2019年07月30日

抗がん剤研究の権威がすすめる「最強の野菜スープ」で、がんを寄せ付けない体質づくりを目指しませんか?


野菜スープの画像.jpg

あなたは普段から野菜を食べてますか? 特にキャベツやパセリなどの葉物の野菜は、かさばることもあってなかなかたくさんは食べれないものです。

今日は、そんな野菜の栄養を余すことなく摂ることができる「最強の野菜スープ」を、熊本大学の前田浩名誉教授が上梓された『最強の野菜スープ』(マキノ出版)の中から、ご紹介したいと思います。前田名誉教授によると、がん予防には「野菜スープ」が一番なのだそうです

◆がん予防には「野菜スープ」が一番
 「体内で生成され、ウイルスや細菌を撃退する頼もしい「活性酸素」ですが、他方で正常な細胞膜を酸化させ、老人性のシミ・シワやアルツハイマー病の遠因となるだけでなく、DNAを損傷させてがんを誘発するリスクがあるなど、厄介な一面もあります。

 そのため、過剰な活性酸素を減らすことが健康長寿の秘訣と認識され、「活性酸素を無害化する」との触れ込みで、一時水素水がブームになりましたが、消費者庁から効果に疑問ありと注意喚起されブームは去りました。実はそんなまがい物の水素水よりも、もっと身近で、様々な研究でその実効性が確認されている食べ物があります。それが何かというと、「野菜」です。

 前田名誉教授の本業は、副作用のない抗がん剤の研究だそうで、この研究でノーベル賞候補にも挙がったこともあるそうですが、がんそのものを予防する研究も行っているということです。そして、長年の取り組みから、「がん予防の食事には野菜スープが一番」という結論に到達したということです。

 その理由は、野菜に含まれるファイトケミカルです。これは、植物が紫外線や害虫から身を護るために作り出す化学物質の総称で、カテキン、リコピン、カロテノイドなどよく聞く名前もフィトケミカルです。

 前田名誉教授が、ファイトケミカルに注目したのは抗酸化作用で、本書の中で、以下のように説明されています。

『ファイトケミカルの特長は、活性酸素を消去する強力な抗酸化作用があることです。植物はファイトケミカルを内蔵しているおかげで、夏の太陽光の強い紫外線を浴びても活性酸素を消去でき、がんにかからないというわけです。』
(本書36pより引用)

 実は人間にも、活性酸素を消去する物質を生成する機能が備わっているそうですが、この昨日は加齢と共に低下してゆくのだそうです。そしてそれを補ってくれるのが、野菜のファイトケミカルです。

 ただし、前田名誉教授によると、「生の野菜をそのまま食べても、ファイトケミカルはわずかしか吸収することができません」ということです。その理由は、野菜の細胞を包むセルロースでできた細胞壁を人間は消化できないためだそうです。

 でも、野菜をゆでるだけで細胞壁は簡単に壊れ、中のファイトケミカルを摂取することが可能になるそうで、野菜のゆで汁の活性酸素消去力は、生野菜の実に10〜100倍なんだそうです。このことから、野菜スープとして摂ることを前田名誉教授は大いに勧められています。

◆がん予防対策の野菜スープの基本のレシピ
 がん予防対策の野菜スープと言っても、食材や調理法に何か特別なものがあるわけでなく、誰でも家庭で作れるそうで、本書では何種かのバリエーションが紹介されていますが、基本の作り方は以下のとおりです。

(1) タマネギ、ニンジン、キャベツ、カボチャ、セロリ、セロリの葉、トマトを合わせて300gほど用意し、よく洗っておく。
(2) タマネギは一口大、キャベツはざく切りにするなど、各食材を食べやすい大きさに切る(ニンジンは皮をむかない)。
(3) 鍋に野菜を入れ、水を900ml注ぐ。
(4) ふたをして火にかける。沸騰直前に火を弱め約30分煮てできあがり。

 前田名誉教授によると、野菜に含まれるファイトケミカルには、体内の発がん物質の解毒・排泄作用を高める、腸の善玉菌を活性化させ免疫力をつける、抗がん剤の副作用を抑えるなどの効果もあるということです。

 いかがですか?

 ご紹介した野菜スープの材料は安価で、冷蔵・冷凍保存もできるので、日ごろの食事に適宜加えて、がんを寄せ付けない体質づくりを目指してみませんか?

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:55| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。