2020年07月13日

熟睡できるシーツの色は何色だと思いますか?


レタスの画像.jpg

 暑くなると寝苦しくてなかなか熟睡できなくなりますが、少しでも熟睡できるように睡眠環境は整えたいものです。エアコンを使ったり、肌触りの良いシーツやタオルケット、夏布団を使うなどです。

 実は、そんな熟睡できるアイテム、環境として、シーツの色も関係しているそうです。そして、レタスが不眠症に効く食材なんだそうです。

 今日は、テレビでももおなじみの森田豊(もりた・ゆたか)先生のお話をもとに、そんな睡眠にまつわるお話をご紹介したいと思います。

◆熟睡できるシーツの色は?
 その答えですが、「青」なんだそうです。

 シーツの色による睡眠時間を計った結果、睡眠時間が一番長かったのは青色だったそうで、青色は、心を落ち着かせる色だということです。次に黄色、緑色という結果が出ています。逆に一番寝にくいのは紫という結果だったそうです。そして意外ですが、白も緊張する色なのでおススメできないそうです。

 なお、病院の白いシーツが白いのは、血液等の汚れをわかりやすいようにするためだそうです。

◆不眠症に効く食材は?
 不眠症に効く食材は「レタス」だそうです。レタスの芯には、眠りを誘うラクチュコピクリンという成分が多く含まれているのだそうで、芯から出てくる白い汁が、ラクチュコピクリンです。

 眠気を誘うためには、メラトニンやセロトニンという睡眠誘導ホルモンが必要なのですが、ラクチュコピクリンは、それと同じ働きを持っているのだそうです。

 日本でも有名なイギリスの絵本「ピーターラビット」に、「レタスを食べ過ぎると催眠薬のように効く……」(「フロプシーのこどもたち」より)とあり、絵本の中のウサギたちは、そのせいで眠り込んでしまったとか。

 また、レタスには、沈痛・沈静作用もあるので、ヨーロッパでは昔から薬として用いられてきたそうです。

 日本では、このレタスの効果はあまり知られていないそうですが、ヨーロッパでは、極度の不眠症で悩んでいた女性に、昼と夜、レタスの葉を3枚食べることをすすめた結果、改善されたという報告もあるということです。

 ただ、一般的な丸いレタスは、残念ながらラクチュコピクリンの量が少ないようで、最も多く含まれているのは、ヨーロッパ種のラクツーカ、ビローサと呼ばれるものだそうですが、日本ではなかなか手に入らないかも知れません。次に多く含まれているのが、サニーレタスやサンチュだそうです。

 いかがですか?

 熟睡するためには青いシーツが良いとか、レタスが不眠症に効くとか初めて知りました。こうした雑学も、頭の隅においておくと何かの時の話のネタになるかも知れませんね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:03| Comment(0) | 睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

脂肪燃焼を助ける一番の方法は、有酸素運動する前にコーヒーを飲むことだそうです


ひなびたコーヒーショップの画像.jpg

 あなたは、コロナ太りになってませんか? 私も、以前からすると体重が10キロ近く増えてしまいました。ダイエットしないといけないのですが、コロナ疲れもあってなかなかやる気がおきないので、困ってます。

 ところで、ダイエットのキーポイントはいかにして脂肪を燃焼させるかということだと思います。ということで今日は、脂肪燃焼を助ける一番の方法について、ご紹介したいと思います。

◆脂肪燃焼を助けるものの正体は?
 いくら運動してもなかなか体重が減らない・体脂肪が落ちない。いくらやってもダイエット効果が出ないという経験、どなたにもあるのではないでしょうか。それなら運動前に「コーヒー」を飲むのが良いそうです。

 コーヒーはダイエットに最適なサポートドリンクだそうで、脂肪の燃焼を加速させ、効率的なダイエットを実践することができるそうです。

◆なぜ「コーヒー」で痩せることができる?

カップに入ったミルクコーヒーの画像.jpg

 コーヒーでダイエットができる理由。それはコーヒーに含まれるポリフェノールやカフェインが関係しているのだそうです。

 コーヒー1杯には、約300mgのポリフェノールが配合されています。これは、ポリフェノールが多いと言われる赤ワインとほぼ同じなのだそうです。ポリフェノールには、胃液の分泌量を増やして、食べ物の消化を助ける役割や、アンチエイジング効果を期待することができます。

 また、コーヒーに含まれるカフェインには「脂肪燃焼・利尿作用・脳の覚醒作用」があり、カフェインを摂取することで、消化酵素リパーゼが活発になり、脂肪細胞を刺激。脂肪を分解し、体外に放出していきます。この働きが「脂肪燃焼」です。利尿作用によってむくみも改善できるため、ダイエットの大敵である脂肪とむくみを一気に解消することができるというわけです。

◆おすすめの飲み方は?
 そして、コーヒーでのダイエット効果・脂肪燃焼効果を高めるために、より効率的な飲み方があるそうで、それをマスターする必要があります。

 まず、コーヒーは「ホット」で飲むのが基本だそうで、アイスコーヒーは、身体を冷やしてしまうので要注意です。夏でもホットでのみ、1日3杯を目安に取り入れていきます。これは、カフェインの過剰摂取は胃や腸に刺激を与えることがあるためで、飲み過ぎには注意が必要です。摂取目安は必ず守ってくださいね。

 また、コーヒー1杯あたりのカロリーは約10キロカロリーです。ブラックで飲む方法が一番低カロリーですが、無理にブラックを飲まなくてもOKだそうです。ミルクや牛乳を加えた方が飲みやすいという人は、お好みで加えてみても構いません。ただし、砂糖はティースプーン1杯あたりプラス20キロカロリーが加わります。砂糖の入れ過ぎはダイエットの妨げになりますので、できればミルク・牛乳・豆乳などで留めておくのが無難です。

 そして脂肪燃焼効果を高めるためのコーヒーを飲むタイミングは、有酸素運動をする10分~15分前がベストだそうです。

 いかがですか?

 コロナの関係で営業自粛していたスポーツジムなども徐々に営業再開しているようですので、あなたも、運動前にコーヒーを飲んでコロナ太りを解消しませんか?

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by ケイちゃん at 20:10| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

1日10分のなわとびで、効率的にダイエットできるそうです


女性が縄跳びしている画像.jpg

 なわとびなんて久しくやっていないという方も多いかもしれませんが、実は短時間行うだけで体脂肪燃焼効果が期待できる、効率の良い運動なんだそうです。

 今日は、なわとびに期待できる効果と正しいやり方、注意するポイントについて、サニーヘルス株式会社の「マイクロダイエット」のHPを参考に、ご紹介したいと思います。

◆なわとびに期待できる効果とは

 なわとびは、体脂肪燃焼効果のある有酸素運動です。以前は、体脂肪を燃焼させたい場合、20分以上の有酸素運動が必要と考えられていたそうですが、現在では、連続10分程度が体脂肪が燃焼されはじめる最低ラインの時間と言われています。つまり、1日たった10分のなわとびをすることで、ダイエットに繋がる効果が期待できるのだそうです。

 また、なわとびはふくらはぎやももなどの筋肉を使うため、下半身の引き締めに繋がるほか、脚からお尻にかけての大きな筋肉が鍛えられて基礎代謝をアップさせることができます。さらに継続的に行うことで心肺機能が向上し、それによって血流や代謝が良くなり、体脂肪が燃焼されやすい体になっていくということです。

◆効果的な時間と回数

 それでは、実際になわとびをするときのポイントをご紹介します。

 基本は、1分間に60回程度を目安として2分間跳び続け、そのあと30秒休憩します。それを3〜5セット繰り返し行って下さい。跳ぶときは、あごを少し引き、目線は正面に向けます。1回に行う時間は10〜20分が適切ですが、無理のないよう、自分の体力に合わせてセット数を決めるようにします。

 初めのうちは1日おきの頻度で大丈夫ですが、慣れてきたら毎日継続して行うことを目標として下さい。

 もし、なわとびができる場所がないとか、苦手だという場合、縄がない状態でなわとびの動きをする「エアなわとび」でも同様の効果が得られるそうです。これなら道具もスペースも必要なく、自宅で行うことも可能です。ただし、マンションやアパートの部屋で行うときは、階下の方の迷惑にならないように気を付けて下さいね。

◆注意点もチェック

 なお、実際になわとびを行う前に、いくつか注意したい点があります。

 まず、なわとびはひざや腰に負荷がかかりやすい運動なので、ケガのないよう、なわとびの前後にはストレッチをするなど、準備運動とクールダウンを必ず行うようにして下さい。そしてなわとびを行う場所としては、固いコンクリートの上よりも、芝生や土の上で行う方が足腰にかかる負担が軽減されます。そうした場所がなければクッション性の高いスニーカーを履くようにして下さい。

 また、女性の場合はバストをスポーツブラである程度固定して行うことをおススメします。そうしないと、バストを支える靭帯が傷つくことがあり、バストラインが崩れたりサイズダウンしたりといったトラブルを招く可能性があるからです。

 いかがですか?

 早速なわとびにトライしてみようかなと思った方、こういった注意点も踏まえながら、自分なりのペースで行ってみて下さいね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:17| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする