2018年06月30日

あなたが普段かかっている病院は、ブラック病院かも知れません

 あなたは、定期的に病院に通われてますか?その病院のお医者さんが立派なお医者さんなら良いですが、中にはブラックな病院、お医者さんもあるそうです。

 今日はそんなブラックな病院、お医者さんの特徴について、ご紹介したいと思います。そんなときは病院を変えた方がいいそうですよ。

【チェックポイント1】看護師に命令口調
 患者に乱暴な口をきく医師はほとんどいないように思いますが、いつも身近にいる看護師にはつい「素」が出てしまうことがあるそうです。

 NPO医療制度研究会副理事長の本田宏医師によると、

「看護師に命令口調や尊大な口のきき方の医師は、“早く患者をさばかなければ”という焦りや、時間に追われています。また難しい言葉や早口でまくしたてるような説明をする医師は看護師とのコミュニケーションが取りにくく、思わぬ医療ミスにつながる恐れがあります」

ということです。

 逆に看護師や高齢の患者にゆっくりとわかりやすい口調で話す医師には余裕があり、労働環境の良さがうかがえるそうです。

【チェックポイント2】触診をせず、パソコンの画面ばかり眺めている
 診察時は医師の「触診」と「目線」をチェックします。新潟大学名誉教授の岡田正彦さんは、近年の医師について次のように話されています。

「患者が腹痛を訴えて内科を受診したのに、お腹を触らずに問診だけで終わらせるような医師は要注意です。とくに最近はパソコン画面だけをじっと見つめて患者の顔色や皮膚の状態を目で確かめようとしない医師が多い。患者が不安になるのも当然です」

 最近は電子カルテが普及し、記入のため医師がパソコンに向かうのは仕方がない面もあるようですが、時間に追われた“お手軽診察”が医療ミスを招く危険性は否定できないそうです。

【チェックポイント3】2分以下のスピード診療
 特に患者の不満が多いのは、「スピード診療」なのは間違いないようです。病院経営に詳しい医療サービスアドバイザーの武田哲男さんは、次のように指摘されています。

「『3時間待って3分診療』とよくいわれますが、余裕がない病院は短時間で少しでも多くの患者を診ようとします。なかには2分以内に診察すると、回転率を上げて売り上げに貢献したとして院長が医師を表彰する病院もある。こうした病院は“患者ファースト”からはほど遠い」

 実際「2分診察」では、患者が実害を被る恐れがあるそうです。岡田さんによると、

「医師は病院で入院患者の診察、検査、手術や研究とさまざまな仕事をしますが、最も疲れるのが外来です。ずっと椅子に座って次から次へと患者を診るため、どうしてもストレスが大きくなる。診察時間が短いことは必ずしも悪いことではないのですが、医師が追い詰められた状況だと『念のため専門医に紹介状を書こう』といった配慮をする余裕がなくなり、結果として患者の重篤な症状を見逃す可能性はあります」

ということです。

【チェックポイント4】白衣が汚れている
 医療従事者には清潔なイメージがありますが、岡田さんによると、白衣が汚れている医師は「論外」なのだそうです。

「感染者が集まる病院でとくに恐れるべきは、ばい菌が医療行為を介して他の患者にうつる院内感染です。医師の白衣が汚れていれば、そこを介して感染するリスクがある。洗濯をする時間さえないのか、白衣に血液が付着したまま平気で診察する医師もまれにいますが、根本的に間違っています」

ということです。

【チェックポイント5】患者の名前を間違える
 患者の名前を間違える病院、お医者さんも、間違いなく「危険」だそうです。前出の本田さんは、

「どんなに忙しくても、患者の名前確認は基本中の基本です。漢字表記が違うと患者を別の患者と取り違える可能性もあります」
と、話されています。

 実際に間違われた方もいらっしゃるようで、昨年、父親が都内の病院に入院した40代女性の方ですが、

「その病院ではカルテに書かれた父の名前の漢字表記が間違っていたんです。しかも病院側がまったくその誤りに気づかなかったので二重に驚きました」

ということです。

【チェックポイント6】1人の医師が4つ以上の診療科目を担当する
 病院によっては医師1人で複数の診療科を受け持つことがありますが、岡田さんによると、「これは典型的なブラック病院の特徴」なんだそうで、

「今はどの診療科も技術が進歩しており、1つの科をマスターするだけで大変です。1人の医師が複数の科を受け持つことは現代医学では不可能に近い」

と、話されています。

 また、医療ジャーナリストの油井香代子さんも、「なかでも中規模以上の病院に注意すべき」と警告されています。

「町の開業医は『かかりつけ家庭医』の役目がありますから複数の診療科にまたがるのは普通ですが、中規模以上の病院で複数の診療科を掲げているのに、医師が少ないからと1人で4つ以上の科を受け持つのは、専門性からも医師の疲労度からも危険な兆候です。医師が重篤な症状を見逃すリスクが増します」

ということです。

 いかがですか?

 あなたが普段かかられている病院やお医者さんに、今日ご紹介したようなことはないでしょうか。

 もしそんなことがあれば、そんな病院は変えた方が良いかも知れませんね。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 20:46| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

骨粗しょう症予防のためには、牛乳を朝ではなく夜に飲むべきだそうです

 あなたは牛乳を飲んでますか?そして飲まれている方は、朝、昼、晩のどのタイミングで飲まれてますか?

 一般的には便秘予防とかを考えると「牛乳は朝に飲むもの!」と思われていますが、実は夜に飲むのも効果的なのだそうです。今日はそんな牛乳の飲み方について、管理栄養士の平井 千里さんのお話をもとに、ご紹介したいと思います。

◆体内時計のしくみ
 睡眠や空腹と一緒に語られることの多い「体内時計」ですが、実は「時間栄養学」にも欠かせない要素なのだそうです。

 「体内時計」は生活環境の変化に対応するためのシステムで、体温や血圧、睡眠、運動などの生命活動や心身の健康を管理しています。大きく5つの機能が知られていて、具体的には「日周リズム」「週周リズム」「月周リズム」「年周リズム(季節的リズム)」「90分リズム(超短日リズム)」があります。

 例えば「年周リズム」ならば、春夏秋冬の暑さ・寒さに身体が順応することで、上手く生活できるようになっています。この5つのリズムが上手く調和し合って「今」という時間を生きています。

 「日周リズム」は人間の感覚では25時間程度の周期です。太陽のリズムは24時間なので狂いが生じやすく、私たちは、朝日を浴びることで1時間分のずれを修正しています。

 「日周リズム」は日々の繰り返しなので、ごくたまに「友達に付き合って夜更かし」があっても、朝日を浴びることでリセットすれば大きな問題にはなりません。ところが、常に生活が乱れている人の場合、乱れたリズムがその人のリズムになってしまっているため「たまには早起きしてみよう」と思っても「早起きするほうが身体によくない」と錯覚してしまうこともあります。これは、大きな問題です。

◆骨粗しょう症とカルシウム
 ところで、骨粗しょう症という病気があります。骨がスカスカになってもろくなる病気ですが、ただスカスカになっているだけであれば生活に支障はありません。でも、骨がもろくなるとちょっとした衝撃でも骨折しやすくなります。特に、大腿骨骨折、いわゆる脚の付け根の骨折のリスクが高くなり、大腿骨骨折は寝たきりになる原因のワースト2に挙げられているため、それが原因で亡くなられる方も大勢おられます。

 骨は常に破壊と形成を繰り返していますが、通常は両者のスピードが同じであるため、骨の強度は一定に保たれています。ところが、女性ホルモンのバランスが崩れるなどの理由で破壊のほうが早くなってしまうと、骨がもろくなり、骨粗しょう症になるのだそうです。

 また、骨粗しょう症の治療方法はあまりないそうで、骨量を減らさないようにする飲み薬はありものの、使用して効果が出るのは極初期だそうです。ですから、骨粗しょう症の場合「治療をする」というよりも、「予防をする」ことが大切だそうです。ここでいう「予防」とは、骨がスカスカにならないように気をつけることで、それもかなり早期からはじめることに尽きるということです。

 骨を強くするには、適度な運動と栄養が必要で、骨の栄養は「カルシウム」と「ビタミンD」の主にこの2つが骨を形成する際に必要になります。骨形成のスピードを遅らせないためには、この2つの栄養素をしっかり摂ることが重要だということです。そして、体内時計を鑑みると、実は朝の牛乳は少し残念な飲み方なのだそうです。

◆牛乳は夜飲もう
 骨の形成にはもう1つ重要なものがありますが、それは「成長ホルモン」です。成長ホルモンは子どもたちの身体を大きくするために必要なホルモンとして知られています。昔から「寝る子は育つ」と言いますが、その言葉通り、成長ホルモンは夜間に分泌が多くなります。もちろん、成人になった後も、成長ホルモンを分泌して骨の形成を行っています。すなわち、骨の破壊と形成は夜間が活発なのだそうです。

 つまり、骨を作るのに必要な成長ホルモンの分泌が夜間に多いなら、骨の材料であるカルシウムも夜間に摂るのが理想的だと言えます。成長ホルモンは睡眠に入って1時間半後くらいから出てくるとされているそうなので、だから牛乳は、夕食など寝る前の時間帯に飲むのがベストだと言えます。

 また、夜の牛乳はカロリーが気になる、という方は、味は少し落ちますがスキムミルクでも構いません。また、牛乳は苦手という人はヨーグルトでもOKです。

 いかがですか?

 骨粗しょう症の予防は骨量を減らさないことが大切で、そのためには1日でも早く予防を始めることが大切です。中高年はもとより、20代、30代の人たちも「まだ先のことだから大丈夫」と思わず、今日から「夜の牛乳」で骨粗しょう症予防を始めまませんか。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:17| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

健康な人と不健康な人の、血液の違いが簡単に分かる方法があります

 「あなたの血液は、サラサラでしょうか?それともドロドロですか?」と聞かれても、すぐには答えれませんよね。一般的には、健康な人の血液はサラサラしていると言われてはいますが。

 そこで今日は、健康な人と不健康な人の、血液の違いが簡単に分かる方法について、ご紹介したいと思います。

 血液が乾いてパリパリに。その行程をじっくり眺めるなんてことはそうそうありません。が、いざやってみると見ていて意外に面白いそうです。

 実際に血液から水分がぬけ乾燥していく様子がどうなるのかというと、

「水分が蒸発するにしたがい、表面張力が変化し、水滴(血液)内部で流れができ、赤血球を外側へと運びます。さらに乾燥が進むと、血液のどの部分が沈殿しているかによって、異なる模様を残します。」

ということです。

 分かったような分からないような感じですが、注目すべきは、この乾燥した血液の模様によって、その人の健康状態がわかるということです。以下の画像を見ると、なるほど一目瞭然です。左は健康な人の血液、右は貧血気味の人のもの。こんな違いが出るとは知りませんでしたね。

血液の違い.jpg
【画像】健康な人と不健康な人の、血液の違い

 いかがですか?

 何事もじっくり観察することで新たな発見というものがあるものですね。あなたも、時間を見つけて自分の血液を乾燥させたらどうなるか、試してみませんか?


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 19:09| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする