2019年07月18日

突然死を招く「高血圧」の真実、あなたは知ってますか?


突然死の画像.jpg

 年齢が50〜60歳にもなると、脳卒中や心臓病で突然死してしまうリスクが高くなります。特に高血圧の人はそのリスクが高く、普段は元気だからと言って油断ならないそうです。

 そこで今日は、その実態や予防法などについて、常喜医院院長・慈恵医大新橋健診センター非常勤診療医長の常喜眞理(じょうき・まり)医師のお話を元に、ご紹介したいと思います。

◆ 意外なことに高血圧患者は 上250下150でも元気ハツラツ

 俳優の方とかが急に亡くなられて、その死因が「急性心不全」と発表されることがあります。実は、急性心不全は病名ではなく、心臓の働きが「急激に低下」することによって不十分となり、結果起きた体の状態のことを指しています。

 その原因として最も多いのは、突発的に発症する急性心筋梗塞などの虚血性心疾患で、これらの疾患を引き起こす最大の危険因子が、心臓に余分な負担がかかる「高血圧症」です。

 でも、その「急性心不全」の要因に仮に高血圧が絡んでいたとしても、基本的に自覚症状はないので、前兆を感じなかったとしても不思議ではないそうです。悪化すると動悸や頭痛、めまいはあるようですが、それでもって血圧との直接の因果関係を判断することはできないということです。

 それどころか、「家庭医」として自らのクリニックで日々患者たちの健康管理に取り組み、かつ慈恵医大新橋健診センターの診療医長として、日常的に大勢の健康診断(人間ドック)に関わっている常喜眞理医師は、

「高血圧の人ほど元気です。元気と血管リスクは逆ですよ」

と警鐘を鳴らされています。常喜医師によると、

「この間も50歳の男性で、血圧が上は250の下が150もあるのに、非常に元気な方がおられました。自覚症状が全然ないとのことでしたが治療に取り組んでいただき、2ヵ月目には180の120ぐらいに下がったんですけどね。『先生、俺低血圧なんじゃないでしょうか。立ちくらみがする』って(笑)」

と言われたので、『お願いですから、もうちょっと下げましょう』と、お願いされたそうです。

 高血圧の方は、低血圧より元気があるんですね。常喜医師によると、

「この患者さんも、放置していたら近い将来、心筋梗塞や脳卒中でいつ突然死しても不思議じゃない状態だったので『ふらふらして元気がなくなっても、死ななかっただけよかったんですよ』と言ったんですけど。『自分はまだすごく元気で、小学生に野球を教えてあげて、走り回ってもぜんぜん大丈夫です』っておっしゃる。

『ぷっつり逝くからいいんです』と、元気な高血圧患者さんたちは皆さん言うんですが、そう上手くぷっつり逝ける人は少ないですからね。潔いのもいいですが、気を付けてほしいです」

ということです。

◆ 「朝は低血圧」は間違い 実は一番高くなる

 男性の場合、血管年齢は女性よりも10歳老けていると言われているそうです。

 これは、女性の場合は、血中のコレステロールを制御し、血管をしなやかに保つ役割を持つ女性ホルモンによって守られているのですが、男性はそうではないからです。ですから、男性は、実年齢が50歳なら血管は60歳のつもりで、大切にメンテナンスするのが望ましいということです。

 また、女性でも、女性ホルモンの量が低下する50代になったら、血管の劣化に気を付けなくてはならないそうで、10代の頃からずうっと低血圧だった女性でも、50代になって閉経した途端、高血圧になる人は少なくないということです。常喜医師も、

「男性も女性も、50代にもなると加齢によって血管は硬く、詰まりやすくなります。50年使った水道管を想像してみてください。この状態で高血圧を放置することは極めて危険です。脳卒中、心不全、腎障害、動脈瘤など、いずれも高血圧が原因で起こります」

と話しておられます。

 そんな高血圧に対する常喜医師のおススメは、男性も女性も、50代になったら家庭に血圧計を備え、日常的にチェックすることです。

「家庭で血圧を測るベストのタイミングは、起床直後です。起床して、排尿を済ませた直後に、椅子に座って測定しましょう。朝起きてすぐというと、頭がぼんやりしていて血圧も低そうですが、実は安静状態に限って言えば、この時間帯が一日のうちで一番血圧が高くなります」(常喜医師)

 ということは、この時点で、血圧が基準値である上135の下85の範囲内に収まっていれば、一安心というわけです。

 ちなみに血圧は生きている限り、刻一刻と変化するそうで、深呼吸を一つするだけで、上の血圧が10ぐらい下がるのは当たり前だそうです。逆に、前日に飲み過ぎた場合や塩分摂取量が多かった時、寝不足や体調不良でも上がるということなので、数値の変動に一喜一憂する必要はないそうです。

◆ 起床時の口腔内菌数は大便と一緒 心筋梗塞や脳梗塞と歯周病の関係

 また、この10年ぐらいの間に知られるようになった事柄に、心筋梗塞、脳梗塞等の血管病と、歯周病の関係があるそうです。

 通常、歯周病と聞くと、イコール歯槽膿漏と思われがちですが、ことは口の中だけでは納まらず、歯周病菌は体中で悪さをしていることが分ってきたということです。

 つまり、心筋梗塞も、脳梗塞も、糖尿病も、どうやら歯周病菌が血管に炎症を起こすことが、原因の一つになっているようだということです。

「歯周病菌が口腔内の血管に入り込むことで、全身を駆け巡る際、血管に炎症を起こし、血流を詰まらせて、これらの疾患を生じさせてしまうのです」(常喜医師)

 そんな常喜医師にも、忘れられない出来事があったそうで、

 「私が勤めていた病院に、若い男性の患者さんがくも膜下出血で搬送されてきたことがありました。その時は原因不明だったのですが、のちに、発症前に抜歯をしていたことが分りました。その方は、抜歯後に処方された抗生物質をきちんと飲まず、熱が出てもかぜと思って放置していたようなのです。その結果、歯周病菌が原因と思われる細菌性の脳動脈瘤ができて、破裂してしまったというわけです」(常喜医師)

 歯周病は、30代を過ぎたあたりから増え始め、高齢者はほぼ100%、歯周病持ちになるそうです。これは、50代、60代ともなれば、加齢の影響で唾液の分泌量が減り、口腔内の自浄能力も低下、歯周病菌が繁殖しやすくなるからです。常喜医師も、

「お休み前のケアは、特に念入りにしていただきたいですね。それでも起床時の口腔内の菌数は、大便とほぼ同じくらいの量と言われています。びっくりですよね。起床直後も口をよくすすぎ、軽く歯磨きすることを心がけてください」

と話しておられます。

◆ 最善の対策は ホームドクターの確保

 では高血圧の予防・改善には、何がベストなのでしょうか。常喜医師によると、そのためには減塩と適正体重の維持を心がけ、腎臓を守ることが重要だそうで、運動、快適な睡眠も欠かせないということです。そしてそれに加えて、当然のことですが口腔内のケアに努め、歯周病を予防することも大切です。さらに、常喜医師の一番のおススメ対策は、40代ぐらいのうちに、気の合うホームドクター(家庭医/かかりつけ医)を見つけることだそうです。

「早いうちに、ホームドクターを見つけて、高血圧はもちろん、今後の体調管理やがん検診などの相談相手になってもらうとよいでしょう」(常喜医師)

 極めてポピュラーな疾患である高血圧でさえ、私たちが知らない知識はたくさんあるそうで、健康に気を付けているはずの著名人が、手遅れで亡くなってしまったニュースを知ると、自分は大丈夫だろうかと心配になってきます。

 「たとえば背中に痛みを感じたとします。みなさん、どの医者に診てもらいますか。大変な病気かもと心配し、大きい病院の内科や整形外科を受診するでしょうか。とにかく、いくつもの科を受診しないと安心できませんよね。そんなとき、信頼できるホームドクターがいれば、自分の専門や、看板に掲げている診療科目を超えて、診断から治療方法まで、一緒に考えてくれます。自分のクリニックで手におえない場合は、大学病院等も紹介してもらえます。

 職場や自治体の健診を受けて、要注意項目が出た場合も、検査結果を持って相談してみてはいかがでしょう。体質や生活習慣など、あなたをトータルな視点で診て、より突っ込んだ改善策を考えてくれるはずです」(常喜医師)

 確かに、そんな頼れる医師が身近にいたら、安心ですよね。長く住み続けている住民が多い地域では、親子3代に渡って子どもの頃から診てもらっているクリニックがある人が少なくないので、そういう患者がいるクリニックに行ってみるのもおススメだそうです。

 別の新しいクリニックを開拓したいのなら、インターネット活用がおススメです。今やたいがいのクリニックはホームページを開設しており、院長の考え方や姿勢が書いてあります。ホームドクターになりたい旨もアピールしている医師は多いそうなので、そうした情報を参考にして、元気なうちに、ホームドクターを見つけてはいかがでしょうか。

 いかがですか?

 私も少し血圧が高めなので、定期的に家庭用の血圧計で測定しています。いつどんな状況になるか分からないので、普段から備えておくことが重要ですね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:10| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。