2020年12月30日

1日1杯飲酒する人は、全く呑まない人に比べ死亡率は27%低いという研究結果があるそうです


グラスにビールを注いでいる画像.jpg

 あなたは、飲酒の習慣がありますか? 私は、350mLの缶ビールを毎日1本飲むのを楽しみにしています。実は、こうした飲酒の習慣がある人は、全く飲まない人に比べて脂肪率が低いという研究結果が発表されたそうです。

 今日はこの情報について、『みんなが信じている健康法のウソ』の著者で、東京慈恵会医科大学教授の浦島充佳医師のお話をもとに、ご紹介したいと思います。

 世の中には様々な健康法が溢れていますが、メディアが「これで長生きできる」と喧伝していても、その中には本当に信じてよいのか疑わしいものもあるのは確かです。浦島先生は、

「本当に信頼に足るのは、『実際にどれだけの人が健康になったか』という事実を積み上げた『統計(疫学)データ』です」

と指摘されています。浦島先生によると、

「集団を対象にして集めたデータを、統計的な手法で分析し『病気になる人』と『病気にならない人』の生活習慣を長期的に比較した研究が近年増えています」

ということで、「死亡リスク」に関係する生活習慣の研究データを調査したところ、これまでの常識とは異なる“長生きの疫学データ”も見えてきたそうです。

 例えば、米ハーバード公衆衛生大学院が65歳以上の成人2692人を16年間追跡調査したところ、

「魚を週2回以上食べる人は、サケやマグロ、イワシなどの青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸の血中濃度が高く、食べない人より死亡率が27%低下して、平均2.2年長生きした。
 オメガ3脂肪酸は心疾患リスクを下げる働きがあるといわれており、この研究でも心疾患を原因とする死亡率に限ると35%も低かった。」

 また、イギリスの研究チームが「飲酒量と死亡率」の関係について男女48万7375人を9年間追跡調査したところ、

「1日1杯飲酒する人が最も死亡率が低く、全く呑まない人に対して27%低かった。」

といったことが見えてきました。これについて浦島先生は、

「1日1杯程度の飲酒は、動脈硬化を抑制する善玉コレステロール値を上げ、血液の循環を改善する効果があります。ただし飲みすぎは肝臓を傷めて全がんのリスクを増すので控えましょう」

と話しておられます。

 いかがですか?

 毎日の少量の飲酒が動脈硬化の改善につながるというのは、うれしいニュースですね。でも飲み過ぎると逆効果ということなので、くれぐれも飲み過ぎにはご注意下さい。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:25| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

あなたの財布の紐の固さ度を診断しませんか?


女性が財布から10ドル札を出そうとしている画像.jpg

 あなたの財布の紐は固い方ですか? それとも緩い方ですか? コロナの影響で収入が不安定になったりすると、必然的に財布の紐を固くせざるを得ない方も多いと思いますが、でも、あまりに行きすぎると人間関係がギスギスしてしまうこともあるかも知れません。

 そこで今日は、法律にも精通する認定心理士の脇田 尚揮さんのお話をもとに、あなたの「財布の紐の固さ」を診断する10の質問とその診断結果をご紹介したいと思います。

◆あなたの「財布の紐の固さ」を診断する10の質問
Q.自分の行動をチェックしてみて、下記に当てはまるものの数を数えてみて下さい。
1.家計簿などお金の出入りをきちんと管理している
2.毎月収入のうちいくらかを必ず貯蓄に回している
3.欲しいものはすぐに買わずにまず考える
4.ローンは組まないように心がけている
5.あまり親しくない人にはやたらと奢らない
6.同じ商品は店同士を見比べてから買うようにしている
7.プレゼントのお返しは同価格帯のものか少し安いものを選ぶ
8.格安スマホに興味がある
9.料理をする際はまとめ買いするようにしている
10.服はバーゲンで買い、コスメはプチプラを心がけている

◆診断結果
 あなたは何個当てはまりましたか? さっそく結果を見てみます。

■A:当てはまった数が0〜2個……財布の紐がゆるゆるすぎない!? もう少し考えて
 あなたは財布の紐が相当緩いタイプかもしれません。人当たりがよく、細かいことは気にしないため、友達もきっと多いでしょう。

 それだけに、交際費や飲み会などの付き合いで散財することが多く、気づいたら給料日前にはスッカラカンになってしまうこともありそうです。

 人付き合いが良いのは素晴らしいことですが、誰とでも付き合っているとお金は逃げていくばかり。付き合う相手を見極めてお金を使うようにしましょう。

■B:当てはまった数が3〜5個……財布の紐はほどよい緩さ。でも浪費には注意
 あなたの財布の紐はほどよい緩み方をしていると言えます。基本的に自分の好きなことにお金をかける方ですが、使いすぎたら「ヤバッ!」と思って軌道修正もできるようです。

 ただ、どうしても欲しいものがあると、ローンを組んででも買いたくなってしまうところが。今、それは本当に必要なのか、もう少し待った方が良いのかを、しっかり考えてから判断すると良いかも知れません。

■C:当てはまった数が6〜7個……財布の紐はほどよい固さ。買い物上手タイプ
 あなたの財布の紐はほどよく固く、いわゆる“買い物上手”タイプと言えます。何でも吟味してからお金を使う習慣があるため、ムダ遣いはほとんどないと言えるでしょう。

 しかも、大切なことや出すべきときには思いきりよく使うため、バランスよくお金と付き合っていけるでしょう。しかし、“お買い得”や“今だけ”というフレーズに弱い部分もあるため、たまに足元をすくわれる場合もあると知っておいて下さい。

■D:当てはまった数が8〜10個……財布の紐ガッチガチ! もう少し緩めてOK
 あなたは財布の紐がとてつもなくガチガチかもしれません。おそらく、あなたの預金通帳の残高はどんどん増えていっているはずです。しかし、それと同時に失っているものもある可能性もあります。

 あまりに倹約がすぎると、人間関係に支障をきたしてしまう場合もあります。倹約とケチは違うものだと認識し、使うべきときには使うように心がけてみて下さい。お金以上の豊かさが、あなたにもたらされるはずです。

◆お金は天下の周りものか否か!?
 良く、“お金は天下の周りもの”と言われますが、あまりそれを意識しすぎるとムダ遣いの方便にもなってしまいます。しかし、逆に財布の紐をキツく結びすぎると、交際や交友関係が広がらず、狭い人間関係で終わってしまうことになりかねません。

 そこで大切なのは、本当に必要なものだけにお金をかける“生き金”としての使い方をマスターし、余計なものにお金をかける“死に金”を止めることです。使いどころの見極めこそが大切だと言えます。

 いかがですか?

 あなたの「財布の紐の固さ」度はどうだったでしょうか。 私はcでしたが、若干緩いところもあるので、これからもお金を“生き金”として使えるよう、努力していきたいと思います。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

ラベル:財布 堅さ度 診断
posted by ケイちゃん at 17:44| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

「思うようにやせない」「体重が減らない」といったダイエット停滞期の方、こんな方法を試してみませんか?


ダイエットしているイメージ画像.jpg

 現在ダイエット中という方、「思うようにやせない」「体重が減らない」といったダイエット停滞期になってませんか?

 今日はそんなダイエット停滞期の切り抜け方について、2017ミスアース群馬代表として全国大会4位受賞し、現在はモデル・MCとして活躍中の成田 美織さんのお話をもとに、ご紹介したいと思います。

◆基礎代謝を上げる
 成田さんによると、

「効率よく体型をコントロールするためには、基礎代謝を上げることがとても大切なんです」

ということで、そのためにまずは、お水を飲むことが大切なのだそうです。

「水分不足が、脂肪燃焼をする代謝の低下につながるのですが、だからといって水をたくさん飲むわけではありません。
水を飲み過ぎると、めまいや低体温といった体調不良を招いてしまうと言われています。効率のよい飲み方として“食事と一緒に水分をしっかりとる”ことを大切にしています。
食前には必ずコップ一杯。そして食事中も水を飲みながら食べます。
人間の体の大半は水分なので、水分が体内に満たされている状態を保つことで、基礎代謝も上がるんです。
のどが渇く前に水を飲むようにしたり、常に水筒などを持ち歩くようにしています」(成田さん)

◆食事の順番を決める
 成田さんは、ご飯を食べるとき、私は“汁もの→野菜”の順番で食べるそうです。こうすることで、血糖値の急激な上昇を抑えて、太りにくい体を作れるということです。

 また、胃の負担も減らすことができるので、みそ汁など温かい汁ものを食べたあとに、サラダなど冷たい野菜を食べて、そのあとにおかずや白米を食べているそうです。

 そしてあとは、よくかんで食べることだそうで、かむ回数が多いことで、満腹中枢を刺激してくれるので、食べ過ぎを抑えることができるそうです

◆運動にもひと工夫
 運動して筋肉がつくことは、脂肪燃焼に効果的ですが、ダイエットをしていると体重が落ちなくなる“停滞期”を経験した人もおられると思います。

 これは体が、いわゆる飢えから身を守るための危機管理機能が体の中で働くからなのだそうで、この状態を脱するためには、ある程度の時間が必要だそうです。

「もっとがんばらなきゃ」と運動量を増やしたり、食事量を減らすようなことをするのはよくありません。

代わりに、いつもの運動に変化をつけることで、この停滞期を短くすることができます。
例えば、毎日朝昼夜に腹筋各10回という運動メニューを組んでいたとします。
これを、朝と昼は5回ずつ、夜だけ20回というように、全体の運動量自体は変えないけれど、行う時間帯と数を変えるようにするのです。

運動量は変わらないけど、違うリズムの刺激を体に与えることで、変化を感じられなかった体の状態が解除しやすくなります(成田さん)

◆心に栄養を!
 成田さんは、一生懸命がんばって成果がでないとストレスがたまりるので、あえて完璧を求めないことが大切だと思っているということです。

「ま、いっか」と開き直ることも、時には大切。この気持ちの余裕が、ザセツをせず、ダイエットのモチベーションを保つ秘訣になります。
また、早く結果を出そうとすると、その負荷が自分に合っていなくてザセツの原因に。自分がムリせずがんばれる程度の負荷を知ることも必要です。

そして、ダイエットは長期戦になることが多いので、たまには好きなものを好きなだけ食べることも大事だと思っています。

思うように結果が出ないときこそ、自分にご褒美を与えるように、“ノーダイエットデー”をつくってあげるようにしているんです。

結果として、諦めることなく前進していれば、それでいいと私は思います(成田さん)

 いかがですか?

 ダイエット停滞期かな?と感じておられる方、成田さんがボディコントロールに行きづまったときにしてされていることを参考にして、上手にダイエット停滞期を乗り切って下さいね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。


posted by ケイちゃん at 18:09| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする