2018年05月18日

明日からできる痩せ体質を叶える食生活のコツ

 誰しもスラリとした体型を維持したいと思いますが、現実はなかなかそういうわけにはいきません。

 キレイな体型をキープしつづけている人は内側からも輝いていて、発するエネルギーそのものまで力強く感じることは少なくないと思います。もちろんそれは「ただ細い=キレイ」ではなく、毎日の生活において“体が喜ぶこと”を実践できているからこそです。
 
そんなキレイな人が日々意識しているものの1つに“腸内環境を整える”ことが挙げられます。今日は、痩せ体質を叶える食生活のコツについて、ご紹介したいと思います。

◆まずは朝一番に“酵素”を体内に摂り入れる
 1日の活動をスタートさせるのに大切なのが、朝の時間です。キレイな人がまず意識していることは、体内に酵素を摂り入れることで、コップ1杯の常温の水、もしくは白湯を時間をかけてゆっくり飲んだら、次は酵素を摂り入れます。

 酵素ドリンクが一時期流行りましたが、そういったドリンクに頼るだけでなく、生の食材から酵素を摂ることで腸内環境を整えることも1つの方法です。

 酵素を摂り入れる方法としてオススメは、食欲のない朝でも取り入れやすいグリーンスムージーです。「朝から複数のフルーツの皮をむいたり、野菜を洗って切るのは面倒!」という方もいると思いますが、基本のあれもこれもと欲張らず、下記のような基本のスムージーで十分です。(出典:http://www.beautynewstokyo.jp/

<材料>小松菜:適量 豆乳 or 水:3/4カップ バナナ:1/2本 はちみつ:ティースプーン1杯 亜麻仁オイル:ティースプーン1杯
 小松菜もバナナも手でちぎってミキサーに入れればOKなので、これなら忙しい朝でも毎日続けられそうです。普通の朝食を食べる前にまずスムージーを飲むことがポイントです。

 また「どうしてもスムージーを作る時間がどうしてもない!」というときは、とにかく一口目は生のフルーツを口にするなど、とにかく“酵素”を朝一番に身体に送り届けることを意識してみて下さい。

◆普段の食生活も良質なタンパク質を積極的に摂るように心がける
 また、スムージーの後に朝食をとる場合は、副菜を充実させて卵や納豆などの良質のタンパク質をはじめバランスよく栄養を摂ることを意識することも大切です。

 もちろん炭水化物を食べてもOKです。ただし白いご飯よりも雑穀米や玄米、パン食したい場合は全粒粉やライ麦などを使った茶色系のパンを選ぶようにしてみて下さい。


 いかがですか?

 このように内容と順番、そして“酵素を摂ること”を意識した食生活に改善することで、腸内環境も整っていき、痩せ体質の体づくりの第一歩となります。食べないダイエットで一時的に体重を落としながら体型キープをするよりも、脂肪の燃えやすい身体づくりをしつつ体型キープをする方がはるかに健康的です。

 ぜひ朝イチの酵素摂取からキレイを作る食生活へと整えて痩せ体質を叶えていって下さいね。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

ラベル:綺麗 体型 酵素
posted by ケイちゃん at 19:24| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

女性の年齢は「卵子の年齢」と同じなので、不妊治療には“残り時間”があります

 あなたは、赤ちゃんを産んだ経験がおありでしょうか?

 幸い私は3人の子宝に恵まれましたが、中には辛い不妊治療を続けてもなかなか子宝に恵まれない人もおられます。

 実は、女性自身と卵子は「同い年」なんだそうで、年齢がいくほど妊娠し難くなるのだそうです。

 今日は、不妊治療の“残り時間”を知る方法について、はるねクリニック銀座 院長 清水真弓さんのお話をもとに、ご紹介したいと思います。


◆卵子も老化する
 清水先生によると、現在不妊治療を受けておられる方は、本当に妊娠・出産を望むなら、たとえ今は辛くとも、不妊治療をお休みしないほうがいいということです。

 女性の場合、加齢とともに妊娠の確率は下がっていくそうですが、その要因のひとつが、卵子の老化です。

 実は、女性は生まれた時点で卵巣内にすべての卵子の元がすでに存在しているのだそうです。

 つまり、卵細胞は本人と一緒に年齢を重ねていくということです。

 「成長につれ、新しい卵子は作られないの?」という疑問が生じると思いますが、実は生まれた後に作られることはないのだそうです。(なお、男性の場合、いくつになっても生涯を通じて、精子は作られ続けるそうですが)

 ですから、卵子と女性自身は「同い年」なのです。35歳の女性の卵子も35歳です。

 35歳以上の卵細胞では当然、染色体異常率が上昇するので、妊娠・出産に至らないリスクが高くなります。


◆卵子は毎日減り続ける!
 しかも、卵細胞の数は、どんどん減り続けるのだそうです。

 女性は生まれた時点で、卵巣内にすべての卵子の元、約200万個が備わっています。

 ところが、月経のはじまる思春期頃までには、約180万個が自然消滅し、約20〜30万個にまで減ってしまいます。
そして月経がはじまってからは(排卵される卵は月に1個ですが)、1回の周期で約1000個、1日に換算すると30〜40個も減り続けると言われています。

 そして、30代半ば以降は、さらに拍車がかかり、37歳では、約2万5千個にまで減ってしまうのだそうです。

 つまり、加齢とともに、卵子は少なくなり、老化によって、その質も低下してしまうということです。


◆卵子の残存数を知るカンタンな方法
 自分に今、卵細胞がいくつ残ってるか知る方法があれば、妊活に向けた心の準備もできます。実は、それを簡単に調べる方法があります。

 近年、卵子の残存数の目安を調べるAMH検査という検査が取り入れられています。

 AMHとは、アンチミュラーリアンホルモンの略で、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンです。

 AMHの値と原始卵胞の数は比例すると考えられています。つまり、卵巣内にどれぐらい卵の数が残っているかを反映するとされているのです。

 AMHは血液検査で簡単に調べられますが、保険適用外のため、5,000円〜10,000円程度かかります。また、その他に診察料も必要になります。


◆「残存数」が少ない=妊娠しにくい…ではない!
 ただし、AMHは妊娠率を表すのではないそうで、AMHの値が高いからと言って、妊娠しやすいという訳ではないのだそうです。あくまでもAMHの値を元にした、卵子の残存数の「予測」です。

 卵子の数が少ないということは妊娠率が低くなるということではなく、“残された時間が少ない”、つまり、不妊治療が可能な期間が限られてくる、ということを示しているのだそうです。

 ですから、「AMHが低いからほとんど妊娠できない」ということではないということです。

 卵子の質がいいか、順調に育つか=妊娠・出産に至るかは、年齢に最も相関します。同じAMHの値であっても、年齢が高くなればなるほど、妊娠率は低くなります。


◆正しい知識を持って、早目の行動を
 男性の場合、女性の卵子の数が減り続けるということを、知らない方がほとんどでだと思います。また、不妊治療をしている女性の中にも、卵子が老化するということを知らなかった人も実は多いということです。

 清水先生によると、「知っていれば、もっと早く行動できたのに」と悔やむ方も多いそうです。ですから、まずは正しい知識を持つことが第一です。

 そして不妊治療に取り組む場合は、パートナーと共に早めに始めることが肝要だということです。

 いかがですか?

 私も、女性の卵子が老化するというのは、初めて知りました。

 妊活されている方や、妊活中のお子さんがおられる方の参考になれば、幸いです。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

ラベル:妊活 卵子 年齢
posted by ケイちゃん at 19:20| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

甘くない間食の上手な選び方、知りたくないですか?

 ダイエットしているとどうしてもお腹がすきがちになるので、間食を上手に摂る必要があります。間食も、糖質量の低いものや、素材にこだわったものを賢く選べば、食べるのをガマンする必要はありません。

 今日は、甘くない間食の上手な選び方について、管理栄養士の足立香代子先生のお話をもとに、ご紹介したいと思います。

◆太りにくいおすすめ間食BEST3とは?
 ゆで卵、ナッツ、チーズです。たんぱく質など多くの栄養を含むゆで卵、良質の脂質を含むナッツ、たんぱく質やカルシウムがとれるチーズは優秀な間食と言えます。

◆太りにくいカップ麺の選び方とは?
 低糖質の麺を使うなど、糖質オフをうたっているものを選んで下さい。卵をトッピングするなど食べ方に工夫するのもOKです。

 代表的なものには、こってり濃厚なのに糖質40%、脂質50%オフ、178kcalを実現。カップヌードル ナイス 濃厚! クリーミーシーフード ¥180/日清食品 があります。


◆スナック菓子を食べ過ぎないコツは?
 小袋タイプを選ぶことです。小袋タイプなら“足りないな”と思っても次の袋を開けないと食べられず、“やめておこう”という心理につながり食べすぎ予防になります。

 例えば、チアシードやキヌア入りのコーンチップスとして、さっくりコーンチップス 15g ¥137、糖質50%オフのおっとっと。堅焼きおっとっとオーツブラン 35g ¥137/ローソン などがあります。


◆バターコーヒーってなぜダイエットにいいの?
 バターコーヒーは、血糖値を上げにくくし、脂肪燃焼効果がああります。コーヒー、グラスフェッドバター、MCTオイルの3つの相乗効果で代謝が上がり、脂肪が燃えやすい状態へと導きます。

 例えば、グラスフェッドバター&MCTオイルを使用した、バターコーヒー 240ml ¥184/ファミリーマート・サークルK・サンクス があります。

◆ナッツのおすすめのとり方は?
 ナッツは良質の油を含み、腹持ちもいいおすすめの間食です。ただし食べすぎるとカロリーオーバーになるので1日20粒を目安にして下さい。ビタミンEやマグネシウムの含有量が多いアーモンドが特におすすめです。

 例えば、アーモンドや、オメガ3脂肪酸を含むクルミ、鉄やカリウムを含むヘーゼルナッツをミックスした、低糖質ロカボナッツ 85g ¥400(編集部調べ)/デルタインターナショナル があります。


 いかがですか?

 ダイエット中の間食の参考にして下さいね。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 21:09| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする