2019年04月23日

加齢で始まる目のトラブルは、老眼だけではないそうです


目のトラブルの画像.jpg

 歳を取ってくると、老眼になってきて本やスマホを見る時に、とても不便をしています。でも、歳を取って出てくる目のトラブルは、老眼だけではないそうです。

 今日は、東京慈恵会医科大学 眼科学講座教授 中野 匡先生、村井形成外科クリニック院長 村井繁廣先生、慶応義塾大学医学部眼科学教室 特任准教授 小島隆司先生のお話をもとに、加齢で始まる目のトラブルについて、ご紹介したいと思います。正しい知識を身につけて、早め早めに対処することが重要だそうですよ。

◆眼精疲労がひどく、目がいつもショボショボしている。
→ドライアイかも知れません

●ドライアイ
 IT時代の現代病とも言える病気で、とにかく目の乾きがつらい病気です。

【どうして起きる?】
・加齢により涙の分泌量が低下
・ホルモンバランスの変化で、涙の油分が減少
・長時間のパソコン、スマホ操作
・コンタクトレンズの装用

【乾きすぎると角膜に傷がつき、視力低下や眼精疲労の原因に】
 目を潤す作用のある分泌液をひとくくりに「涙」と呼びますが、涙は、役割の異なる3つの成分からなっています。角膜に近いのが粘膜状のムチン層で、角膜に潤いを与えるとともに、まばたき時の潤滑作用も担っています。水層は潤いの基礎となる部分で、その蒸発を抑えるのが、表面を覆う油層です。涙は、三位一体となって機能しており、いずれが欠けても目に不快感を覚えます。

●他に、こんな症状も気になるのですが、ドライアイと関係ある? 
【症状1】
目のまわりまでかゆくなってしまう

 ドライアイはあくまで角膜が乾燥する症状なので、目のまわりにおよぶかゆみはアレルギー併発の可能性が高いと思われます。ドライアイ用の点眼をしても解消しない場合は、花粉やハウスダストなどのアレルギー症状を疑って、眼科医に相談して下さい。

【症状2】
涙がたくさん出て、常に涙目状態です

 年とともに涙もろくなって……、なんて話とは別に、涙が止まらないという人もいますが、目に違和感のないまま涙の量だけが極端に増えるということはないので、考えられる原因は、涙の排出不全です。涙点の詰まりや鼻涙管の狭窄(きょうさく)の可能性あるので、眼科医に相談して下さい。

●どんな治療法がある?
・進化した点眼薬で対処
→涙の成分に近いだけでなく、眼球から水分を補う機能をもつ点眼薬が開発されているそうです。

・重症の場合は、涙点にシリコンプラグを挿入
→涙の量を増やすことはできないので、排出量を抑えるために涙点にプラグを入れる治療もあるそうです。極小のシリコン製で違和感はないそうですよ。

おでこのしわの画像.jpg

◆最近、おでこにしわができるようになった気がする。
→眼瞼下垂かも知れません

●眼瞼下垂(がんけんかすい)
 視野が狭くなるだけでなく、頭痛、肩こりの原因にも。

【どうして起きる?】
・加齢によるまぶたの皮膚のたるみ
・加齢による挙筋(きょきん)腱膜のゆるみ
・目をこするくせがある
・コンタクトレンズの長期装用

【重度下垂の原因は、まぶたの内側の腱膜のたるみ】
 加齢によって、外皮だけでなく、「抗重力」 の役目を果たす体の内側の筋肉や腱もたるむのは、まぶたも同じです。重い眼瞼下垂は、まぶたをコントロールする眼瞼挙筋につながる挙筋腱膜が張りを失って、まぶたを支えられなくなることで生じます。日本人は欧米人に比べてまぶたの脂肪が多く、ゆるみが出やすい傾向にあるそうです。

●どんな治療法がある?
・保険適用の手術が一般的
→前述した挙筋腱膜前転法の手術のように、非常に皮膚が薄く組織が細かい部分に執刀するため、誰でもできる手術ではなく、熟練が必要だそうです。目安としては手術回数の多い病院、形成外科学会専門医のいるクリニックなどで相談して下さい。

緑内障の画像.jpg

◆人が突然現れたように感じることが増えた。
→緑内障かも知れません

●緑内障
 ひそかに進行する病気で、日本の失明原因第1位の怖い病気です。

【どうして起きる?】
 房水の排出口が詰まることで起きる眼圧上昇などの理由で、視神経が損傷します。

●どんな治療法がある?
・点眼薬で進行を遅らせる
→残念ながら、一度傷ついた視神経を治すなどして、緑内障の症状を回復させる治療法は今のところ見つかっていないそうです。房水の産生を抑えたり、房水の排出を促す点眼薬の処方が一般的で、点眼薬は自己判断で中断せず、治療を続けることが重要だそうです。

・レーザー治療や手術治療
→緑内障のレーザー治療や手術には、房水の排出経路を確保する方法と、房水の産生量を減らす方法の2種類があります。日帰りでできるものと、入院が必要なものがあり、いずれも保険適用です。

 いかがですか?

 こわい目の病気、今日ご紹介したような症状があったら、早めに眼科を受診して下さいね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。


posted by ケイちゃん at 17:44| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

早食いを続けるうちに肥満になるそうです


早食いの画像.jpg

 あなたの食事にかける時間はどれくらいでしょうか? 何をどれだけ食べるかは健康管理において大切なことですが、実は、「食べるはやさ」も健康に大きな影響を及ぼすことが分かったそうです。

 今日は、食べるはやさが健康に与える影響について、ご紹介したいと思います。

◆大学生の肥満と食べ方の関係を3年追跡
 これまでにも肥満と早食いとの関係については、様々な研究報告がありましたが、ここでご紹介する報告は、これまでの一時的な観察ではなく、「同一の対象者を3年間追跡調査し(縦断研究) 、早食いを続けるうちに肥満になることを世界で初めて確認した。」というものです。

 縦断研究は、これまでなされてきた一時的な観察(横断研究)よりも質の高いものとされ、早食いと肥満の関係についてより強く裏付けたといえるそうです。

 この研究発表をしたのは、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科予防歯科学分野の研究グループと同大保健管理センターの共同研究グループで、ここでの結果では、早食いの者は早食いではない者よりも4.4倍肥満になりやすく、男性は女性よりも2.8倍肥満になりやすいことが分かったそうです。

◆油物や、満腹になるまで食べるより、早食いの方が肥満に影響?
 興味深い点は、この関係は、他の生活習慣(「油っこいものを好んで食べること」や「満腹まで食べること」など)よりも強い、ということだそうです。つまり「何をどれくらい食べるか」も大切ではありますが、それ以上に早く食べる方が肥満に影響するということです。

 日本人の場合、年齢とともに基礎代謝も低下し、肥満になりやすい傾向があります。肥満から高血圧や糖尿病などの生活習慣病などにもつながります。早食いは習慣ですから、若いうちからその習慣を改善することで、年をとってからの生活習慣病を予防する上でも役にたつと言えます。

◆早食いを自覚する人は、「噛む」ことを意識
 同大学のプレスリリースでは、早食いを自覚する者は、そうでない者よりも一口当たりの量が多く、噛む回数が少ない傾向がある、ということです。

 ということは、この逆をすればゆっくり食べることにつながります。つまり、一口にたくさん詰め込まず、そしてよく噛むことです。

 口腔ケアや肥満治療の分野では、一口20〜30回咀嚼することが推奨されていますが、しかし一口にできるだけ量をつめこまずに30回噛むのというのはなかなか難しいものだと思われます。

 実は、『「ゆっくりとよく噛んで食べること」は肥満予防につながるか?』という研究レビューで、次のような記述があるそうです。

「一口30回咀嚼」の研究終了後も、この習慣を継続している割合は少なかったものの、半数が「一口20回咀嚼」を実践し、健康に対する意識が好転したことが確認されている。

 つまり、早食いの習慣に自覚がある人は、30回と高いハードルを設けて継続できなくなるよりもまずは「噛む」ことをいつもより多く意識することから始めるのが良いということです。私の経験からも。20回程度なら割にクリアしやすく継続もしやすいのではないでしょうか。

 そして、良く噛むためには、カレーや肉じゃがなどの柔らかい煮込み料理でも、ジャガイモやにんじんなどの具はわざと大きめにしたり、少し歯ごたえが残る程度に加熱する、こんにゃくなど弾力のある食品や乾物などの歯ごたえのある食品を利用する、また白米に玄米や発芽玄米雑穀などを混ぜたりする、といった工夫をすると良いと思います。

 またこうした食習慣は、大人の問題だけでなく、こどものうちから身につけておくことが大切で、肥満だけでなくあごの発育や口腔ケアにも関わってきます。

 いかがですか?

 「よく噛む」ことは、お金はかかりませんし、誰でも今からすぐにできることです。早く食べる傾向があるかなと思ったら、今日から「よく噛む」ことを意識してみてはどうでしょうか?

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。


posted by ケイちゃん at 17:43| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

オートマ車のバック時に完全停止する前に「R」から「D」や「P」に変えると、エンストしてしまう可能性があるそうです


ATセレクターの画像.jpg

 あなたは車を運転されますか?普通自動車や軽自動車だと、よほどのマニアの方でない限り、AT(オートマチック)車だと思います。でもこのAT車、セレクターの切り替え方によっては、大規模なメカトラブルが発生する可能性があるそうです。

 今日はAT車のセレクターを切り替える時についやりがちなNG行為について、ご紹介したいと思います。

 車を運転する中で、いろいろとやってはいけない操作がありますが、クルマがバックしている途中で、RレンジからDレンジにシフトするのも、そのひとつです。

 基本的にATやCVT、AMTやDCTのセレクトレバーは電気スイッチなので、実際にはコンピュータが判断してシフト動作を実行することになります。

 まだクルマがバックしている状態であれば、たとえDレンジにシフトしたとしても、通常であればDレンジになるとは考えにくいです。

 トランスミッションのリバースギヤというのは、トランスミッションの最終段階でギヤを一軸増やすことで、回転方向を反転させます。このギヤはMTのような構造が一般的で、ショックを吸収する部分はなく、直結しています。

 もしクルマがバックしている時にDレンジに入ってしまうと、タイヤからの回転力は、トランスミッションとエンジンを逆方向に回す力になります。とくにエンジンは逆回転すると不都合なことがたくさん起きます。おそらく、その前に制御が入ってエンジンコンピュータが自らエンストさせてしまう可能性が高いそうです。

 すべてがしっかりと機能してくれれば、Dレンジには入りませんが、何かの不具合があったり、偶然条件が揃ってしまって、Dレンジに入った時には、大規模なメカトラブルが発生する可能性があるというわけです。ですから、もしエンストしてしまうと、ブレーキの倍力装置やパワステの機能を失うことになりますから、急な坂道だったりすると、結構大変なことになる可能性が高くなり、最終的にはガードレールや塀などにクルマを擦りつけて停める、くらいの覚悟が必要となります。

 Rレンジでバックさせた時はフットブレーキを使って完全停止しさせてから、Dレンジにシフトするように気をつけて下さい。また、これはPレンジにシフトする時も同じように、完全停止させないとロック機構が破損してしまいます。

 いかがですか?

 ついやりがちな行為ですが、間違った操作、やってはいけない操作は絶対にやらないように、注意して下さいね。

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。


posted by ケイちゃん at 17:43| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする