2018年11月24日

お医者さんががんになったら、どんな治療法を選択すると思いますか?

 私たちが生きてゆく上で一番かかりたくない病気と言えば、それはがんだと言うのは異論のないことだと思います。

 そのがんを診察、治療してもらうのがお医者さんですが、そのお医者さん自身ががんになったらどうしたいと思っているのでしょうか?

 ということで今日は、お医者さんががんになったらどんな治療法を選択するのか、ある雑誌の情報を元に、お医者さんの本音をご紹介したいと思います。

◆自分が4期のがんと診断されたら、どんな治療法を選択しますか?

 がんは進行具合によって1〜4期に分類されますが、自分が最も進行している4期のがんになったら、現役のお医者さんたちはどんな治療法を選択するのかを、20代から60代までのがんの診療経験のある現役医師553人にアンケートで聞いたそうです。

がんの治療法の選択Q2.jpg

 その結果ですが、手術、化学療法(抗がん剤)、放射線治療、放射線と化学療法の併用 等々、治療法は多岐に渡りますが、お医者さんたちに選んでもらったところ、トップに来たのは意外にも心身の苦痛を和らげる緩和ケアだったということです。

 膵臓(すいぞう)がんの場合、その割合は56%にのぼっていて、その理由は次の通りです。

「効く薬がないから」「痛いのはいや」「治療がしんどい」「現時点で有効な治療手段がない」「治る見込みがないなら、好きに過ごしたい」

 化学療法(抗がん剤)を選んだ人は16%で、その理由はこうです。

「一度やってみて、副作用と効果を見たい」「劇的に効くこともある」「新薬開発が著しいから」「一応試して、そのあと緩和ケア」

 放射線と化学療法の併用を選んだ人は15%で、その理由は、

「最善は尽くす」「可能性は低いが、生存できるかもしれない」「できるだけ長生きしたい」「標準治療はやるつもり」

 そして、手術はわずか8%でしかなく、その理由は、

「ダメもとで」「取れるものは取る」「根治したい」「子どもがいるので」「闘ってみたい」──。

となっています。

◆特にかかりたくないがんは?

 また、お医者さんたちに、特にかかりたくないがんを尋ねたところ、3期・4期では膵臓がんを筆頭に、肺がん、食道がん、咽頭(いんとう)がん・喉頭(こうとう)がん、脳腫瘍などが続いたということです。

70BA7911-8671-4808-A686-2CF15A2872BA.jpeg

 医師専用コミュニティーサイト「MedPeer(メドピア)」代表の石見陽医師は、「医師も当然どのがんにもかかりたくないと思いますよ」と前置きしたうえで、こう分析されています。

「予後が悪い、治療が難しい、痛みなど症状の負担が大きい、罹患(りかん)や治療の過程で機能の損失や見た目の問題があるなど、ADL(日常生活動作)やQOL(生活の質)を損なうと言われるがんが上位に来た印象です」

 また、膵臓がんは、早期発見が難しく、予後が悪いという声が極めて多かったそうで、「見つかったときには治療が大きく制限されていて、絶望感が強い」(産婦人科・30代・男性)と、心的ダメージへの言及も見られた。肺がんでは呼吸困難、食道がんや咽頭がん・喉頭がんには、食事や発声ができなくなる恐れなど、ADLやQOLのリスクを指摘する声が多いということです。

 3期・4期のがんと診断された場合に選択する治療法は、すべてのがんで「緩和ケア」が最も多く挙がっています。

 石見医師によると、

「4期は、多臓器転移のある状態です。医師ならば、4期のがんの5年生存率の低さも認識している。積極的な治療をするより、痛みなど症状を和らげてQOLを優先したい、ということでしょう。知識があるぶん、一般人よりあきらめが早いのかもしれません」

ということです。

 さらに、帝京大学病院肝胆膵(かんたんすい)外科の佐野圭二医師は、

「確かに膵臓がんは見つかりづらく、進行も速い。ただし、医療の進歩は目覚ましい。医師も自分の専門外のがん種の最新情報までは把握しづらいもの。治療効果を期待できる薬が増えてきたので、私なら抗がん剤は試すと思います」

と話されています。

 そして抗がん剤というと、副作用が激しく、QOLが下がるイメージがつきまといますが、これについて佐野医師は、

「副作用を過度に恐れる人もいますが、化学療法は始めたらやめられないものではない。副作用の程度も人によりまちまちなので、一度試してみる価値はあると思います」

と言われています。

 また、順天堂大学病院呼吸器外科の鈴木健司医師は、

「治療後の生存率のデータを見ると、4期の肺がんはほぼゼロに近いので、『治療する意義がない』と考える医師が多いのでしょう。また、抗がん剤を投与すれば余命が半年延びると論文に出ても、その状態がほぼ寝たきりかどうかなど、延命の内容も厳しく見ているのでは」

と話されています。

 そして肺がんも、昨今、新しい抗がん剤が出てきて、事情が変わりつつあるということですが、一方で、患者側の心理をこう分析されています。

「4期のがんと言われれば、多くの患者は軽いパニックに陥り、頭や骨に転移があっても『なんとか手術を』という気持ちになりがちです。医師の選択は驚きかもしれませんね」

 そのうえで、鈴木医師は次のように指摘されています。

「皆さん一般論を求めますが、がん治療は患者によって違う各論の世界。体力や年齢、社会背景、治療効果とリスクを考えることが必要です。どのステージでも、自分にとって意味ある治療を選ぶべきです」

 また、体力と治療効果とリスクの観点から医師は患者に助言するが、患者の状態と希望により、最良の治療は異なるということで、これについて東邦大学医療センター緩和ケアセンター長の大津秀一医師は、

「緩和ケア=末期の治療という印象が強いかもしれませんが、緩和ケアとは痛みや不安など患者の苦痛を和らげるもので、いまはがんと診断された時点から治療と並行して始めるもの。何期でも受けられます」

と話されています。

 さらに2010年、非小細胞肺がんで、抗がん剤治療単独より、緩和ケア併用のほうが予後がよい、という研究結果が発表されたそうです。大津医師によると、

「緩和ケアを受ける患者は病状や先のことをよく話し合う傾向があります。体が弱っているのに無理に抗がん剤を使うケースが少なかったから、予後などにいい影響を及ぼしたのではと言われています」

ということです。

 いかがですか?

 がんにはいろんなケースがあるので一概に言えないというところが実態のようですね。また、テレビのドクターXではがんの手術で失敗することはありませんが、お医者さん自身は手術にあまり期待していないというのも、興味があるところだと思いませんか。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

「目」に出るいろんな病気のサイン、知ってますか?

 目が充血していたり黄疸が出ていたりすると、何か調子が丸いのかなと思いますよね。実はそれは正解だそうです。目の不調は、病気や体調の悪化を知らせるサインだそうで、決して見逃してはいけないということです。

 ということで今日は、スマイル眼科クリニックの岡野敬院長のお話をもとに、「目」で知る病気のサインについてご紹介したいと思います。

 岡野先生によると、

「目は体の中で唯一、血管が赤くしっかり見える場所です。また、白目は色の変化もすぐにわかります。目の状態に変化があれば、体の状態が変化しているサインです。皮膚にも症状が現れますが、日焼けや皮下脂肪のせいで目視しづらいため、いちばんわかりやすいのが目なんです」

ということです。岡野先生は、患者の目の状態から糖尿病、高血圧症、甲状腺の病気、自律神経の乱れまで、さまざまな病気を発見してきたというです。以下に、自分でチェックできる「目に現れる病気のサイン」をご紹介します。

 まずは“あっかんべー”をして、下まぶたの裏の色をチェックします。岡野先生によると、

「健康なときのまぶたの裏は、中トロマグロのような薄いピンク色。ここが白い場合は鉄分不足です。貧血を起こしやすくなるので、レバーやほうれん草など鉄分の多い食品を食べるよう心がけましょう」

ということです。次に、白目の色を確認します。赤くなっていたら、ストレス過多の疑いがあり、この状態が続くと、心身にさまざまな不調が出てきてしまうそうです。ストレスの原因を突き止め、取り除く必要があります。

 そそて、白目が鮮やかな黄色になっている場合は、肝臓系の病気の可能性があるそうです。岡野先生によると、

「明らかに黄色くなっていたら、すぐに内科を受診してください。ただし、みかんを大量に食べている人は、みかんの成分が白目にも出てきている場合もあります」

ということです さらに、まぶたのむくみを確認します。ただし、寝起きにむくんでいる場合は問題ないそうです。岡野先生によると、

「一日中まぶたがむくんでいる人は腎臓の不調やアレルギーの可能性があります。内科での検査をおススメします」

ということです。 最後に、黒目の状態をチェックします。まずは黒目のふちに白い膜がかかっていないかを確認して下さい。岡野先生によると、

「黒目のふちに白い膜があるときは、過食、運動不足、喫煙などの不摂生で体が悲鳴をあげている証拠です。規則正しい生活をし、病気を未然に防ぐよう心がけましょう」

ということです。さらに、40代以降の女性に多いのが、瞳孔の形の変化。黒目の中の部分が、円ではなくなっている場合があるそうです。岡野先生によると、

「自律神経が乱れると、瞳孔を収縮する神経がうまく働かず、楕円形やクローバーのような形に収縮するようになります。更年期のホルモンバランスの乱れが大きな原因です。40代以降でイライラやだるさなどを感じているなら、更年期障害の可能性が。婦人科や内科を受診し、薬を処方してもらうと楽になりますよ」

ということです。そして、気づいたら至急病院へ行くべき、重大な病気も目に現れるそうです。まず、「寄り目」ができるかを確認してみて下さい。岡野先生によると、

「寄り目ができない場合は、バセドー病など甲状腺関連の病気の可能性があります。目を上下左右に自由に動かせないのが典型的なサインです。早期治療が大切なので、早めに外科を受診しましょう」

ということです。次に、黒目の脇、そしてまぶたの裏をチェックします。岡野先生によると、

「目頭側の黒目の脇に薄いピンク色の膜が張っている場合は、翼状片という病気の可能性が。放っておくと乱視が進み、視力がどんどん落ちます。これは手術で治ります」

ということです。また、ピンク色の膜がまぶたの裏にでき、薄く盛り上がることもあるそうです。これについて岡野先生は、

「まぶたがむくみ、めくったところに膜ができている場合は、リンパ腫(血液がん)の可能性も。目の周囲に膜ができていたら、すぐに眼科を受診しましょう」

と言われています。そして、突然、部分的に視野が欠けたり、片目だけが見えなくなったりした場合は、何をおいてもすぐに眼科へ向かう必要があるそうです。岡野先生によると、

「血栓症の疑いがあります。症状が出て24時間以内なら元に戻る可能性が高く、48時間以内でも症状の改善が望めます。それ以上放置すると、視野欠損や片目を失明する恐れも。眼科へ急行しましょう」

ということです。

 いかがですか?

 体の不調は目に出るということなんですね。普段はあまりじっくりと見ることのない目ですが、たまにはゆっくりと観察する必要がありそうです。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

ラベル: 病気 サイン
posted by ケイちゃん at 17:58| Comment(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

二度と太らないためには、まずは座り方を改善する必要があるそうです

 ダイエットしていても、アラフォー世代になるとなかなか痩せにくくなるようです。実はその原因の一つに座り方があるそうです。

 ということで今日は、30代後半に独自の方法で9kgやせに成功した橋本はづきさんのお話を元に、正しい座り方についてご紹介したいと思います。

◆アラフォーからはきつい運動より体グセを変えるほうがやせられる!

 橋本さんは自身の独自の方法について、次のように話しておられます。

「私は20代のころからきつめのヨガをしていたんですが、30代後半に筋肉が発達してムキムキ太ってしまって。そんな時、通っていた接骨院で、きつい運動はやめて、骨盤のゆがみを整えて、背中を動かす運動を取り入れたほうが代謝が上がってやせると言われ実践してみたら、無理なく9kgやせてビックリ。このことからアラフォーやせには激しい運動は必要なく、体のゆがみを作るふだんの体グセの改善が大事なんだと痛感。その後、骨盤矯正についてさらに学んで考案したのが現在の私のメソッド。この方法で多くの人がやせ、姿勢もキレイになっています。皆さんも試してみて!」

◆こんな体グセ、ありませんか?

 そこで、まずは以下の項目をチェックしてみて下さい。

□首が前に出ている
 スマホを見てばかりいるせいで猫背になっていると、首が前に突き出てしまう。肩が硬くなって上がっているせいで首が短くなっている人も。

□肩が上がっている
 腕を動かす時、肩の表面の筋肉ばかりを使って動かす人が多く、するとその筋肉が偏って発達して肩が盛り上がってしまう。肩を下げて肩甲骨から腕を動かすクセをつけるのが正解。

□背中が丸まっている
 パソコン作業やデスクワークが続くと背中が丸まった猫背になりやすく、すると肩甲骨まわりの筋肉が正しく使われず衰え、代謝が落ちやすい。

□腰が丸まっている
 背中が丸くなると腰も丸くなりがち。こうなると内臓が圧迫されて血流が悪くなり、代謝が落ちやすくなる。

□骨盤が傾いている
 おなかの丹田(ヘソ下5 pの体で最もW気Wが集まる部分)に力がないと、座った時に骨盤が後ろに倒れやすくなり、内臓の位置が下がり、代謝が低下。腰痛も起きやすい。

□股関節が縮んでいる
 背中や腰を丸めて座る姿勢を続けると股関節の深部の腸腰筋などの筋肉が縮みやすい。腸腰筋は加齢とともに縮む傾向も。すると骨盤が後ろに傾き、ますます背中や腰が丸くなる。

□内ももが衰えている
 左右の膝を開いて歩くクセがあると、内ももの内転筋が使われず衰えてしまう。すると座る時にも膝が開き、骨盤が後ろに倒れる原因にもつながる。

◆体グセがあると代謝が落ちて太りやすい

 ご自身の姿勢をチェックしてみて、いかがでしたでしょうか。橋本さんも、

「現代人はパソコンやスマホを見ていることが多いので背中が丸まって肩が上がり、首が前に出ている人が多数。また、骨盤を倒して座るクセがあると腰が丸まって股関節は縮みますし、膝を伸ばさずに歩くクセがあると膝裏が縮みます。こんな状態だと体の表面の筋肉が偏って使われ、深層部の筋肉は使われず、血流も悪くなって代謝が落ち、太りやすくなるのです」

と話されています。

◆正しい姿勢のためには、まずは座り方を改善する

 多くの人に見られる体グセが、座っている時に骨盤を後ろに倒して座ることだそうです。橋本さんによると、

「腰を丸めてだらっと座るクセがあると骨盤が後ろに倒れてしまいます。これが続くと股関節の深部の腸腰筋が縮んでさらに骨盤が立ちにくくなり、内臓も圧迫されて代謝が低下します」

ということです。そのため、ストレッチでまっすぐ立つように改善をする必要があるということです。

体くせ改善-1.jpg

骨盤を後ろに倒して座ると、背中や腰が丸くなり、首は前に出て、膝も開いて姿勢全体がくずれる。内臓が圧迫されて血流が悪くなり、代謝が低下。

体くせ改善-2.jpg

骨盤が倒れずまっすぐ立つのが正しい座り方。背中や腰も丸くならず、膝もしっかりと閉じることができ、筋肉がバランスよく使われて代謝も上がる。

 いかがですか?

 座る時の姿勢が、代謝に影響しているとは思いませんでした。私も、気をつけたいと思います。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:22| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする