2019年05月23日

便秘気味の方には、1日1杯の甘酒がおすすめです


甘酒の画像.jpg

 昔から健康にいい飲み物として有名なのが甘酒です。“飲む点滴”と言われるほど、栄養価の高いことは昔から知られていましたが、実は腸内環境の改善に効果があることが分かったそうです。

 今日は、佐賀大学農学部生物環境科学科教授で、佐賀大学・麹セラミド研究所長の北垣浩志さん、明治大学農学部教授の中島春紫さん、看護師でコロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんのお話をもとに、甘酒の便秘効果と便秘タイプ別におすすめのちょい足しレシピをご紹介したいと思います。

●甘酒を効かせるには1日1杯からスタート!

 「『美肌ドリンク』『飲む点滴』と言われる甘酒には、お通じ改善にも効果的である可能性がある。」そんな研究結果が明らかになったそうです。佐賀大学の北垣浩志教授によると、甘酒の原料である麹に含まれる成分「グルコシルセラミド」が、腸内で“善玉菌”を増やすため、「便秘予防や改善に効果が期待できる可能性がある」と言うことです。

 グルコシルセラミドは、こんにゃくなどにも含まれる成分ですが、従来は小腸で吸収され、お通じに関係する大腸内の環境を改善するとは考えられていなかったすです。北垣教授らのマウスの実験で、「麹由来のグルコシルセラミドは他のものと化学構造が異なるので大腸まで届き、ブラウティア・コッコイデス菌という“善玉菌”を増やす」ということを明らかにされたそうです。

 便秘改善に必要なグルコシルセラミドの量は、動物実験から換算すると、体重60kgの人で1日100rだそうです。200mlの甘酒には最大4.15rのグルコシルセラミドが含まれるそうですが、北垣教授によると、「もともと和食中心の食生活では、グルコシルセラミドを1日26〜7r程度摂取できている」そうなので、甘酒に加え、味噌や漬物、食酢など伝統的な和食の食生活なら、「甘酒1杯を加えるだけでも、便秘改善の効果が期待できる可能性がある」ということです。

 他にも「甘酒には麹菌の作用でできたオリゴ糖が含まれる。オリゴ糖は腸内の乳酸菌の良いエサになることが期待できる」と明治大学の中島春紫教授は話されています。

 酒粕の甘酒にはレジスタントプロテインという、お通じ改善に効果が期待できる成分が含まれていますが、これは、腸消化されにくいたんぱく質で、便を軟らかくする効果があるそうです。

●甘酒がいいワケ(1) 麹甘酒で腸内の善玉菌が増える

 北垣教授によると、麹由来のグルコシルセラミド1.0mgをマウスに1週間、与えた実験で、「腸内細菌叢を調べたら、善玉菌の一種であるブラウティア・コッコイデス菌の割合が与える前に比べて増えていた。今後、ヒト試験などでの有効性についても確認していきたい」ということです。(データ:Hamajima et al.SpringerPlus; 5, 1321, 2016)

●甘酒がいいワケ(2) 酒粕甘酒でお通じが良くなる

 酒粕50gが入った甘酒300mlを1日1回、男女12人に3週間飲んでもらい、排便回数と排便量を調べたところ、「排便回数が有意に増えた人は8人。また排便量が有意に増加したのは10人だった。」ということです。(データ:醸協;107,5, 282-291, 2012)

●ちょい足し1杯でスッキリ効果アップ!・便秘タイプ別 甘酒レシピ

 便通改善には1日1杯の甘酒だけでも効果は期待できるが、単に甘酒だけだとやはり飽きてしまうので、バリエーションがあると続けやすいと思われます。

 そこでおすすめなのが、「便秘のタイプ別に、合う食材をちょい足しすること」とコロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんは話されています。

 齊藤さんに紹介してもらった便秘タイプ別のちょい足し食材は、次のとおりです。どれもちょっと加えるだけだから1分もかからず完成しますし、味の変化あるので楽しみながら続けることができるのではないでしょうか。

●運動不足による便秘に…たんぱく質をプラス【きな粉・黒ゴマ甘酒】

 運動不足の人は筋力が足りていない可能性が高いので、筋肉の元になるたんぱく質のなかでも、甘酒に合わせやすいきな粉をプラスして下さい。黒ゴマとともに香ばしさが加わり、甘さが和らぎます。

1杯分 208kcal

材料(1杯分)
甘酒 …………………… 200ml
きな粉 ………………… 少々
黒すりゴマ …………… 少々

作り方
甘酒200mlにきな粉と黒ゴマをそれぞれひとつまみ入れる。

●ストレスによる便秘に…香りでリラックス【ミント甘酒】

 イライラを鎮めてリラックス効果のある香り高いハーブをプラスして下さい。ミントはペパーミント、スペアミントでOKです。なお、ショウガのように刺激の強いものは避けて下さい。

1杯分 203kcal

材料(1杯分)
甘酒 ……………………… 200ml
フレッシュミントの葉 … 少々

作り方
甘酒200mlにミントを手でちぎったものをひとつまみ入れる。

 いかがですか?

 便秘気味の方、甘酒を活用してみてはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

ラベル:便秘 解消 甘酒
posted by ケイちゃん at 19:24| Comment(0) | 便秘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。