2020年09月05日

ゴキブリは「1匹見つけたら100匹いる」は本当だと思いますか?


ゴキブリに殺虫剤を噴霧している画像.jpg

 暑い時期になると出てくる、黒いテカテカした虫、そうゴキブリが活発に動き出します。私の大嫌いな虫です。そんなゴキブリが、床下や家具の隙間に数百匹もうじゃうじゃいると思うと、ゾッとします。

 ところで、一説によると、「ゴキブリは、1匹見つけたら100匹いる」とも言われていますが、これは本当なのでしょうか?

 今日は、ゴキブリの生態に詳しいアース製薬・マーケティング総合企画本部 ブランドマーケティング部で虫ケア用品のシニアブランドマネージャーを担当されている渡辺優一さんのお話をもとに、その真偽についてご紹介したいと思います。渡辺さんは、以前アース製薬の研究部で虫の生態を学びながら商品開発を担当された経験があるそうです。

◆数十匹〜数百匹いると思って間違いない
 渡辺さんによると、「1匹見つけたら100匹いる」というのは、あくまでも通説であって、科学的に検証したことはなく、誰が言い出したのかも不明だそうです。

 とはいえ渡辺さんの経験上、「家の中で1匹見かけたら、少なくとも数十匹〜数百匹潜んでいると思って間違いない」ということで、これにはゴキブリの生態が関係しているそうです。

◆コロニーを作って生活している
 まず、ゴキブリは基本的に夜行性で、暗くて狭いところを好みます。警戒心が強く、人の気配がすると物陰に潜んで出てこないので、「見かけること自体がレア」ということです。

 特に卵を抱えたメスはより警戒心が強く、めったに暗がりから出てこようとしないので、実際に見るのはほとんどがオスなんだそうです。オスがいればメスもいるわけで、この時点で見かけた数の2倍はいるということがわかります。

 加えて、単独で生息することはなく、コロニーを作って集団生活しているため、1匹でも見つけたということは、家のどこかに隠れて潜んでいる仲間がたくさんいると思っていいということです。

◆繁殖する前の駆除が大事
 そして繁殖力も旺盛で、1匹のメスは1年半ほどの寿命の中で、1回につき22〜28個の卵を15〜20回産卵します。平均するとメス1匹が400匹以上に増えることになります。

 つまり、最初に侵入したのは雌雄一対ずつだったとしても、あっという間に数百匹になってしまうということです。

 特に、暑くなる時期はゴキブリの活動がもっとも活発になる最盛期だそうで、繁殖する前に駆除などの手を打つことができれば、ある程度、発生を抑えられるということです。

 いかがですか?

 1匹のゴキブリを見つけたら、ゴキブリホイホイなどを使って、根気よく退治するしかなさそうですね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 16:30| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

女性を襲う4大不快臭の原因と対策、知ってますか?


脇の下を手でさわっている女性の画像.jpg

 体臭や口臭など、自分のニオイで周りを不快にさせるのが「不快臭」ですが、この不快臭、自分では気づきにくいものなので知らぬ間に周りを不快にさせてしまっていることもあります。

 今日はそんな不快臭の種類、原因と対策について、女性のニオイ対策に詳しい皮膚科医・重麻梨子先生、ニオイのスペシャリスト・五味常明さんのお話をもとに、ご紹介したいと思います。

◆女性の加齢臭は年と共に増加する
 重麻梨子先生によると、女性は40歳を過ぎるとニオイを抑える働きのある女性ホルモンが急激に減少するため、加齢臭が発生すると言われているそうで、さらに男性の加齢臭は年と共に減少するのに対し、女性の場合は増加していくため非常に厄介なものだということです。

 また気をつけたい不快臭は、加齢臭だけではなく、エアコンの使いすぎが原因で発生する「汗臭」や疲労とストレスから発生する「疲労臭」、30代における肌の変化が原因で起きる「ミドル脂臭」などもあり、注意が必要です。その中で「ミドル脂臭」のニオイは加齢臭の2倍とされているそうなので、30代の方も含めて特に注意が必要です。

 そしてこのニオイ対策に有効なのが、「アワアワ手洗い法」です。まず石鹸をよく泡立てて、作った泡をニオイの発生しやすい「耳の後ろ」「脇」「デリケートゾーン」「足」の4カ所にたっぷりと乗せます。あとはその状態で1分ほど置いてシャワーで流すだけです。時間に余裕があるときは5分ほど置くと効果的なので、ニオイが気になる人はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

靴を手で持って鼻をつまんでいる女性の画像.jpg

◆意外と気になる足のニオイは「使用済みカイロ」で撃退
 次に、ニオイに関する悩みで意外に多いのが「足のニオイ」ではないでしょうか。

 五味さんによると、ポイントは角質ケアにあるということです。良く角質ケアでやりがちなゴシゴシ洗いは、逆に角質を厚くしてしまうのでNGだそうで、角質を取り過ぎないように、あくまで優しく洗うのがポイントだそうです。

 さらに五味さんによる第2のポイントとして、「足のムレ」があるそうです。足の細菌は高温・多湿が大好物なので、靴のムレは細菌に繁殖環境を与えるようなものなので、靴を定期的に日干ししたり、毎日靴を履き替えるなどの心がけが大切になるということです。

 そして靴の湿気対策には、「使用済みの使い捨てカイロ」を使用するのがおススメだそうです。これはカイロには活性炭が含まれているので、靴の中に入れておけば除湿や消臭効果が期待できるからです。またカイロの代わりに、お菓子などに入っている乾燥剤を使ってもOKで、乾燥剤を使うときは、ガーゼなどに包んでまとめて入れると効果的だということです。

 いかがですか?

 薄着になる季節はニオイが気になる時期でもあるので、日頃から臭いが気になってるかたは、今日ご紹介した対策を試してみてはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。



posted by ケイちゃん at 17:10| Comment(0) | 口臭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

O型は、他より圧倒的に病気に強いのだそうです


ブラジルの先住民族ボロロ族の画像.jpg

 あなたの血液型は何型ですか? 日本人の血液型の分布は、A型42%、O型23%、B型19%、AB型16%だそうですが、この比率は民族によって違うらしくて、ブラジルの先住民族ボロロ族は全員がO型なんだそうです。

 実は近年、梅毒の感染者数が増加しているそうで、平成29年には44年ぶりに5000人を超え、平成30年は7000人を超えました。昨年令和元年は少し少なくなったものの6639人と高止まりしています。そして男性と女性の割合では令和元年では男性66%、女性34%となっていますが、最近の傾向として若い女性の患者数が増えているのだそうです。

 そしてこの梅毒に限らず「血液型」によって病気にのり患リスクが異なるという、データたがあるのだそうです。今日は、「ウソばっかり! 人間と遺伝子の本当の話」(ワニブックス)の著者で、動物行動学研究家の竹内久美子さんのお話をもとに、O型が他より圧倒的に病気に強い理由について、ご紹介したいと思います。

◆O型は梅毒の末期患者が少ない
 竹内さんによると、

「血液型の発見は1901年で、梅毒の特効薬であるペニシリンは1929年ですが、『人類遺伝学』の著者のひとり、F・フォーゲルは1920年代の梅毒患者のデータを基に『O型は梅毒に強い』という仮説を立てています。O型以外の血液型は、梅毒の末期患者の比率がO型に比べて1.7倍も多かったのです。日本でも久留米医大の王丸勇氏が梅毒の末期患者を調べた調査があります。それによるとA型が全体の42%(日本人の血液型分布はA型38%)で、O型は23%(同31%)、B型は19%(同22%)、AB型は16%(同9%)でした。O型は人数の多さに比べて末期患者が少ないことが分かります」

ということです。

◆「O型」が圧倒的に病気に強い理由
 そして、梅毒に限らず、「O型」は圧倒的に病気に強いそうで、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、コレラといった“胃腸関係”の罹患リスクは高いものの、がんや心臓病、糖尿病などは他の血液型に比べてもかかりにくいことが分かっているということです。竹内さんによると、

「ヒトの血液型とは免疫の型のことです。赤血球などの細胞の表面には“糖鎖”という毛のようなものがびっしりと生えていて、その最末端の違いが血液型の違いになります。たとえば糖鎖の違いによって体内への通過を許す病原体が異なるといった考え方もあります。そういう意味で、なりやすい病気、なりにくい病気があるのでしょう。O型の糖鎖は、A型の糖鎖をつくるための酵素の遺伝子に変異が起きたもので、A型の最末端についている糖鎖がありません。これが、がんなどの病気リスクの高いA型との違いで、有利に働いていると考えられます」
ということです。

 いかがですか?

 O型はおおらかで大ざっぱな性格といわれストレスには無縁のように思われますが、そんな非科学的な性格分析には関係なく、科学的には病気に強いことが証明されているんですね。

 うちは主人がO型、私がA型なのですが、確かに主人はのんびりしていて風邪も引いたことがないくらい、健康です。これも血液型が関係しているのでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

ラベル:O型 病気 強い
posted by ケイちゃん at 16:39| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする