しを浴びることでその栄養価がアップする、干ししいたけですが、干ししいたけには、免疫力アップや生活習慣病を予防する効果があります。また、丈夫な身体を作るために必要な栄養がいっぱい含まれています。他にも動脈硬化や高血圧を予防するといわれており、ビタミンB2も含まれているので美肌にも効果があります。

・ジャコ

A6じゃこの画像.jpg

 小さな魚を丸ごと食べることができるジャコです。大きな魚だと、頭やしっぽを食べるというのは難しいですが、でも、ジャコなら全て食べることができるので、しっかりと栄養を摂取する事ができます。特に豊富に含まれているのがカルシウムで、牛乳のおよそ4倍程度の量だと言われています。

 その他、脳の発達に欠かせないDHAも含まれています。抗うつ作用やストレスを和らげる効果もあるといわれているので、毎日少しずつ摂るのがおススメです。

 いかがですか?

 とても栄養価が高い、日本の伝統食「乾物」についてご紹介しましたが、長期保存ができて身体にも良い乾物をストックしておいて、もっと食べるようにしてみてはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:46| Comment(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。