2018年12月12日

ダイエットに挫折する方には、スイッチが入っていなくてもできる「ゆるダイエット」がおススメです

 今年も残すところあとわずかですが、ダイエットに挑戦された方結果はどうだったでしょうか。 成功したよという方、失敗したという方、様々だと思います。気合を入れて、「さあダイエットしよう」と意気込んでみても、続けるうちに挫折してしまったという方もおられるかも知れません。

 そこで今日はそういう方のために、ビューティーフードアドバイザーの高木沙織さんのお話をもとに、ダイエットのスイッチが入っていなくてもできる、いわゆる「ゆるダイエット」のコツをご紹介したいと思います。

◆こんにゃくを使った食品をストック

こんやくの画像.jpg

 こんにゃくと言ったらそのほとんどが水分で、カロリーはほぼありません。その他の主成分は“グルコマンナン”という水溶性食物繊維で、このグルコマンナンは水分を含むと粘性が増して腸内をゆっくり進み、時間をかけて食べたものの消化をおこなうため、食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれると言われています。その結果、インスリンの大量分泌が抑えられ、体に脂肪を蓄えにくくなるというダイエットの味方です。

 そんなこんにゃくですが、最近ではこんにゃくで作った麵などの食品も販売されています。こうしたこんにゃくを使った食品は、ちょっと小腹が空いたときや忙しいとき、疲れているときなどに簡単に調理できるので、ダイエットにも嬉しい食品としてストックしておくと重宝します。

◆冷たいスムージーよりも温かいスープ

 野菜や果物などをミキサーにかけるだけで簡単に作れるスムージーは、「ダイエット向き」だと言われていますが、寒い冬には注意が必要です。

 というのは、冷たいスムージーは、内臓を冷やしてしまうからです。内臓が冷えると内臓機能の低下が起こったり、血行不良が起こったり、代謝が低下したりすると言われています。

 逆におススメなのが、体を温めてくれる温かいスープです。同じ汁物でも温かい物をチョイスすることで、冷えや代謝の低下を防ぐことができます。

◆食事スペースを寒色に

 色と食欲には関係があると言われていて、青や緑、紫といった寒色系の色は気持ちを静め、食欲を減退させる、赤や黄色、オレンジといった暖色系の色は気分を高揚させ、食欲を増進させるそうです。

 そこで食べ過ぎを防ぎたいときは、食器・ランチマットの色などを寒色系にしてみると良いのではないかと思います。

その他には、同じ食べるなら柔らかいものより硬いものを食べることです。咀嚼によって満腹感を得やすいうえに、フェイスラインの引き締めにも期待できます。また、野菜は大きくカットし、歯ごたえを残す程度に火をとおしてあげるのがおススメです。

 そして、間食をするならナッツや煮干し、スルメイカなど噛めば噛むほど味が出てくるものを選んでみて下さい。

 いかがですか?

 「ダイエットスイッチが入らない」という方でも、これなら無理なく始められるのではないでしょうか? ぜひ参考にしてみて下さい。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:20| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

手先が冷たい・肩コリがひどい人は、手を温めるだけで血行促進&症状改善が期待できるそうです

 冷え性の方にとって、辛い季節がやってきます。でも、その冷えを少しでも改善するだけで血行が促進され、むくみやだるさ、 肌トラブルなど様々な不調も改善するそうです。

 今日は、医学博士・漢方専門医の渡邉賀子先生、睡眠コンサルタントの友野なおさんのお話をもとに、手を徹底的に温める方法を3つご紹介したいと思います。

◆温め美容で人生が変わる!

 渡邉先生によると、

「冷えとは、血液の流れと代謝が悪くなっている状態。熱は肝臓や筋肉などで作られて、血液によって全身へ。そのため血液の流れが悪いと、隅々まで熱を運べず、冷えに直結するのです」

ということです。血液には酸素や栄養素を全身の細胞に運び、老廃物を回収する働きもありますが、そのため血流がよくなると新陳代謝が活発になり髪はツヤツヤ、肌も整うのだそうです。

 また基礎代謝も高くなり、やせ体質になるそうですし、腸を温めると免疫細胞が正常に働くので、 免疫力もアップします。さらに気分の落ち込みなどの精神的な不調を軽減する効果もあるということです。

 そして友野さんも、「手先が冷えて辛かったのですが、今はポカポカ。眠りが深くなり、体調も整いました」と、温めの効果を実感されています。

◆手を温めると手肩コリ、首コリがラクに

 渡邉先生によると、

「一度冷えると温まりにくいので、 外出時は家を出る前に手袋を。末端の手指を温めると、肩周りの血行もアップ。肩コリや首コリの改善につながります。」

ということです。そこで、効果的に温める方法をパーツ別にご紹介します。

◇手専用の温めグッズ

 足先同様、 心臓から遠い手指は、 冷えを感じやすいパーツなので、とにかく冷えを感じる前に、専用アイテムで冷え対策をする必要があります。

 おすすめのアイテムとしては、

■プロ並みの極上ハンドケアを体感。ヒーター機能でじんわり温まる。ブレオ モンデール ハンドリフレiP630 ¥19000/ヴァルテックス 
■締めつけ感がなく、優しく温めてくれる手首用ウォーマー。湯冷め知らずさんのポイントウォーマー ¥980/西川リビング

などがあるそうです。

◇ハンドマッサージで乾燥も防ぐ

 渡邉先生によると、

「指先を動かすことで、 血流が増えます。血行を促進する働きがあるビタミンE配合のクリームがおすすめです」

ということです。

 おすすめアイテムとしては、

■セラミド機能成分が、 肌の角層の深部まで浸透。キュレル ハンドクリーム(医薬部外品) 50g ¥1000(参考価格)/花王

があります。ハンドマッサージのやり方は次のとおりです。

指先のマッサージ.jpg

1 手の甲にスライド
クリームを両手で包み、温める。手の甲にスライドさせて全体に伸ばす。

2 指1本1本に塗る
指を握って、引っ張るように1本1本塗り込む。爪周りは念入りに。

3 指の間も念入りに
両手を組んで、 指の間にもクリームをよくなじませる。ひと手間が大事!

4 ツボ押しで刺激
仕上げに、凝りやすい親指と人差し指の間を親指でプッシュする。


◇手浴でかじかんだ指をほぐす

 渡邉先生によると、

「手首には動脈が通っているため、手首までしっかりとお湯に浸けると、温め効果がアップします」

ということで、手浴にやり方は次のとおりです。

■40〜42℃の熱めのお湯を洗面器に入れて、10分程度手をつける。

 いかがですか?

 冷え性の方、今年の冬は手指の冷え対策で少しでも不調を和らげてはいかがでしょうか?


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:13| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

日本人のためのがん予防「5つの習慣」は、何だと思いますか?

 私たち日本人にとって今最も心配なのは、「がんにならないだろうか?」ということではないでしょうか。でもそのがんは、生活習慣を見直すことで遠ざけることができるそうです。

 ということで今日は、がん発症のリスク要因となる生活習慣と、5つの視点からみたがんを予防する方法について、ご紹介したいと思います。

◆五つの生活習慣に起因するがん死亡者数と生活習慣改善によるリスクの減少

 まず、下の図を見て下さい。五つの生活習慣に起因するがん死亡者数が示してありますが、見て分かる通り一番の危険因子は喫煙です。そして、生活習慣の改善により改善可能な死亡者数が、がんによる死亡者数全体の38%も占めているということです。

5つの生活習慣に起因するがん死亡者数.jpg

 そして5つの生活習慣を改善するとリスクは下の図のように、明らかに低下することが分かります。個々の改善ポイントについて、ご紹介してゆきます。

5つの生活習慣改善によるリスク低下.jpg

●予防1 身体を動かす量
 日常生活を活動的に過ごす習慣が大事です。身体活動の単位を「メッツ」と呼びますが、1メッツは座る、2メッツは立つ、3メッツは普通に歩く強さに相当します。厚生労働省は、買い物や部屋の掃除、子どもの世話など、3メッツ以上の強度の身体活動を毎日60分で週に23メッツ、ウォーキングなど息が弾み軽く汗をかく程度の3メッツ以上の強度の運動を週に60分行うことを推奨しています。

●予防2 理想的なBMI値
 BMI値が30以上の肥満体形は、がん死亡リスクが30%ほど高いことがわかっているそうですが、日本人ではそこまでの高肥満者は男女とも数%と、そう多くはありません。逆に日本人の場合は、やせすぎている人こそ注意が必要だそうです。中高年時点におけるBMI値が、男性では21〜26.9でがんのリスクが低く、女性では21〜24.9で死亡リスクが低いからです。

●予防3 非喫煙
 たばこは、あらゆるがんの最大のリスクファクターだということは、明らかです。ですから、たばこを吸っている人は禁煙し、吸っていない人も受動喫煙もできるだけ避けることです。夫が喫煙者だった場合の妻の肺がんリスクは、約1.3倍だそうです。

●予防4 節酒
 健康的に長生きし、がんにかかったりしないためには、飲酒量を日本酒換算で1日1合まで(ビールなら大瓶1本、ウィスキーはダブル1杯、ワインはグラス2杯に相当)、1週間で7合までに収めることです。この範囲内であれば、休肝日のあるなしはがん予防に差はないということです。ただし、毎日飲むなら1日1合程度で、2合以上飲む日があるなら休肝日を設ける必要があり、毎日3合以上の過剰飲酒はハイリスクです。

●予防5 食生活を見直す
 偏りなくバランスよく食べることです。野菜や果物は、1日350〜400gを目標に取り、塩分や塩蔵食品はほどほどにします。食塩摂取の目安は、1日あたり男性で8g未満、女性で7g未満なので、たらこ、塩鮭、塩辛、練りウニなど高塩分食品は週1回程度に抑えて下さい。

 いかがですか?

 がんの予防のためにも、生活習慣の見直しが大切ですね。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。


posted by ケイちゃん at 17:57| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする