2019年07月24日

自律神経の乱れに効く6つの意外な食材、何だと思いますか?


自律神経不調を改善する食材.jpg

 あなたは、普段の生活の中で不眠だったり、冷え性だったりといった症状はないでしょうか。 こうした症状が頻繁に起こるようであれば、それは「自律神経が乱れ」による可能性が高いそうです。

 ご存知のように、自律神経には、体の活動時や昼間に活発になる「交感神経」と、安静時や夜に活発になる「副交感神経」があります。この2つのバランスを損なうのが「自律神経の乱れ」です。

 また、自律神経は食生活と密接に関わっています。実は、「ビタミンB12」は自律神経に直接作用する、最も重要な栄養素です。この「ビタミンB12」を毎日効果的に摂ることで、交感神経と副交感神経のバランスが向上します。

 今日は、現代人特有の健康障害と自律神経との関係に詳しい美容内科医・里見英子さんのお話をもとに、この自律神経の乱れに効く6つの意外な食材についてご紹介したいと思います。

自律神経を乱すワースト食生活.jpg

◆自律神経を乱すワースト食生活とは?

 自律神経を乱す食生活のワースト3は、上にあげたように、飲酒・喫煙、サプリメントの摂り過ぎ、食事の偏り です。

 何れも過ぎたるは及ばざるが如しの類ですので、できるだこうした食生活を避けるようにするのが、自律神経を乱さないためのポイントです。

◆自律神経の不調は食事で改善できる! 

 最初にも申し上げたとおり、自律神経は身体の機能をコントロールする、健康の要ともいうべき器官ですが、里見さんによると、

「自律神経はとくに摂取する栄養素の影響を受けやすい器官。偏食や添加物の摂りすぎなど、食生活の乱れはイライラや不眠、冷え性や胃腸障害など、さまざまな不調を引き起こします」

ということです。

 そして、里見さんが自律神経を整える食材として挙げるのは、納豆、レバー、タラコ、鯖、ホタテ、あさりの6つです。いずれもスーパーなどで手軽に手に入る食材ですね。里見さんによると、

「自律神経の働きを高めるためにもっとも有効な栄養素は、ビタミンB12です。ビタミンB12は肉や魚介に多く含まれ、納豆や魚卵にも豊富。これらを毎日摂ることで、自律神経に起因する不調が効率良く改善できるのです」

ということです。

 また里見さんはさらに、こうした食材を引き立て役≠ニなる食材(玉ねぎ、ニラ、ねぎ、にんにく)と一緒に摂ることをおススメされていて、

「ねぎやニラは神経を安定させる硫化アリルを含み、B12の吸収を助けます。さらに整腸効果のある食物繊維や体温を上げる辛味成分など、症状に応じた成分を含む食材との組み合わせで、より効果がアップします」

ということです。

 いかがですか?

 普段の食生活を見直すことで、自律神経の乱れが改善できるのなら、試してみても損はないのではないでしょうか?

敬子2

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 19:42| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。