2019年06月30日

あなたがやりがちなその行為、実はかえって「体臭」を強めているかも知れません


体臭の画像.jpg

 あなたは、体臭の原因は何だと思いますか? 体臭=汗じゃないのと思われるかも知れませんが、そうとも言い切れないそうです。

 今日は、美容ライター、ヨガインストラクター、ビューティーフードアドバイザー、スーパーフードマイスターの高木沙織さんのお話をもとに、よかれと思ってやっていたけれど実は体臭を強くする生活習慣について、ご紹介したいと思います。

◆表面は乾いているけれど、頭皮は生乾き

 シャンプーの後、ほとんどの方がドライヤーを使って髪を乾かしていると思います。しかし、なかには髪の表面を乾かすだけで、頭皮は湿ったままという方もおられるのではないでしょうか。これは、「頭皮の乾燥がよくない」という考えが根付いているからかも知れません。

 実は、頭皮は髪で覆われていて蒸れやすい場所です。そのうえ濡れた状態でいると、雑菌が繁殖して生乾きのようなニオイを発生させることもあります。

 タオルで水分を拭き取ったら、まずは頭皮を十分乾かすようにして下さい。ドライヤーは頭から20cmほど離し、同じ場所に風を当て続けないように小刻みに動かせば、頭皮の極端な乾燥は防ぐことができるはずです。

◆スポンジで洗えば洗うほどよいと思っている

 入浴時に、スポンジにボディソープをつけてゴシゴシと体をこするのもあまりおススメではないそうです。というのは、皮膚表面には善玉菌と悪玉菌が存在していますが、ゴシゴシ洗いをすると、善玉菌の約8割が流れてしまうと言われているからです。

 悪玉菌が多く残った状態は体臭を強くする原因になるので、洗い方には気を付けたいところです。ですから、スポンジではなく、手でたっぷりの泡を滑らせるように体を洗う方が良いそうです。

◆汗をかかないようにしている

 最初にも申し上げたとおり、汗=ニオイの原因だと思っている方は多いかもしれませんね。そのため、「できるだけ汗をかかないようにしている」という方もいるのではないでしょうか。

 でもこれは、汗腺がきちんと働かない状態を作ってしまうNG習慣だそうで、いざ汗をかいたときに濃い成分を含有したニオイを発生させる汗が出てくるようになってしまう恐れがあるということです。

 汗は、しっかりと拭き取れば人に不快感を与えるような香りにはなりにくいそうで、ニオいにくい汗をかくためには、汗をかく習慣をつけることが欠かせないということです。普段汗をかきにくい方は、ヨガやエクササイズ、岩盤浴をするなどして、汗をかく習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

 いかがですか?

 あなたに当てはまるものはありましたか? 「女性はいいニオイがするもの」だと期待されがちなので、体臭を強くしないためにも、今日ご紹介したことに気をつけたいですね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

ラベル:体臭 原因 悪玉菌
posted by ケイちゃん at 18:40| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。