2019年06月08日

トイレの「ジェットタオル」を使ってはいけない理由、ご存知ですか?


ジェットタオルの画像.jpg

 人は誰でも風邪を引きますが、反面、いつもピンピンしている人がいるのも事実です。そうした人には、「早期発見・即対処」という共通点があるそうです。つまり、風邪をひきそうになっても悪化させないから、周囲から「風邪をひいているように見えない」ということです。では、彼らはいつ、何をしているのでしょうか?

 今日は、現役の内科医、救急救命医、薬剤師などの知見と医療統計データ、150近くの最新の医学研究論文や文献を総動員し、「医学的に正しい風邪対策」を紹介する裴英洙氏の著書『一流の人はなぜ風邪をひかないのか?MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33』の中から、トイレの「ジェットタオル」の危険性について、ご紹介したいと思います。

◆ 「タオルの選び方」で 風邪の感染リスクはこんなに違う

 トイレに設置されたタオルは、通常、次の3タイプに分かれます。

(1)備え付けの布タオル
(2)ジェット式の送風タオル
(3)使い捨てペーパータオル

 実は、手洗いをした後に「どのタイプのタオルを使用するか」で、風邪予防の効果は大きく左右されるのだそうです。

(1)備え付けの布タオル
 個人経営の飲食店などでは、備え付けの布タオルがかかっている場合があります。いつ洗ったか、誰が使ったかわからないタオルは、ウイルス残存リスクが高いということです。

 また、濡れている場合は、ウイルスの生存期間が延びている可能性もあるので、備え付けのタオルは絶対に使用しないようにして下さい。

 なお、最近はあまり見かけなくなった、引っ張って使う「巻き取り式」のタオルですが、これも、巻き取り部分の中で、ウイルスが増殖している可能性が否定できないので、使わない方が無難です。

 そして、あなたがポケットに入れて持参しているハンカチも、外気に触れやすくなりますし、一度使って濡れたハンカチをポケットに戻すとウイルスが増殖する可能性もあるので、おすすめできないそうです。特に、他人とのハンカチの貸し借りは避けるべきだということです。

(2)ジェット式の送風タオル
 ファミリーレストランや商業ビルなどのトイレには、手を入れると風が出て乾燥させるしくみの温風ドライヤーが普及しています。また、強い風で一気に手に残った水分を吹き飛ばす「ジェット式ドライヤー」も、多くの場所で見られるようになりました。

 実は、このジェット式ドライヤーは、ペーパータオルに比べて27倍も多く、空気中にウイルスを飛散させたという実証データがあるそうです。

 また、アメリカの応用微生物学会の研究で、ジェット式ドライヤーから同じ距離に設置したプレートに付着したウイルスの数を、比較検証した実験があるそうですが、その結果は衝撃的で、ジェット式ドライヤーは、一般的な温風ドライヤーの60倍、ペーパータオルの実に1300倍も多くウイルスが付着していたということです。

 つまり、ジェット式ドライヤーがあるトイレは、風邪ウイルスがトイレの空間中にまんべんなくばら撒かれている可能性があると言えます。

◆ 使い捨てペーパータオルが圧倒的に清潔

 こうしたことから、(3)の使い捨てペーパータオルが圧倒的に清潔で、実際、トイレで手洗いしたあとは、ドライヤーよりペーパータオルによる乾燥が推奨されることが、乾燥時間、乾燥度、微生物の除去、汚染予防の観点から、多くの研究で示されているということです。

 また、公共トイレなどで、手洗いしたあと手を拭かずにトイレを出る人を見かけますが、濡れたままの手にはウイルスが残っており、乾燥した手に比べて100〜1000倍のウイルスを運ぶ可能性があると言われているそうで、そのウイルスは、ペーパータオルで手を乾燥させることで減少させることができます。

 ですから、外出した際には、ペーパータオルが常設されたトイレを把握しておくと、不要なリスクを抱えずに済むと言えます。

 いかがですか?

 私もジェットタオルがあぶないということを聞いて、高速道路のSAやPAに設置されているジェットタオルを使わなくなりました。あなたも、気を付けてはいかがでしょうか。

 なお、『一流の人はなぜ風邪をひかないのか?』では、このほか、医学的な根拠に基づいた、日常生活の中で風邪リスクを激減させる具体策を詳しく紹介しているそうです。

 風邪は万病の元とも言いますし、仕事を休めないビジネスパーソンはもちろん、結婚式や旅行など重要なイベントを控えた方、受験生やその家族、妊娠中の方など、絶対に風邪をひけない時期に、ぜひ本書の内容を実践し、肉眼で見えない風邪ウイルスと戦う正しい方法を身につけてはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:31| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。