2019年12月13日

甘い物がやめられない人でも成功する「3stepダイエット」はいかがですか?


ドーナツを見ている画像.jpg

 ダイエットが続かない理由としてよく挙げられるのが、「甘い物がやめられない」というものですが、しかし、そもそも好きな物を食べるのをやめること自体がストレスになので、ダイエットを継続させるのが難しくなってしまいます。

 そこで今日は、管理栄養士の岡田明子さんのお話をもとに、甘い物がやめられない方におススメの「甘い物断ちダイエット」のコツをご紹介したいと思います。

◆甘い物が好きな方の典型的な食事の内容
 まず、「甘い物がやめられない」という人によく見られる、食事の典型例は次のようなものではないでしょうか。

朝食…菓子パン、ヨーグルト、カフェラテ
間食…チョコレート
昼食…クリームパスタ、サラダ、炭酸飲料
間食…ロールケーキ、ココア
夕食…ご飯、ビーフシチュー、サラダ
間食…アイスクリーム、スナック菓子

 このように甘い物がやめられない人は、食事と食事の間や食後の甘い物が習慣になっていて、さらに食事は脂質、糖質に偏ったメニューが多い傾向にあるようです。

 このように、甘い物を食べるという行動はもはや「習慣」になっているので、これを一気にやめてしまうとストレスとなり、逆にドカ食いに走ることにもなりかねません。また、間食が多い方は食事量が少なかったり、栄養不足になったりしている傾向もあるそうです。つまり、1日3食の食事が満足いくものでないために、間食の量が多くなってしまうということです。

 ですから、まずは3食の食事内容を見直し、栄養を補うために間食を取るという思考になれば、自ずと甘い物を食べる数と量は減っていくと思われます。

 では、食事と間食はどのように見直していけばいいのでしょうか。食事と間食、それぞれの改善法を紹介していきます。

◆食事は脂質の多い洋食から「和食」中心にして、 間食は3つのステップで減らす

(1)1日3食の食事
 肉や油物の多い料理や、丼ぶり、パスタ、カレーライスなどの炭水化物中心の単品メニューの場合は、サラダやお浸し、汁物などの野菜、きのこ、海藻類が取れる副菜を2品プラスして栄養バランスを整えていきます。

 また、洋食メニューはどうしても脂質が多くなるので、和食中心の食事に切り替えるのもおススメです。
 例)ご飯、ビーフシチュー、サラダ → ご飯、焼き魚、お浸し、味噌汁

(2)間食
 3食の食事が整ってくると満足感につながり、自ずと間食は減ってくるはずです。食後に甘い物を食べる習慣がついてしまっている方は、以下の3つのステップで徐々に減らしていって下さい。

<甘い物を減らす3つのステップ>

【ステップ1】…回数を減らす

【ステップ2】…栄養の取れるおやつにする

 例)果物…ビタミン、食物繊維
   ヨーグルト…乳酸菌、カルシウム
   さつまいも…食物繊維
   ナッツ…ビタミンE、マグネシウム など

【ステップ3】…どうしても欲しいと思う時だけにする

◆間食は「時間」「量」「内容」のすべてを見直そう!
 夕方以降の間食は脂肪として蓄積されやすいので、16時以降の間食は控えるのがベストです。そして、間食は1日に100kcalを目安に、ただ甘い物ではなく栄養の取れるものを選ぶようにして下さい。

 最近では小袋になっている菓子類も多いので、栄養成分表示を見て1袋に含まれるエネルギーをチェックして下さい。

<100kcalの目安>
スナック菓子…1/5袋
せんべい…2枚
クッキー…2枚
チョコレート…3粒

 どうしても少しの量では我慢できない!という方は、逆に週に2日ほど食べる日を決めて、200〜300kcalを目安に楽しむという方法もあります。

<お菓子のカロリーの目安>
ショートケーキ1個…320kcal
シュークリーム…280kcal
大福…330kcal
どら焼き…250kcal
チョコレートアイスクリーム…270kcal

 また、お菓子をみるとつい食べてくなってしまう可能性が高いので、用事がないのにコンビニやお店に寄らない、お菓子の買い置きをしないことも大切です。そして、ついつい食べ過ぎてしまう方は、食べる時間を決めてお皿に食べる分だけを出して食べるのもおススメです。テレビを見ながら、スマホを触りながらなどの「ながら食べ」は食べ過ぎを招くので、集中しておやつの時間をじっくり楽しむことも満足感につながると思います。

◆ストレスから甘い物に走り1年でプラス10キロになった42歳女性が、ダイエットを成功させた秘訣
 ここで、今日ご紹介した方法によって甘い物を断ち、実際にダイエットに成功した42歳の女性の事例を紹介します。

 主婦のMさん(42歳)は、イライラやストレスが溜まると、甘い物が欲しくなり、食べることで日々のストレスを解消していました。そして、この生活を1年間続けたところ、なんと体重が10kgも増えてしまったそうです。

 まず、現状を把握するためにMさん取り組んだのが、「食事記録」を書くことです。食事記録を見てみると、甘い物を食べるために1日3食の食事の量を減らしており、栄養が偏ってしまっていることがわかりました。
 そして、おやつはいつもテレビを見ながらの「ながら食い」だったため、自分でどれだけの量を食べているのか把握できていませんでした。

 そこで、間食は甘い物を食べる時間ではなく、不足している栄養素を補う時間であることを意識してもらったそうです。さらに、1日の間食の目安やしっかり食事を取る重要性などを理解してもらったということです。そんな意識付けを1週間続けたところ、自然と買い物をする際に栄養成分表示を意識するようになったそうです。

 Mさんによると、「甘い物を完全にやめるのではなく、選び方や1日の目安量、食べる時間などを変えるだけだったので、ストレスなく続けられた」ということです。

 実際、1ヵ月後には体重が2kg減り、1日3回だった間食も1回までに減らすことができたそうで、現在も1年前の体重に戻るのを目標に、甘い物も楽しみながらダイエットを続けている最中だそうです。

◆まずは甘い物を断つ「行動目標」を1つでも実践
 最後に、甘い物をやめたいけれど、なかなかやめられないという方は、まずは以下の行動目標の中から取り組めそうなことを1つ選んで、実践してみてはいかがでしょうか。

・甘い物は週に〇回にする
・夕方16時以降は甘い物を食べない
・1日100kcalまでにする
・買い置きをしない
・ながら食べをしない

 いかがですか?

 甘い物は心を癒してくれものでもありますが、やはり食べ過ぎは体重や体脂肪の増加につながります。しっかりと行動目標を立てながら、徐々に頻度や量を減らして、ダイエットにつなげていって下さいね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:38| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

「歯を黄色くする食べ物」には、カレー以外にどんな食べ物があると思いますか?


白い歯の画像.jpg

 あなたの歯、白さをキープできてますか? 歯は人の印象を左右するパーツでもあるので、できれば白く美しくキープしたいものです。でも日頃の食事などによって、徐々に黄色くなっていってしまうのもまた事実です。といって、歯医者にしょっちゅうホワイトニングに通うのもまたお金がかかってしまいます。

 そこで今日は、コスモポリタン イギリス版が、現役歯科医のルーク・ソアリー先生に聞いた歯を特に黄ばみやすくする食べ物について、ご紹介したいと思います。これらに注意していけば、より長く美しい歯をキープできるかも知れません?

1.レモン汁
 先生によると、「ホットレモンウォーターは究極の健康法!と考える人も多いでしょう。しかし、実はレモンやライムなどのシトラス系の果物は酸性度が非常に高く、歯のエナメル質を溶かしてしまう恐れがあるのです」ということです。それによって、歯の表面下の黄色い組織が露出し、歯を黄色く見せてしまうそうです。

2.赤ワイン
 先生によると、「赤ワインに含まれるタンニンが歯に色をつけてしまいます。ワインはあの口の中が渇くような飲み口に加え、液体が歯に絡まりやすいため、色素沈着をさらに促してしまうのです」とのことです。

3.ビーツ
 先生によると、「ビーツを調理する時、手やまな板に色がついてしまうのと同様に、白い歯もその強力な赤色に染めてしまいます」ということです。

4.バルサミコ酢
 サラダなどにかけて使う人も多いバルサミコ酢ですが、先生によると、「バルサミコ酢の絡みやすい質感ゆえに、歯にまとわりついて色をつけてしまうことも多いのです」とのことです。

5.コーヒー
 "朝のコーヒーは欠かせない"という人も多いと思いますが、真っ白な歯を夢見る人は、コーヒーかその夢の、どちらかを手放さないといけないかも知れません。
 先生によると、「歯の表面にあるエナメル質は、食べものを捉えやすいように凸凹になっています。従ってコーヒーのように、色が濃いものを食べたり飲んだりすればするほど、目に見える黄ばみを引き起こしてしまうのです。また、コーヒーは酸性で、基本的に酸性の食べ物は口内の健康へのダメージも大きいです」ということです。

6.紅茶
 紅茶は、実はコーヒーよりも要注意なのだそうで、先生によると、「紅茶はコーヒーよりもひどいステイン(着色汚れ)の要因になりますが、これもまた歯にまとわりつくタンニンが原因です。もちろん、紅茶の色が濃ければ濃いほど、色が染みつく可能性も高くなります」とのことです。紅茶好きには残念な情報ですね。

7.カレー
 先生によると、「カレーに含まれるあの美味しい黄色いスパイスは、その強い色素ゆえに、残念ながら歯にとっては手厳しい相手です。従ってカレーは、歯のためにもあまり頻繁には食べないようにして、特別な時のお楽しみにしておくのがいいかもしれません」とのことです。

8.チェリー
 先生によると、「果汁はどれも、ある程度は歯に色がつきます。しかし中でも、チェリーやその他ベリー系の色素の強い果物は特に注意が必要です。加えて、果汁はひときわ糖分を多く含むため、口内のバクテリアを増殖させ、歯の変色以外のダメージも促進してしまう可能性があります」とのことです。

9.トマトソース
 先生によると、「トマトは明るい赤色である上に酸味が強いため、トマトソースやケチャップなどは歯の着色汚れやエナメル質の破壊を促してしまう場合があります」とのことです。

10.醤油
 醤油は日本人にとっては欠かせない調味料ですが、白い歯を目指す上ではおすすめできないのだそうです。
 先生によると、「食後だいぶ時間をおいても落ちないその濃い色素ゆえに、歯科医師たちの間では"歯の最大の敵"とも呼ばれています」とのことです。日本人にとっては、残念な情報ですね。

 いかがですか?

 どれもこれも美味しいものばかりで悩むところですが、日頃から歯の黄ばみが気になるという人は、食事のときの参考にしてみてはいかがでしょうか。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。
posted by ケイちゃん at 18:25| Comment(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

お金持ちが「宝くじ」を絶対に買わない4つの理由、何だと思いますか?


宝くじの画像.jpg

 今年もあとひと月、年末の恒例行事といえば紅白歌合戦や年末ジャンボ宝くじですね。

 ところであなたは、宝くじを買いますか? 私は、毎年年末のジャンボだけは買っています。買っても当たって3000円なので、夢を見るのが目的です。

 でも話に聞くと、高所得の人は宝くじは買わないそうで、興味もないそうです。これにはやはり何かしら理由がありそうですね。

 今日は、お金持ちが「宝くじ」を絶対に買わない4つの理由について、ご紹介したいと思います。

◆そもそも当選確率が低いからお金のムダ
 ジャンボ宝くじの当選確率は1000万分の1。これについて面白い比喩があります。それは、「東京ドームの収容人数を4万5000人だとすると、東京ドーム約222個にひしめき合う人の中から1人が選ばれるのと同じ確率」というものです。

 これでは確かに気が遠くなりますね。交通事故に遭う確率より低いので、買ってもほとんどがムダになることがわかります。「そもそも買わないと当たらないだろう」とも言われますが、買っても当たらないとしたら、300円の商品をわざわざ3000円払って買うわけですから(ジャンボの場合)、ちょっと滑稽な行為とも言えるかも知れません。

◆胴元が確実に儲かるシステムになっていて割にあわない
 宝くじの配当率は47%と、他のギャンブルと比較すると、還元率が非常に低く、買った人はなかなか儲かりにくいシステムと言えます。これに比べたら、FXはテラ銭が1ドルあたり0.4銭程度だそうなので、同じくギャンブル性が高いと言われるFXのほうが、よほど健全だと言えます。使いみちはともかく、これほど買い手に不利な商品を買う合理的な理由がない、ということです。では、そのテラ銭はどこに行くかというと、基本的には地方自治体が潤う構造になっています。

 もちろん、地方自治体は地元のためにお金を使うため、社会貢献をしたいという人向けの寄附行為とも言えそうです。その他にも、特殊法人と言われる日本宝くじ協会、自治総合センター、宝くじ事務協議会などにもお金が落ちますが、天下り法人の可能性もあります。だとすると、宝くじを買うことで、他人の給料や退職金のために貢いでいる、と言えなくもありません。

◆時間のムダ
 時間を投下するとは、人生の一部をそこに投下する行為であり、ひとつの投資とも言えます。では、宝くじの発売をチェックする時間、買いにいく時間、並ぶ時間、ロトやナンバーズなどで数字を選ぶ時間を考えたとき、いったいどういう投資的意義があるでしょうか。

 おそらく、富裕層(引退した悠々自適の富裕層ではなく、現役のアクティブ富裕層)は、自分ではコントロールできないものに時間を使うのがもったいない、と感じます。そんなことをする時間があれば、やればやっただけリターンが見込める、ビジネスのことを考えたほうが良いと考えるは自然なことです。

◆自分の努力や才覚に依存しない夢を見る必要がない
 宝くじを買う行為を指して「夢を買うものだから、ゲームみたいなもの。当選確率とかはどうでもいい」と言われることもあります。しかしこれは、そんなことでしか夢を見る方法がないという、典型的なお金を稼げない人の発想のような印象を受けます。夢とは本来、自らの努力と才覚で叶えるものであって、棚からぼた餅を待つという行為ではないはずで、それは夢というより「夢想」や「妄想」の類いと言えます。

 おそらく、「普段は満たされない自尊心」「やり場のない不満」「自分の力で切り開くという努力は面倒くさい」「儲かる方法を具体的に考えるのも面倒くさい」という潜在的な逃げと受け身の発想が、「楽して儲けたい」「一発逆転したい」、そんな夢を見たいという欲望を起こさせるのかも知れません。

 仮にそうだとしたら、富裕層が宝くじに興味がないことが腑に落ちるのではないでしょうか。彼らは、自らの行動が未来を作ることを本能的に悟っているので、「お金持ちになる夢を見るヒマがあるなら、お金持ちになるための具体的な行動を起こせばいい。それは運を天に任せる宝くじなどではなく、仕事や起業や投資など、自らの知恵と努力と行動でつかみとることだ」という発想である、と言うはずです。

 いかがですか?

 誰が何を買おうとそれは本人の自由なので、他人にとやかく言われる筋合いはありませんが、「自分はいったい何を信念にしているかが、日々の消費行動に現れる」ひとつの例ではあるので、宝くじを買うことの意義を今一度考えてみるのも、良いかも知れませんね。

 ちなみに主人は、「買わないと当たらないけど買っても当たらないから、僕は買わない」と言って、買うことはありません。男の人と女の人では、思考回路が違うのかも知れませんね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 16:59| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする