2019年03月12日

ヒマラヤ原産の「モリンガ」が、花粉症のつらい症状に効果があるそうです

 今年も花粉症の季節がやってきました。日本全国では、2500万人が悩んでいると推定されています。あなたも、その中に入っているのではないでしょうか。

 つらい花粉症の症状を和らげる食品として、これまで「蜂蜜」や「青汁」などが取り上げられてきましたが、昨年当たりからヒマラヤ原産の「モリンガ」が取り上げられるようになってきました。

 今日はこの、モリンガについてご紹介したいと思います。

モリンガの画像.jpg
(日本トレイドアーチ株式会社HPから )

 モリンガとは、インドのヒマラヤ原産のワサビノキ科(日本のワサビとは別物)の植物だそうです。厚労省は、根や根皮にアルカロイドが含まれるため妊産婦への注意喚起表示を義務付けているそうですが、適量を守れば「奇跡の木」と呼ばれるほど栄養豊富だということです。特に花粉症に効果があるとされるポリフェノールの含有量が100グラム中2200ミリグラムもあり、実に赤ワインの300ミリグラムの7倍以上という優秀さ(モリンガ粒=日本食品機能分析研究所)だそうです。さらにストレス軽減効果が期待できるGABA(γ―アミノ酪酸)も164ミリグラムと、野菜の中で最も多く含まれるトマトの5倍以上も含まれています。

 また、鳥取大の研究によるとミネラル分のうち、カリウムが青汁の250倍、亜鉛が9倍も含まれているそうです。

 有機モリンガの輸入販売を行う日本トレイドアーチ社によると、

「その他、モリンガには90種類以上の栄養素が含まれており、スーパーフードとして美容にも良いとされています。粉末をスムージーにしてそのまま飲んでもいいし、料理に入れたり、ヨーグルトや豆乳などに混ぜて摂取することも可能です」

ということです。

 モリンガのパウダーが通販でも販売されているようですし、手軽に摂れるサプリメントも出ているようですので、つらい花粉症の症状に悩まされている方は、一度試してみたらいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。


posted by ケイちゃん at 19:30| Comment(0) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。