2019年10月30日

耳そうじはしなくていいって、知ってましたか?


耳掃除の画像.jpg

 医学や健康の常識は、どんどん変わっているそうで、昨日まで正しいと思われていたことが、いつの間にか誤りとなっていることも少なくないということです。ですから、古い知識のままで、間違った習慣を続けていると、かえって健康を損なわないとも限りません。

便秘・耳・ひざ痛・腰痛の新常識.jpg

 そこで今日は、最新の研究成果や知見に基づいた「便秘・耳・ひざ痛・腰痛の新常識」について、ご紹介したいと思います。便秘やひざ痛は女性に多いトラブルなので、適切な知識を身につけて、すっきりと解消して下さいね。

◆便秘
 まずは「便秘」です。その原因は、もしかすると洋式便器のせいかもしれないそうです。実は、和式スタイルで用を足してみると、便秘が解消する可能性があるというのです。おおたけ消化器内科クリニック院長の大竹真一郎医師によると、

「便秘の人が増えたのは、洋式便器が普及したことが要因の一つと考えられます。椅子に座った姿勢だと直腸と肛門が真っすぐにつながらず、折れ曲がってしまうからです。足置きを使ってひざの位置を高くしたり、便座の高さを下げたりすれば、和式の姿勢に近くなり、用を足しやすくなります」

ということです。

 便秘には、腸を動かすために腹筋運動をすすめられることも多いそうですが、大竹医師によると、それよりもウォーキングや階段上りがおススメだそうです。

「便秘は筋力の弱い女性やガリガリにやせた男性に多いのが特徴です。確かに腹筋は有効なのですが、それより腸を動かすには歩いたほうが効果的です。いつも駅やオフィスへ行くのにエスカレーターやエレベーターを使っている人は、便秘解消のチャンスだと思って歩く距離を伸ばし、階段も上ってみてください」(大竹医師)

◆耳掃除
 便秘と同じく、詰まるものと言えば耳垢ですが、これに関しては、あまり気にしなくても良いそうです。同じく大竹医師によると、

「耳掃除は基本的にしなくて構いません。耳掃除を必要以上にすると外耳道を傷つけたり、耳垢を奥に押し込んだりすることがあります。実はそれによって、外耳炎や外耳道がんになる人もいるのです。耳垢は自然と外に出てくるので、1週間に1度程度、耳の穴の入り口を軽く掃除するだけで十分です」

ということです。

◆歩き過ぎでひざ痛に
 便秘に限らず歩くことが健康にいいのは言うまでもありません。1日平均8000歩から1万歩が、病気予防に最も効果的とされているそうです。ただし、歩き過ぎは禁物だそうで、戸田整形外科リウマチ科クリニック院長の戸田佳孝医師によると、

「高血圧や糖尿病を改善するために、内科医に言われて1日1万歩も2万歩も歩く人がいます。しかし、それでひざを傷める人がたくさんいます。ですから、ひざを守るためにも、歩き過ぎにはくれぐれも注意をしてください」

ということです。

 そして、ひざの痛みのため整形外科でMRI検査を受けると、半月板損傷が見つかるかもしれませんが、しかし、その場合も、あわてないようにしてほしいということです。同じく戸田医師によると、

「実は、半月板は年齢の変化で自然に割れます。ひざが痛くなくても50歳以上の人だと半数に半月板損傷が見つかるのです。にもかかわらず、手術をすすめる医師がいますが、半月板を摘出しても、残った半月板が割れたり、軟骨がすり減りやすくなったりして、また痛みの出ることが少なくないのです」

ということです。

 すると、今度は「人工関節にしましょう」と言われる可能性があるそうですが、実はひざの痛みの9割は、手術をしなくても治ると戸田医師は断言されています。

「ひざを守るために大切なのは、太ももの筋肉を鍛えることです。ひざに痛み止めの注射を打って痛みが和らいでいるうちに、スクワットなどをして筋肉を鍛えておくと効果的です」(戸田医師)

 なお、ひざ痛に悩む人の中には、軟骨の成分を補うとされるグルコサミンやコンドロイチンのサプリメントを飲んでいる人がいるかも知れませんが、これらの効果は多くの研究で否定されているそうです。グルコサミンやコンドロイチンを飲んでも胃腸で分解されてしまうので、それらの成分がそのままひざの軟骨に届くわけではないからというのが、その理由です。

◆腰痛で、「痛いから動かさない」は、悪循環を生む
 痛みと言えば、腰痛の常識も変わりつつあるそうです。ぎっくり腰を起こして、痛みがとれるまで安静にするよう医師から言われた人がいるかも知れませんが、しかし、それも間違いだということです。同じく戸田医師によると、

「腰が痛いからと言って動かさないでいると、背骨まわりの筋肉がやせて柔軟性がなくなるため、動かすと余計に痛みを感じやすくなる悪循環に陥ります。この痛みの悪循環を断ち切るためにも、安静を続けるのではなく、早めに体を動かしたほうがいいのです」

ということです。

 なお、腰痛で病院にかかると、念のためMRIを撮るようすすめられるかも知れませんが、これも、強い神経症状があるような場合を除き、腰痛のMRI検査は原則的に無駄なので受けないほうがいいということです。

「腰のMRIを撮ると神経痛の症状のない人でも、60歳以上では6割近くの人に神経を圧迫する所見が見つかるという研究があります。逆に言うと、MRIで異常が見つかったとしても、それが腰痛の原因かどうかはわからないのです。意味がないのにMRIを撮ることは、医療費の無駄遣いです」(戸田医師)

 ところで、腰痛を防ぐにはどうすればいいのでしょうか。これについて戸田医師がおススメされているのが「よっこらしょ」とかけ声を出すことです。

「台から立ち上がるときの筋肉の働き方を調べた研究があります。それによると、声を出さなかった場合に比べて、声を出したときのほうが背筋、太もも、すねの前の筋肉が協調して、同時に働いていました。つまり、かけ声を出したほうが、腰の筋肉の負担が減るのです。なので、椅子から立ち上がるときや、重いものを持ち上げるときは、いい格好して無言でやらずに、『よっこらしょ』と声を出してください」(戸田医師)

 いかがですか?

 健康を維持する智慧は、意外に身近なところにあるのですね。。あなたも、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

ラベル:医学 健康 常識 変化
posted by ケイちゃん at 18:24| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。