2016年12月21日

旅行資金をお得に貯める方法

帰省とか旅行に行くと、それなりの費用がかかるので、毎月積み立てている方もおられるのではないでしょうか?

今日は、旅費の準備に役立つ「旅行積立」について、ご紹介したいと思います。


「旅行積立」は、大手の航空会社、旅行代理店から提供されており、預貯金よりお得なサービスがあるのが、魅力です。

「旅行積立」とは、旅行会社や航空会社に毎月または一括でお金を預けると、満期日にボーナス分を上乗せした金額の旅行券が受け取れる商品です。上乗せ分を金利換算すると、約1.5〜3%になる商品が多く、預貯金よりも高い年利換算率が魅力です。また、預貯金と違ってサービス額に税金がかからない点もメリットですね。


そんな旅行積立のメリットとリスクをご紹介すると、

1.メリット
・サービス額率が高い
・取り分け貯蓄がしやすい
・退職後の旅行も、預金への負担が少ない

2.リスク
・解約しても現金には換金できない
・積み立て先が倒産すると、積み立てた旅行資金が戻らないことがある

といったことが、あげられます。


この旅行積立、確実に旅行する予定があるとか、帰省などで定期的に新幹線や飛行機に乗る機会があるといった方に向いています。

主要各社の旅行積立をご紹介します。

【JAL旅行積立(JAL)】

・毎月積立
最低積立額:5,000円〜
積立回数or満期:12〜60回
サービス額率(年利換算):2.5%(〜1年は3%)

・一括積立
最低積立額:50,000円〜
積立回数or満期:12〜60ヵ月
サービス額率(年利換算):*6ヵ月満期コースは6%

【ANA旅行積立プラン(ANA)】

・毎月積立
最低積立額:3,000円〜
積立回数or満期:12〜60回
サービス額率(年利換算):2.25%(〜1年は3%)

・一括積立
最低積立額:50,000円〜
積立回数or満期:12〜60ヵ月
サービス額率(年利換算):*6ヵ月満期コースは5%

【たびたびバンク(JTB)】

・毎月積立
最低積立額:5,000円〜
積立回数or満期:12〜60回
サービス額率(年利換算):1.75%

・一括積立
最低積立額:30,000円〜
積立回数or満期:12〜60ヵ月
サービス額率(年利換算):1.75%

・フリープラン
最低積立額:3,000円
積立回数or満期:自由
サービス額率(年利換算):1.5%(サービス額率は変動制)

【旅したく(近畿日本ツーリスト)】

・毎月積立
最低積立額:3,000円〜
積立回数or満期:6〜36回
サービス額率(年利換算):1.75%(〜11回は1.5%)

・一括積立
最低積立額:18,000円〜
積立回数or満期:6〜36ヵ月
サービス額率(年利換算):2%(〜11回は1.75%)

・ボーナス併用積立
毎月積立分:3,000円〜
積立回数or満期:12〜36回
サービス額率(年利換算):1.75%

ボーナス増額分:10,000円〜
積立回数or満期:2〜6回(ボーナス月は1月と7月)
サービス額率(年利換算):1.75%

【ドリームプラン(日本旅行)】

・毎月積立
最低積立額:3,000円〜
積立回数or満期:6〜60回
サービス額率(年利換算):1.75%(〜11回は1.5%)

・一括積立
最低積立額:50,000円〜
積立回数or満期:6〜60ヵ月
サービス額率(年利換算):2%(〜11回は1.75%)

いかがですか?

このお正月の旅行には間に合いませんが、GWとか夏のレジャーに向けて、あなたも積立を始めてみませんか?


よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック