2019年08月19日

「朝のコーヒー、夜のビール」には、パフォーマンスを上げる飲み方があるそうです


コーヒーと手帳の画像.jpg

 多くのビジネスパーソンの方が、ふだんから習慣的に飲んでいるのがコーヒーとビールではないでしょうか。そのコーヒーとビール、実は嗜好品程度の飲み物と軽く考えていたら大間違いだすで、「仕事のパフォーマンスを上げる」効果を秘めた「最強のパフォーマンス飲料」なんだそうです。ただし、その効果を最大限に発揮するためには、正しい飲み方があるようです。

 今日は、マブチメディカルクリニックの馬渕知子院長の著書『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』(クロスメディア・パブリッシング)の中から、何に気をつければコーヒーとビールでパフォーマンスを上げることができるのかについて、ご紹介したいと思います。

朝のコーヒー、夜のビールの本の画像.jpg

◆パフォーマンスを上げるコーヒーの飲み方
 まずは、パフォーマンスを上げるコーヒーの飲み方についてです。

●「目覚めの一杯」は実はNG!
 朝起きたら一杯のコーヒーを飲むという人も、多いのではないでしょうか。眠気をさまして、スタートダッシュするために飲むこの習慣、実は逆効果になるだけだということです。

 もともと人には、身体をしゃきっと覚醒させるために、コルチゾールというホルモンを分泌するメカニズムが備わっているそうで、このコルチゾールの分泌量が増えてくるのは朝6時頃で、8〜9時にピークを迎えるそうです。

 ところが馬渕院長によると、この時間帯にコーヒーを飲むと、コルチゾールの分泌が抑制され、覚醒効果が妨げられるということです。

 さらに、コーヒーに含まれるカフェインへの耐性がついてしまって、カフェイン効果の恩恵も受けられなくなってしまうということです。

 では、コーヒーを飲むベストの時間はいつかと言うと、コルチゾールの分泌が減ってゆく9時半あたりだそうで、このタイミングで飲むことで、カフェインの効果(頭の回転や集中力のアップ)が最大限に発揮されるということです。

●1日のコーヒー摂取量は3杯
 コーヒーの1日の適正摂取量は、マグカップなら3杯、コーヒーカップなら4杯までだそうで、これで、カフェイン摂取の適正分量(400mg)の上限近くを摂る計算になるということです。

 このカフェイン摂取の上限を超えると、身体はこれをストレスとみなし、通称「ストレスホルモン」と呼ばれるコルチゾールが余計に分泌されてしまうそうで、また、血糖値を下げる働きをもつ、インスリンの働きを悪くする影響もあるということです。

 おまけに、過剰摂取を続けると、脳内セロトニンが減少し、逆に疲労感の素因になるそうです。

 カフェインは摂り過ぎはNGで、1日3〜4杯を守った方が良さそうですね。

●仕事中の甘い缶コーヒーはダメ
 仕事で疲れてくるとなぜか飲みたくなってくる、甘めの缶コーヒーですが、馬渕院長によれば、これは避けるべきだということです。

 というのは、缶コーヒーの多くには多量の砂糖が含まれ、1本飲んだだけで、WHOの定めた摂取目安量の半分を摂取してしまいます。特に空腹時に飲むと、急激に血糖値を上げて、その後急に下がるのですが、この影響で自律神経の乱れが生じて、かえって疲れやすくなってしまうそうです。

 コーヒーは基本ブラックとし、甘味がほしいときは砂糖以外の甘味料を使うようにすべきということですよ。

◆パフォーマンスを上げるビールの飲み方

ビールジョッキの画像.jpg

●ビールは悪者ではない
 何かと悪者扱いされがちなビールですが、ビジネスパーソンにはメリットが大きいそうです。

 まず、ビールには、副交感神経を優位にし、「1日の疲れを癒してくれる働き」があり、
また、ビタミンB群を含む様々な栄養素を含むビール酵母には、代謝をアップさせる効果があるということです。

 さらに、最近の医学研究では、心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化のリスクを下げる可能性が示唆されているそうですよ。

●酔わない飲み方
 いくら健康効果はあるといっても、一気飲みはNGで、処理しきれないほど大量のアルコールが肝臓に入り込むと、過負荷状態となってしまいます。

 これを避けるには、まず一口飲んで3分待つのがポイントだそうです(喉が渇いている時に3分待つのは少し辛いかも知れませんが)。 これで肝臓は「慣らし」運動ができ、スムーズに効率的なアルコール代謝を行ってくれるということです。

 また二日酔いを避けるには、ビールを1杯飲んだら水を1杯飲むことを徹底することだそうです。

 また、飲み会のない日に、良質な睡眠をとる目的でビールを飲むなら、眠る3〜4時間前に少量を飲むのが良いそうで、これによって、脳内にGABAという神経伝達物質が増え、興奮を鎮め、血圧を安定させることが期待できるということです。

●ビールは飲んでも太らない
 良く「ビールは太る」と言われますが、これは、ビールは高カロリーなつまみと相性がよくて、ついつい食べ過ぎてしまうからだそうで、ビールだけでは、太ることはないということです。

 というのは、ビールそのものは、低GI値(35前後)のドリンクで、炭水化物の多い食品よりずっと低いので、馬渕院長も「ビールはダイエットドリンクと言っても過言ではない」と太鼓判を押しておられます。つまみには気をつけて、楽しく飲むのがおススメです。

 いかがですか?

 パフォーマンスを上げる「朝のコーヒー、夜のビール」でバンバン仕事、頑張って下さいね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:46| Comment(0) | 飲料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。