2018年08月31日

「食べて痩せる」ことができる食材、知りたくないですか?

 ダイエットにつきものの食事制限、辛いですよね。食べても太らない食べ物があれば、最高だと思いませんか?

 実はそんな食べ物があるそうです。それは、代謝を促進する食べ物、つまり食べて痩せるということです。また、健全な代謝は体重を減らし、糖尿病や心臓病、高血圧など不健康な状態になるリスクも下がることが期待できます。つまり、食べ物を通じて代謝を促進するということは、とても重要なことです。

 ということで今日は、代謝を促進する12の食べ物をご紹介したいと思います。

◆唐辛子
 ご存じかもしれませんが、唐辛子に含まれるその強烈な辛さの源となるカプサイシンという成分には、体温を上昇させ、代謝を促進させることが期待できます。

◆セロリ
 セロリは比較的地味な野菜のひとつですが、実はすごい力があります。セロリは味気ない野菜ですが、非常に低カロリーで、さらに食べることで消化を促進したり、体の水分の保ってくれます。また、脂肪を燃焼させる食物線維も豊富に含まれています。いずれも代謝アップにつながるものです。

◆マグロ
 マグロは、サーモンやサバ、ニシン、イワシと同様にオメガ3脂肪酸を含んでいます。これは代謝を刺激し、食欲をコントロールするホルモンの分泌を促進することが期待できます。

◆水
 私たちが生きていくためには、水は必須ですが、毎日グラス8杯の水を飲むことで、代謝に対し素晴らしい影響を与えるそうでう。内分泌学会雑誌の『The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism』に掲載された研究によると、500mlの水を飲むと10分以内に代謝速度が30%向上し、この効果はおよそ30分間続くという結果が出たということです。

◆ひまわりの種
 ひまわりの種のような種子類は、多価不飽和脂肪を豊富に含んでおり、研究によれば、この脂肪は内臓脂肪を減らすことに役立つということです。この仕組みについてははっきりしていないそうですが、「細胞のエネルギー工場」とも言えるミトコンドリアが、ぜい肉を落とすために多価不飽和脂肪を必要とするためである可能性があるとされています。

◆抹茶
 抹茶は緑茶の一種ですが、このお茶には、心拍数を早め、代謝をアップするカフェインが含まれているだけでなく、ノルエピネフリン刺激EGCGと呼ばれる栄養素が含まれ、これも代謝速度向上に役立ちます。

◆パパイヤ
 このトロピカルフルーツは、消化を促進するパパインと呼ばれる酵素を含んでおり、これは代謝促進と脂肪燃焼の鍵となります。

◆アーモンドバター
 このナッツスプレッドはGI値が低く、血糖値を安定させることに役立ちます。血糖値が定期的に急上昇・急降下するのは代謝が悪いことが原因なので、これを防ぐことは非常に重要なことです。

◆オーツ麦
 オーツ麦はβグルカンという特別な食物繊維を含んでおり、これは炭水化物の消化速度をスローダウンし、糖質の吸収を緩やかにします。これによって、食欲を抑制する代謝反応ももたらされます。

◆グレープフルーツ
 リンゴやオレンジよりも、オススメはグレープフルーツです。この柑橘類には、ナリンゲニンという成分が含まれており、これは血糖値を安定させ、カロリー燃焼の向上に役立ちます。

◆ヨーグルト
『Journal of American Medical Association』誌に掲載されたある研究では、12万人の成人をおよそ20年にわたって調査しました。この中で、日常的にヨーグルトを食べる量を増やし、少なくとも1日1パックを食べるようにした人は、何もせずとも4年ごとに体重がおよそ500g減っていたそうです。一方、ヨーグルトの摂取量を減らした人は逆に体重が増えていたそうです。

◆赤ワイン
 アルコールの健康へのメリットについては、長年議論が続けられてきました。しかし、一部の研究では、赤ワインに含まれるレスベラトロールが糖質の代謝を改善することが示されています。ただし、ポジティブな影響があるのは、適量を飲んだ時だけなので、飲み過ぎには注意が必要です。

 いかがですか?

 食べて痩せれたら、本当に最高ですね。でも、食べ過ぎは逆効果になる可能性もあるので、ほどほどを心がけて下さいね。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:32| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。