2019年02月26日

「食べ過ぎ&飲み過ぎ」を「なかったことに」する暴飲暴食のリカバリーテクニックは、覚えておいて損はないと思います

 ダイエットをしている時などは特にそうだと思うのですが、誰しも食べ過ぎは体に良くないと頭の中では分かっているのではないでしょうか? でも、何かイベント、例えば飲み会とか発表会のあとの打ち上げなど、気分が高揚している時にはつい食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまうことがあります。

 そんな食べ過ぎたり飲み過ぎたりしたときは、どうしたらよいのでしょうか? 実は、食べ過ぎや飲み過ぎは、翌日をどう過ごすかで、取り返し可能なんだそうです。

 今日は、ダイエットのプロである管理栄養士 浅野まみこ先生のお話をもとに、「食べ過ぎ&飲み過ぎをなかったことに!」を叶える、リカバリーテクニックについてご紹介したいと思います。

◆基本ルール

●食べすぎた当日はすぐに寝ないこと!

 食べて飲んですぐ寝てしまうと、胃の中に食べ物やアルコールが残って、消化されないので太りやすくなってしまいます。最低でも1時間、できれば2時間は起きておくようにして下さい。

●1週間はリカバリーを心がける!

 食べ過ぎ&飲み過ぎた分が脂肪や体重として定着するには、約1週間かかるそうです。ですから、翌日はもちろん、リカバリーテクは最低でも2〜3日続けるとさらに効果大です。

◆朝のリカバリーテク

●起きたらすぐに水orぬるま湯を飲む

 睡眠中に働きをストップしている腸を動かすため、まずは起き抜けに水orぬるま湯をコップ1杯飲んで下さい。きれいな水を胃腸に流すことでお通じが促されたり、胃液が分泌されて消化がスムーズになったり、むくみ改善効果があるなど、いいことずくめです。

●カリウムを含む果物や野菜を食べる

 朝食前にむくみ解消に効果的なカリウムを豊富に含むフルーツや野菜を摂ります。カリウムは水溶性なので、生で食べるのがオススメです。ダイエットや美肌効果に役立つ酵素もとれます。マヨネーズなど塩分はつけずにそのままで食べるのが◎です。

●発酵食品たっぷりの朝食を摂る

 腸の動きを活発にして、お通じを促すために朝食を摂るのがおすすめです。そしてその朝食は、善玉菌を増やして腸環境を整えるみそ汁やぬか漬け、納豆+ごはんが理想です。基礎代謝アップに必要なたんぱく質をとるべく、目玉焼きなどの卵料理もプラスできれば完璧です。

◆昼のリカバリーテク

●ひと駅分歩く

 前日の摂取カロリーを消費すべく、日中はよく動くことがマストです。通勤&通学のときにひと駅手前で電車を降りるなどして、いつもの倍の距離を歩いて下さい。腕をしっかり後ろまで振って、歩幅を大きく早足で歩くとエネルギー消費に効果的です。

●間食はもってのほか!

 間食はもってのほかです。もし口さみしくなったら、ガムを噛んだり低カロで噛みごたえのあるわかめや昆布のお菓子がおすすめです。噛むことで満腹中枢が刺激され、自然とW食べたいW欲求がおさえられます。ちなみに昼食は、肉・魚・卵など、たんぱく質を意識したメニューがおすすめです。

●移動時はNOエレベーターで!

 良く歩くことに加え、階段の上り下りも効果大です。代謝が上がって痩せやすくなります。建物の4〜5階なら、エレベーターを使わずに、階段を使いましょう。そして、会談の上り下りの際はお尻の穴をキュッと締め、背筋をのばすと、さらに代謝アップが狙えます。

●水をこまめに摂る

 水分を多く摂ると、むくみを引き起こすと思われがちですが、実は反対だそうです。逆に水分不足だと、汗をとめ、体は代謝を落とします。その結果、水分排泄がうまく行えず、その結果むくみを招くからです。食べ過ぎ&飲み過ぎた翌日は特に水分をこまめに摂取して下さい。1日トータルで1.5〜2ℓを目安に飲むと良いそうです。

◆夜のリカバリーテク

●夕食は炭水化物を摂らないようにする

 糖質を多く含むごはんやパン、麺類などの炭水化物は控えめにします。そして、温野菜、汁物、たんぱく質が豊富な刺し身や焼き魚などの魚メニュー、豆腐などを食べて下さい。たんぱく質をしっかりとると、代謝がアップし、脂肪が燃焼しやすくなります。

●お風呂に入る前に筋トレを

 お風呂に入る前に、腹筋とスクワットを各30回×3回行って下さい。筋トレをすることで代謝が高まり、お風呂でより汗をかくことができます。ちなみに上半身が冷えがちな半身浴ではなく、40℃前後のお湯で全身浴を15分程度するのが◎です。

●22時頃までに寝るようにする

 22〜26時頃までは、筋肉を修復し、美肌になれる成長ホルモンが分泌される重要な時間帯だそうです。逆にこの時間に食べると効率的に脂肪に変換されてしまい、太る原因になってしまいます。そのため、可能な限り、22時までに寝るのがおすすめです。早く寝ると、夜ふかしして間食をすることを防げるので、その意味でも早寝は一石二鳥です。

 いかがですか?

 食べ過ぎたり飲み過ぎたりしたときには、今日ご紹介したリカバリーテクを参考にしてもらえたら幸いです。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。


posted by ケイちゃん at 18:51| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。