2019年01月31日

「朝の30秒正座」を行うと、腰痛が治り、O脚や胃腸の不調改善、ダイエットにもなるそうです

 世の中には、腰痛で悩まされて得ている方も多いと思いますが、あなたは大丈夫ですか?

 老若男女に関わらず悩まされている腰痛ですが、「マッサージを受けたり腹筋をつけたり、いろいろやっているものの効果なし」という人も多いかも知れません。

 でも腰痛の本当の原因を知らずに、間違った処置を続けていては、治るものも治りません。

 ということで今日は、聖和整骨院院長で、『「朝30秒の正座」で腰痛が治る』(ダイヤモンド社)の著書がある金聖一先生のお話をもとに、この間違った腰痛認識と、腰痛の本当の原因、対策法について、ご紹介したいと思います。

◆湿布を貼っても腰痛は治らない!

 腰痛に悩まされている人は、根本治療ではなく対症療法をとりがちで、その代表が、湿布を貼ることです。湿布は、痛みの元となっている筋肉の炎症は鎮めてくれますが、腰痛の根本原因にアプローチするものではありません。ですから時間がたって薬効が切れれば、また痛みが出てきます。すると多くの人は新しく湿布を貼り替え、切れてはまた貼り替え……を繰り返します。その結果、皮膚がかぶれてしまう人も少なくないそうです。

 実は慢性的な痛みは、冷やすより温めるほうが有効なんだそうです。ならば温湿布を貼ればいいのでは? と思うかもしれませんが、市販の温湿布のほとんどは「温感湿布」なので、温かいと感じるだけで、本当に患部を温めているわけではないのだそうです。

 そして、対症療法で根本原因を放置していると、かえって腰痛が悪化してしまうこともあるので、湿布の貼り過ぎには注意が必要だということです。

◆マッサージで腰痛は治る?

 腰のマッサージを受けると、一時的に痛みが和らぐこともありますが、でもこれも、こわばっている筋肉を揉みほぐしたことで「気持ちいい」と感じているだけで、湿布と同様、根本治療ではないそうです。

 とは言いながら、マッサージは一時的な気持ち良さを味わえるので、繰り返し受けている人も多いのではないでしょうか。しかしこれは結構危険なのだそうです。

 というのは、痛みを発生している筋肉に、集中的に強い刺激を与えることで、かえって筋肉のこわばりが強くなり、痛みが増してしまうことも多いからです。ですから、筋肉がこわばってしまう原因を取り除かない限り、腰痛が治ることはないのです。

◆それなら病院へ行けば腰痛も治る?

 腰痛の根本治療となると、病院に行って西洋医学の治療を受けよう、と考える方も多いと思います。腰痛で訪れる病院の科といえば整形外科ですが、そこで主に診るのは、骨に異常があるかないか。レントゲンを撮ってとくに異常が見当たらなければ、「腰痛症」という診断が下り、結局は対症療法として湿布と痛み止めが処方されるだけです。

 さらに病院では、痛みが改善しない場合、根本治療として手術を提案されます。これも受けて完治するのなら良いのですが、実際には痛みが残ったままだったり、「足のしびれが強くなった」などとかえって悪化したりする方もいるそうです。また女性は筋肉が少なく骨も弱いため、残念ながら、手術を受けても腰痛が再発しやすいのが実情だそうです。

◆運動で腰痛改善」は危険!

 では腰痛を根本から治すには、どうしたらいいのでしょうか?
 
 良く「腰痛は運動不足が原因」という話を聞いたことがあるかも知れません。確かに、腹筋や背筋を鍛えることは、腰痛を和らげるためには大切なことだそうですが、でも多くの人は、なかなか左右均等に鍛えられないため、運動をしてもかえって腰痛を悪化させてしまうことが多いのだそうです。

 これは、人の体にはクセというものがあって、誰しも左右どちらかに傾きながら動かしているもので、左右均等に動かしているように思える腹筋や背筋運動でも、実際は多少の偏りがあるのだそうです。そのため、やりすぎると偏ったまま筋肉がついてしまい、かえって背骨や骨盤に負担がかかるようになってしまうということです。

 ですから、ゴルフやテニスといった、左右に偏りのあるスポーツは尚さらで、腰痛を治すために始めた運動で反対に腰痛を悪化させてしまい、本末転倒になってしまいます。

◆そもそも腰痛はなぜ起こる?

腰痛画像-腰痛の三大要因.jpg

 腰痛というと、腰のどこかに悪い部分があり、それによって痛みが引き起こされている、と思いがちですが、でも実際は、腰以外の違うところに痛みの原因がある場合が多いのだそうで、その三大要因が、次の3つになります。

1 背骨のゆがみ
 理想的な背骨はS字カーブを描いています。が、姿勢の悪さなどからこのカーブが崩れると、体の重みを上手く分散できなくなり、背骨周辺の筋肉に負担がかかって腰痛を引き起こしてしまうのです。

2 足の使い方
 足は手と違って、「効き足」と「軸足」があります。座って足を組んだとき、上に重ねたほうが「効き足」で、下になったほうが「軸足」。効き足と軸足の使い方に差があると、全身にゆがみが生じ、腰痛を発症します。

3 血流の悪さ
 血流が悪くなると関節が硬くなり、体の可動域が狭くなってしまいます。すると姿勢も悪くなって、それが腰痛へつながっていきます。

 つまり、意外かもしれませんが、腰痛の原因は腰からは離れた部分に潜んでいることが多いものだと言えます。そして実は、この3つを一気に解決してくれる方法があるそうで、それが、「朝30秒正座」です。

◆「朝30秒正座」のやり方

 この「朝30秒正座」のやり方は、次のとおりです。

●両足の親指の間を1センチほどあけて。

腰痛画像ー朝の30秒正座1.jpg

1. 左右のひざをくっつけてひざ立ちになります。このとき、左右のかかとをくっつけ、両足の親指の間は1センチほどあけることがポイントです。

●左右のかかとが離れないようにして。

腰痛画像ー朝の30秒正座2.jpg

2. 1の状態から、お尻のくぼみにかかとをはめ込むように、ゆっくりお尻をおろし正座をします。このとき、左右のかかとが離れないように注意。左右の足に均等に体重を載せるよう意識しながら、この状態を30秒キープします。

●そのままゆっくりと立ち上がって。

腰痛画像ー朝の30秒正座3.jpg

3. お尻を持ち上げて1の状態に戻したら、片足を立ててゆっくりと立ち上がります。

◆正座が苦手な人はどうすればいい?

 正座をすると膝が痛い、といった人は、お風呂タイム中に、湯船の中でおこなってくださいということです。そのやり方ですが、

 「お湯の量は、浴槽内で正座したときにおへその少し上にくるくらいまで入れます。 この状態で正座をおこなえば、お湯の浮力によって膝への負担が減りますので、足首 や膝の痛さも軽減できるはず。湯船の中での正座に慣れたら、様子を見ながら、床や マットの上でおこなうようにしていくといいでしょう。」

ということです。

◆なぜ正座で腰痛が改善するのか!?

 正座することで腰痛が改善する理由ですが、金先生によると、

「正座をすると骨盤の位置が安定しますから、骨盤から伸びる背骨も正しいS字カーブを作れるようになります。また、正座は両足に同じ力の圧をかけるので、左右不均等になっている足首やひざの筋肉、関節の状態を均等に戻してくれるのです。さらに普段は圧があまりかからないふくらはぎにバランスよく圧がかかるため、血流が促されます。血流が良くなると全身の筋肉が柔らかくなりますから、背骨がしっかり支えられるようになり腰痛が改善される。

ということです。

◆大切なのは長さよりも毎日続けること

 それならもっと長い時間正座をおこなえば、より効果があるのでは!? と思う方がいらっしゃるかも知れませんが、金先生によると、腰痛改善には30秒で十分なのだそうです。その理由ですが、次のとおりです。

「運動時の血液は約30秒で体を一周しているのですが、正座をしたときも、ふくらはぎに圧がかかることで血液は約30秒で体を巡るようになるのです。つまり、30秒で充分に血流はアップしているということです。」

 そして金先生によると、長さよりも大事なのは、毎日続けることだそうで、わずか30秒でも毎日続ければ、脳がそれを記憶し、「この姿勢を維持しなさい」と筋肉に指令を送るようになります。そうすると、朝の30秒だけでなく普段の生活においても、自然と正しい姿勢が取れるようになるということです。つまり朝30秒の正座は、腰痛が起こりにくい体のクセをつけるという目的もあります。

◆「朝30秒の正座」を行うタイミングは朝がベスト

 起きているとき、心臓は脳に血液を送るためしっかりポンプを働かせています。反対に寝ているときというのは、体を横にしていますから、心臓がそこまで頑張らなくても脳へ送る血液量を一定に保てます。また寝ているときは筋肉は動いていませんから、起きているときほど毛細血管にも多くの血液量は流れなくなっています。そのため、起きて間もない朝は、筋肉がこわばっていて血流も不足ぎみで、そこから少しずつ体を動かしているうちに、筋肉が目覚めて血流も良くなっていき、脳にも血液が運ばれるようになるのだそうです。ですから、低血圧の人というのは、この心臓から脳に血液を送り出す力 が弱い、ということです。

 正座はふくらはぎに圧をかけることで血流を良くするものです。ですから朝におこなうと、休んでいた下半身の血流が促され脳にもしっかり血液が運ばれるようになり、目覚めが良くなるということです。反対に夜におこなうと、かえって目が冴えて寝つけなくなってしまうこともあるので、避けたほうがいいそうです。

◆O脚や胃腸の不調改善にも効果アリ

 また、両足のかかとをくっつける正座は、足の内側全体の筋肉を鍛えてくれます。すると座っていても足が開きにくくなるだけでなく、O脚改善も期待できるというkとです。O脚で歩き続けていると体にゆがみが生じ、腰痛が起きやすくなるだけでなく、ひざも傷めてしまう危険があります。もしO脚に悩んでいるおられたら、立ち姿が綺麗になるだけでなく、腰痛やひざ痛の防止のためにもなるので、是非この正座を始めてみてください。

 そして、正座を続けて姿勢が良くなると、胃腸の働きも改善されます。猫背は内蔵、とくに胃腸を圧迫して消化機能を妨げてしまう、という問題があるので、どうも胃腸が弱い……と悩まされている人にも、30秒正座はオススメです。さらに、姿勢が良くなると内蔵の働きが正常化し代謝機能が高まるので、太りにくくなるというダイエット効果もあります。

 いかがですか? 毎朝30秒、この正座をおこなうことで、腰の痛みは大きく和らぐはずだそうなので、腰痛持ちの方は、ぜひ続けてみて下さい。

 また、腰痛改善だけでなく、様々な美容・健康効果も期待できるので、腰痛持ちでない方にも、「朝の30秒正座」はおススメです。ぜひ試してみて下さい。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

ラベル:腰痛 30秒 正座
posted by ケイちゃん at 17:30| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

お金をかけずに体を温める方法、知りたくないですか?

 1年で最も寒さが厳しい時期で、特に冷え性の方には辛い時期です。今日は、そんな方のために役に立つかも知れない、お金をかけずに体を温める方法についてご紹介したいと思います。

◆シルクの靴下と古い靴下を活用して「頭寒足熱」

寒さ対策ー体を温めるなら足から.jpg
シルクの靴下と古い靴下を活用して「頭寒足熱」

 「頭寒足熱」とは、「ずかんそくねつ」と読み、「頭は冷やして足は温めておくと体にいい」という意味です。

 「頭を氷枕で冷やして、足は熱いお湯につけろ」という極端な意味ではなく、「上半身と下半身の温度差を小さくするといい」という意味になります。

 下半身の中でも、とくに冷えやすい箇所は足ではないでしょうか。ふとんに入っても、足が冷たいと眠ることができません。

 「頭寒足熱」を実践するときにも、一番温めると効果的な箇所は「足」です。「足」を温めるためには「こたつ」が一番便利で快適かもしれませんが、しかし、最近は住宅事情から、こたつをリビングに置いている人は少なくなっています。

 また、こたつで足を温めても、こたつから出てしまえばあっという間に足は冷えてしまいます。そこでご紹介するのは、最近注目されている「頭寒足熱」が靴下を使った方法です。

 以前、モコモコとした厚手のスリッパのような靴下がはやったことがありましたが、それらの多くは化繊で作られていたため「足に汗をかいてしまい、汗が足を冷やす」という悪循環になっていました。

 ご紹介する靴下を使った頭寒足熱方法は、シルクの靴下を肌に直接はくため、汗で冷えることはありません。しかも、靴下は自宅で洗うことができるため、衛生面でも優れています。

●靴下を4枚使った頭寒足熱のやり方

 靴下を使った頭寒足熱のやり方は、「肌に近い方から『シルクの靴下、綿または毛の靴下、シルクの靴下、丈夫な素材の靴下』を重ねて履くだけ」です。

 シルクの靴下は、薄手のため一枚で履くと破れやすくコスパが悪いのですが、重ねて履くことで長持ちします。特に、最後に履く「丈夫な素材の靴下」は、できるだけ古いものを選ぶといいと思います。

 この「丈夫な素材の靴下」の役割は、中に履いている繊細な素材の靴下を守ることなので、履き古して破れかかっている靴下の最後の活躍の場にふさわしいのではないでしょうか。

 そして「頭寒足熱」を上手に行うコツは、足をしめつけないことです。

 血の循環が悪くならないように、旦那さんやお父さんの大きな靴下を借りてもいいと思います。

◆入浴剤を使わずにお風呂で温まる

寒さ対策ーみかんの皮.jpg
入浴剤を使わずにお風呂で温まる

 寒い季節のお風呂には入浴剤が欠かせませんが、しかし入浴剤は意外と値段が高く、少しでも生活費を切り詰めたい主婦の中では、優先順位が低くなりがちです。

 そんなときには「家にあるもの」を入浴剤に使ってみれ下さい。例えば、寒い時期に家にあるものの代表が「みかん」です。

 みかんの皮には毛細血管を広げる成分が含まれています。みかんの皮をそのまま浴槽に入れてもいいのですが、1週間程度干してから使うと「陳皮」という漢方薬に使われるものになり、一層効果的です。

 また、ほうれん草のゆで汁をお風呂に入れても保温効果があると言われています。ただ、ほうれん草のゆで汁は色とにおいも強いため、気になるようであれば足湯に使った方がいいかも知れません。

 みかんもほうれん草もなければ、塩を入浴剤代わりにすることもできます。塩には発汗作用があるため、湯冷めせずに体を温めることができます。

 また、ホームセンターなどで売っている「木酢液」をキャップ2〜3杯入れる方法もあります。木酢液というのは、炭を作る時に出てくる茶色の液体のことです。

 冷え性の人は、外から温めようと頑張りますが、血流がよくなると体はぽかぽかと温かくなります。

 寒い日に買い物に出かけて帰ってくると、手が温まっていることはないでしょうか。外に出て歩いたり、体を動かしたりしたことによって血流がよくなり、体全体が温まったために起こることです。

◆胃痛や冷え性のツボを押す

寒さ対策ー中泉.jpg
胃痛や冷え性のツボ

 お風呂に入るだけでも血流はよくなりますが、湯船につかりながら手首の甲側中央にある小さな凹みをツボ押ししてみて下さい。「中泉」と呼ばれるツボで、胃痛や冷え性のツボとされています。

◆いつもの「ふとん」で温かく眠る! 押し入れに眠っている「毛布」の活用法
 
 寒い夜は、冷たいふとんに入ることが苦痛です。最近は羽毛の掛けふとんが主流ですが、羽毛の掛けふとんの内側に毛布を合せている人もいます。

 しかし、羽毛の掛けふとんが温かい理由は「羽毛自体」が温かいのではなく、羽毛と羽毛との間にはさまれた「空気」が温かいのです。そのため、羽毛の掛けふとんは、できるだけ肌に近い部分で使い、体温で空気を温めるようにします。

 そして「家にあるけど使わないもの」の代表が「毛布」です。毛布は、さまざまな「お返し物」に選ばれるものなので、自分では一枚も買っていないのに、気がつくと毛布に押入れが占領されていることがあります。

 寒い冬は、この押し入れに眠っている毛布を活用します。もしも、毛布を羽毛の掛けふとんと合せて使うならば、毛布は羽毛の掛けふとんの「上」に使うようにして下さい。

 もし、掛けふとんが羽毛ではないならば、毛布は掛けふとんの「下」に使います。また、毛布にはたくさんの素材がありますが、用途によって素材を上手に選ぶといいと思います。

 毛布の中でも一番安価で手入れが簡単な素材はアクリル毛布ですが、アクリル毛布はダニやほこりの心配が少ない反面、吸汗性がないため汗をかいてしまうと朝方に寒く感じることがあります。

 ですから、アクリル毛布は肌に直接触れないように使う工夫をして下さい。

 そして、毛布の用途は「掛ける」と思われがちですが。実は「敷く」方が温かいこともあります。寒くて眠れないようならば、敷ふとんの上に毛布を敷いてみるといいかも知れません。

 いかがですか?

 まだ使っていないという方法があれば、是非試してみて下さいね。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

ラベル:冷え性 温める
posted by ケイちゃん at 18:15| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

あなたがやっているその食べ方健康法、間違ってませんか? 卵かけご飯も注意が必要だそうですあなたがやっているその食べ方健康法、間違ってませんか? 卵かけご飯も注意が必要だそうです

 世の中にはいろんな健康法がありますが、その中の一つに「食べ方健康法」があります。食べ方健康法というのは、例えば花粉症の季節に、免疫機能を上げるために、ビタミンやポリフェノールなどを含む野菜や果物を食べるようにするといったもので、薬に頼りたくない人には定番の対策です。

 しかし、この食べ方健康法には落とし穴があるそうです。今日は、『体を悪くする やってはいけない食べ方』の著書がある管理栄養士の望月理恵子さんのお話をもとに、間違いだらけの食べ方健康法について、ご紹介したいと思います。

 先ほどの花粉症の食べ方健康法ですが、望月さんによると、

「スギ花粉症を引き起こすアレルゲンとトマトアレルギーを引き起こす原因物質は構造が似ています。そのため、スギ花粉症の人がトマトを食べてアレルギーが出たり、イネ花粉症の人がトマト、スイカ、メロンに、シラカバ花粉症の人がりんご、桃などに反応してしまうことがあります。食べれば食べるほど、アレルゲンが体内に蓄積されるので花粉症の症状がさらに悪化するケースもあります」

ということです。良いだろうとやっていることが、逆効果になる可能性があるということでうすね。

◆「1日の摂取カロリーを計算」すると太る?

 自分の1日の合計摂取カロリーを計算し、食べ過ぎないよう調整する健康法も広く知られています。望月さんによると、

「夜の飲み会でたくさん食べるから“昼食抜き”、という人が大変多いです」ということですが、その“カロリー調整”は、間違った対処法だということです。それは望月さんによると、

「ひどい空腹状態で食べたものは吸収がよくなります。血糖値は急上昇し、インスリンが大量に分泌されて、血糖値が急降下します。そうなると身体が“エネルギーが足りない”と勘違いをして、食欲がとまらなくなってしまうのです」

ということだからです。

◆「卵は完全栄養食」か?

 また、健康食として卵が見直されています。ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれ、「消化のよい良質なたんぱく質」として、高齢者の栄養源としても推奨されていますが、ただし、定番メニューの「卵かけごはん」のような“食べ方”は注意が必要だそうです。

望月さんによると、

「生卵の場合、白身に含まれるアビジンというたんぱく質が、ビタミンB群の一種であるビオチンの吸収を妨げます。ビオチンは欠乏すると倦怠感が出たり、白髪や薄毛など毛髪トラブルにつながることもある。アビジンは熱を加えると変化し影響が少なくなるので、温泉卵やゆで卵のほうが安心です」

ということです。

 いかがですか?

 続けやすい「食べ方健康法」だからこそ、間違った知識で続けてしまった時のダメージは大きくなると言えます。どうせ取り組むなら、正しい方法を確認してから取り組んで下さいね。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:10| Comment(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする