2020年05月06日

固定資産税・住民税などの税金支払いにはnanaco×クレジットカード利用がお得だそうです


nanacoカードの画像.jpg

 あなたは、固定資産税、住民税、国民年金、国民健康保険、自動車税、軽自動車税、不動産取得税、所得税などを現金で支払っていませんか?

 実は、クレジットカードと紐づけしたセブンイレブンなどで使える電子マネー「nanacoカード」で支払うと、0.5〜1.2%のクレジットカードポイントがついて、非常にオトクなんだそうです。例えば、総額100万円ほど払う場合は、5000〜1万2000ポイントほどのクレジットカードポイントがつくことになります。

 今日は、そんなお得な情報を、生活コスト削減コンサルタントの生方正さんのお話をもとに、ご紹介したいと思います。

◆nanacoカードとクレジットカードの紐づけでポイントを二重取り
 普段、セブンイレブンなどでnanacoカードを使っている人も多いと思います。100円の商品を購入したときに1%のポイントがつくので、とってもオトクですが、この支払のために、nanacoカードにチャージ(入金)するときに現金で払っていませんか?

 実はこのときnanacoカードに紐づけ(事前登録)したクレジットカードからチャージすることで、nanacoポイントと、クレジットカードそれぞれにポイントが貯まり、ポイントが二重に取れるそうです。

◆クレジットカードのポイント還元率は0.5〜1.2%
 nanacoカードにチャージする場合、現金、クレジットカード、nanacoギフトの3つの方法でできます。このときクレジットカードからチャージすると、利用額に応じてクレジットカードポイントが貯まります。クレジットカードの還元率はカード会社によって異なりますが、0.5〜1.2%となります。クレジットカードによってポイント還元率は違うので、利用頻度と使い勝手の良さを重視して使いやすいカードを選んでください。

 例えば、還元率1.2%のリクルートのクレジットカード「リクルートカード」を使って1万円分をチャージすると、1万円×1.2%でクレジットカードポイントが120ポイント貯まり、この1万円チャージしたnanacoカードで買い物をすると、1万円×1%でnanaco ポイントが100ポイントが貯まります。

 つまり、クレジットカードポイントとnanacoポイントの両方あわせて220円相当のポイントが貯まるということです。

 「1カ月に220ポイントなんて大したことない」と思うかもしれませんが、セブンイレブンを良く利用されている方だと月に1万円程度は利用されていると思いますので、1年間で考えると、nanacoポイント約1000ポイント、クレジットカードポイント約1200ポイント、合計2200ポイントも貯まる計算になります。

 なお、リクルートカードの場合は対象となる電子マネーチャージ利用分については、利用金額の合計月3万円までがポイント加算の対象だそうです。

◆住民税、固定資産税などの税金の支払いで5000〜1万2000円相当のポイントが!?
 クレジットカードからnanacoカードにチャージするときの一番の注目点は、公共料金の支払いができることです。「電気やガス、水道なんかはクレジットカード経由で引き落としをしている」という方も多いかもしれませんが、住民税や固定資産税、自動車税、国民年金、国民健康保険料などは、直接レジで現金支払いしていませんか? ご家庭によっては、総額100万円近く払うこともあるかも知れません。

 税金をレジで現金払いする場合は当然ですが、nanacoカードで払った場合でもポイントは1ポイントもつきません。しかし、クレジットカードからnanacoカードにチャージすることで、クレジットカードポイントは、バッチリつきます。

 例えば仮に総額100万円分をポイント還元率0.5〜1.2%のクレジットカード経由で支払ったとすると、5000〜1万2000円相当のポイントがつくことになります。そう思うと、かなりお得だと思いませんか。

◆貯まったポイントで好きなスイーツや家族との食事も
 セブンイレブンの他にも、イトーヨーカドーをはじめ、デニーズ、マクドナルド、アカチャンホンポ、ミスタードーナツ、ヤマト運輸など、幅広いお店で使うことができるnanacoカードですが、「チャージするときに、紐づけされたクレジットカードを使う」というひと手間を加えるだけで、ポイントが貯まるスピードが加速します。

 そして貯まったポイントを、家族との外食の支払いで使ったり、コンビニで好きなスイーツを買うこともできます。また、貯まったポイントと同額相当の現金を貯金していけば、無理なくお金を貯めることもできます。

 なお、公共料金の支払いがコンビニでできるかどうかは、お住まいの自治体にご確認ください。また、nanacoカードへのクレジットカードチャージは1ヵ月20万円まで。1ヵ月15回/1日3回までとなっています。

 いかがですか?

 nanacoカードとクレジットカードでポイントが二重取りできるなんて、知ってましたか?私も今までは、現金でチャージしていたので、これからはクレジットカードでチャージしようと思います。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:29| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

100万円を何としても貯めるためには、貯め方よりも大事なことがあるそうです


豚の貯金箱の画像.jpg

 コロナウィルスの影響で大変な状況になっていますが、あなたの貯蓄状況はどうなっていますか?十分貯まっているから心配ないという方から、仕事がなくなって取り崩している方、もともと貯蓄はないという方まで、さまざまだと思います。

 でも、一つだけ言えることは、あなたが30歳以上で、いまの貯蓄が100万円もないとしたら、黄色信号だということです。ですから、何としても、貯蓄できる体質を作る必要がありりますが、そのために重要なことは、「貯め方」の技術よりも、「(お金の)使い方」だそうです。

 今日は、医療保険ガイドの八ツ井 慶子さんのお話をもとに、100万円を何としても貯める方法について、ご紹介したいと思います。

◆100万円貯金を目指すときに大事なこと
 家計の要素としては「収入」「支出」「運用」の3つがあるというのは、お分かりだと思います。「収入」があって、そこから「支出」をし、残りが「運用(貯蓄)」となります。家計は一生涯このサイクルを繰り返すのですが、もし収入があるのに貯められていないとしたら、その大きな要因は「支出」に潜んでいると言えます。

 ですから、八ツ井さんによると、100万円の貯蓄もない方が「支出」を見直す前に、リスクをとって増やそうというのはおススメできないということです。どういうことかと言うと、例えば、50万円の資金でリスクをとって年3%で運用できても、リターンは1万5000円しかないので、仮にこれを10年続けられたとしても、17万円ほどのプラスにしかなりません。これで家計が見違えるほど良くならないのは明らかですし、もちろん増える保証もなく、50万円が毀損してしまう可能性もあります。

 だとしたら、月5000円でも浮かせられれば、年6万円の貯蓄になりますし、このペースが10年続けば60万円が貯まることになるので、よっぽど確実で効果的です。

◆100万円を1年で貯めるのであれば、月8万3333円ずつ貯める
 ここで、簡単な計算を行ってみます。100万円を1年で貯めるのであれば、月8万3333円ずつ、3年であれば2万7777円ずつ貯めればいい計算です。

 でも、計算は楽チンですが難しいのは、これを実行することです。なぜかというとそれは、お金を使っちゃうからです。実は、こうしたことをしっかり研究している学問があるそうで、それは「行動経済学」です。

 これは、人間の行動は必ずしも合理的ではなく、過去の経験や感情などが行動パターンに大きく影響することを経済学の側面から研究されている分野だそうで、経済学+心理学と考えると、捉えやすいということです。

 例えば、同じ3万円でも、自分の給与収入であれば大事に使うのに、臨時収入だとパッと散財してしまうといったケースです。行動経済学のイメージ、何となくでも伝わったでしょうか。

 ですから、貯蓄するための第一歩として、まずはご自身の買い物パターンを記録していってみて下さい。とにかく、どんなパターンでお金を使っているのかを知ることがまず大切だということです。

 そのためにはレシートをもらうことから始めます。レジの前にレシートを捨てる箱までご丁寧に用意されていることが良くありますが、八ツ井さんによると、レシートをもらわないのは、家計管理上級者だけに許された行為だそうですよ。

◆レシートから多く使っている費目トップ3を出してみる
 いまのレシートに記載されている、金額以外に日時、場所、商品名等々の情報はすばらしいものがあると思いませんか?これらを振り返って見ることで、自分の消費行動パターンが見えてきます。ひと月レシートを集めたら、集計して最も多く使っている費目トップ3を出して行きます。見直し甲斐があるのはトップ3のはずだからです。

 ただし、このとき「コンビニ」とか「カード利用」という費目はNGです。必ず、何を買ったかで費目を分けて下さい。雑誌なのか、飲料なのか、お菓子なのかです。八ツ井さんによると、月3〜4万円をコンビニで使っていることが分かって、すぐに行動パターンを見直したという方もおられたそうです。

 とは言っても、費目に分けること自体は、それほど重要ではないので、あまり悩まずに、自分の好きなように分けていってもOKだそうです。つまり、ルールは自分で作って構わないということです。これは、それよりも大事なのことは、「何(費目)」を買ったのか、ではなく、「なぜ」買ったのか、だからです。

 トップ3が分かったら、買ってよかったものに〇、買わなければよかったと後悔するものに×をつけてみます。〇のパターン、×のパターンに自分の消費クセが見えてくるはずです。このようにして、なぜ後悔したのか、同じことを繰り返さないためには、どういった具体的な対策が自分に必要なのか、ノートに書き留めながらまとめると、頭の中が整理されやすくなります。そして、こうしたことを日記として続けて行くことで、家計改善につながって行くはずです。家計簿をつけるのは面倒という方でも、この日記なら比較的続けやすいのではないでしょうか。

 いかがですか?

 貯蓄がないから何とかしなくちゃと思っている方、「明日から始めよう」と思わずに、今すぐ“レシート取り”から始めて下さい。始めるのが遅くなれば、その分100万円も遠ざかることになるのですから。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 16:47| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

初対面や人前で「緊張する人」と「緊張しない人」の違いは何だと思いますか?


名刺を交換している画像.jpg

 あなたは緊張しやすい人ですか?

 新しい職場や仕事での初めての挨拶、あるいは会社の朝礼やクライアントへのプレゼンなどの大勢の人の前で話す時など、いつもの自分でいられなくて緊張する人は多いものです。そしてこの緊張は、意識すればするほど、余計に悪化して冷静でいられなくなるのがとてもやっかいなものですが、その一方で、そんな平常心を失う場面でも素の自分のままでコミュニケーションできる「緊張知らずの人」がいるのも事実です。

 そこで今日は、広告代理店勤務時代に3,000人以上のVIPと交流し、緊張しない人の秘密を研究している気配りのプロフェッショナル・後田良輔さんのお話をもとに、「初対面や人前で『緊張する人』と『緊張しない人』の違い」について、ご紹介したいと思います。

◆緊張する人は「自分好き」、緊張しない人は「他人好き」である
 3000人のVIPと交流してきて後田さんが気づいたことがあるそうで、それは「視点の違い」です。後田さんによると、

 緊張しやすい人は、「失敗したくない」「相手に良い印象を与えたい」「面白い人と思われたい」などと思う特徴を持っているそうです。ひと言でいうと、「自分好き」で他人に良く思われたいということです。

 一方、緊張しない人は「あなたのことが知りたい」「この人と仲良くしたい」「ありのままの自分を伝えたい」と考える傾向を持っているそうです。こちらは「他人好き」と言えます。

 つまり緊張する人は視点が「自分」になっていることに対して、緊張しない人の視点は「相手」になっているということです。

 でも良く考えてみると、他人はあなたが思うほど、あなたのことを正しく見てくれているわけではないので、自分を良く見せようという行為には無駄が多いということです。

 幻冬舎社長の見城徹氏・サイバーエージェント社長の藤田晋氏のベストセラーに「人は自分が期待するほど、自分を見てくれていないが、がっかりするほど見ていなくはない」というタイトルの本があるそうですが、後田さんによると、このタイトルのような温度感が人間関係の現実だそうです。

 つまり自分好きで、必要以上に自分を良く見せようとする行為は自意識過剰であり、百害あって一利なしの、無意味に緊張を引き寄せる悪い習慣だったということです。

 それよりも後田さんのおすすめは、本のタイトルにあったように「がっかりするほど見ていなくはない」に注力してみることです。これは、相手はあなたにそんなに興味はないものの、「あなたが自分のことを好きか」だけには注目していると考えるということです。

 ですからこれからは、他人好きの目線を持ち、「あなたのことが好きで気になります」ということをアピールしてみることです。後田さんによると、「そこに注意を払えばいいと気づくことで緊張することがなくなった」と、3000人のVIP達は口をそろえて言っているそうです。「自分好き」より「他人好き」、これが緊張しらずの人の秘密だったのですね。

 では次に、そんな緊張しらずの人が行っている「他人好き」を見える化する具体的な行為について、ご紹介します。

◆「緊張しています」と口に出す
 嘘は他人を遠ざけますが、本音のひと言は相手を惹きつけるのだそうです。あなたと話すのが何だか緊張すると口に出すだけで、「緊張ってことは、自分は大切な人物だからうまく話したい・仲良くなりたいと思ってくれているのかな?」と相手は思うものだそうです。つまり、自己紹介をうまくプレゼンすることよりも、「緊張しています」とひと言本音を漏らす方が、効果的に相手と仲良くなれるということです。

◆上の歯を見せる
 笑顔は人を惹きつけると言いますが、人によって笑顔の定義は異なるものなので、自分では笑顔のつもりの強面な人が、あなたのまわりにもいるのではないでしょうか。ですから、初対面の際は、誰が見ても必ず笑顔に見えるように微笑むようにして下さい。そしてこの微笑みは「歯」の見せ方で演出できるそうです。具体的には上の歯を6本、相手に見せるように笑うだけで印象が良くなるということです。たったこれだけで他人目線の笑顔を自動的に作ることができます。

◆相手の名前を出して会話する
 名前は究極のアイデンティティで、世界で唯一無二の存在である証です。そんな重要な名前に会話で触れないのはもったいないということです。初対面であれば、何かの会話の頭に「〇〇さんは…」などと、会話の頭に相手の名前をつけて話したり、プレゼンなどの人前でも「〇〇さんはどう思われますか?」などというのも効果的だそうです。会話全体の中で3回は相手の名前を呼びことで、相手は自分のことを大切にしてくれていると感じるようになるそうです。

◆問いかける
 初対面であれば「ご出身はどちらですか?」とか、プレゼン前であれば「お疲れではないですか?」など、相手のことを知りたいと思う質問は、他人を引き寄せるそうです。謙虚に問いかける姿勢は、人間関係における投資と言えるそうで、「あなたのことが知りたい。だからあなたのことに耳を傾けます」という態度を取れば「私のパーソナルなことを教えてあげる」という信頼を獲得することができるかも知れないということです。逆に、自分のことをペラペラと話しても良いことは無いそうで、それよりも問いかけを積極的に行い、相手との関係を好転させる工夫を仕掛けるようにした方が良いそうです。

◆具体的に褒める
 褒めるのも「相手のことが好き」と伝える有効な手段だそうです。ただ同じ褒め方でも、「おしゃれですね」「若々しいですね」のように曖昧に褒めるのは、「嘘くさい」「誰にでも同じことを言っている」と思われ、敬遠される原因となるそうです。ですから褒める際は、具体的に褒めることが重要だそうです。

 例えばこんな感じです。「素敵なネクタイですね」ではなく「ネクタイの水玉が素敵ですね」。「素敵な髪型ですね」ではなく「前髪が自然で素敵ですね」などと具体的に褒めるということです。抽象的な褒め言葉は嘘くさいと思われる可能性がありますが、具体的な褒め言葉は相手にもストレートに伝わるはずです。

 いかがですか?

 緊張は「目線の違い」に原因があるということなので、人前で緊張しやすい方は、「自分好き」を捨て「相手好き」になってみてはどうでしょうか。たったこれだけのことで、緊張する場面がぐんと少なくなるはずですし、会話する際のちょっとした意識の違いで、あなたに対しての相手の印象が180度変わるそうなので、これを使わない手はないですね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

ラベル:初対面 緊張 違い
posted by ケイちゃん at 17:47| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする