2018年04月15日

我慢や努力なしで 楽してできる「生活習慣病」予防をしてみませんか?

 歳をとってくると心配になってくるのが、生活習慣病です。その生活習慣病の予防ですが、楽にできるに越したことはありません。

 と言うことで今日は、運動嫌いでおいしく食事をしたいという人でもできる、簡単な生活習慣病の予防法を、「三井住友トラスト基礎研究所」の研究理事・古倉宗治さん、管理栄養士・浅野まみこさん、慈恵医大病院栄養部の赤石定典さん(管理栄養士)のお話を基に、ご紹介したいと思います。

◆ 電動アシスト自転車を使う
 ペダルをこぐのをモーターが補助してくれる電動アシスト自転車(以下、電アシ自)は、疲れにくく体力がない人も使いやすく、また普通の自転車と比べて発進や坂道、向かい風の際のふらつきが少ないので、安全性の向上にもつながります。

 そしてその活動量ですが、「三井住友トラスト基礎研究所」の古倉さんによると、普通の自転車とあまり変わらないのだそうです。

 身体活動の強度を表す単位(運動によるエネルギー消費量が安静時の何倍か)をメッツというそうですが、「厚生労働省の身体活動基準」によると、自転車は4・0メッツ、電アシ自は3メッツで、65歳以上の高齢者では、自転車こぎを1日40分(片道20分)週5回行えば健康維持に役立つということです。

 電アシ自の方が少し少ないので、古倉さんによると、少し長めにすると効果的だということです。

 同程度のメッツである「こまめに歩く」「階段を使う」「週2回はジムに通う」などがいろいろな事情で難しいのなら、電アシ自で活動量を増やすのがおすすめです。 買い物や通勤に役立てれば、一石二鳥ですね。古倉さんも、

「電アシ自は、ひざの負担が体重の3割しかかからないのもいい。ジョギングは体重の5〜6倍、ウオーキングは2〜3倍、負担がかかります」

と言われています。

 なお、電アシ自は“アシストし過ぎる電アシ自”が最近問題視されているそうです。自転車安全基準への適合を示すBAAマーク付きのものを選ぶようにして下さい。

◆ 物足りなさゼロの減塩法

 管理栄養士・浅野まみこさんは、時間がなくコンビニ活用が多いタクシー運転手への糖尿病予防の食事として定食を意識したメニュー構成とともに、「温かい汁物を加える」ことを提案されています。「満足度を上げ、食べ過ぎや間食を防ぐ」のは、サラリーマンにも適していると言えます。浅野さんによると、

「コンビニで選ぶなら、たとえば豚しゃぶサラダ、シャケのおにぎり、そして海苔の味噌汁。炭水化物は一つにします。メインの豚しゃぶサラダは加工の少ない料理を。味噌汁で満足感を得られます。温かいお茶でも結構です」

ということです。

「弁当の方が“定食”では?」と思うかも知れませんが、弁当だと食べたくないおかずも、もったいないからと食べることになるので、自分自身で定食を作る方がベターなんだそうです。

 また、減塩を心掛けているが味気なくて続かない、という人には、次のような方法があります。慈恵医大病院栄養部の赤石さんによると、

「ゆで卵の表面に塩を振れば、舌に最初に塩が乗り、塩分が少なくてもしっかり塩味を感じる。舌が最初に塩味を感じる場所に塩分を付けるのがポイントです」

ということです。

 この方法は、他の料理でも応用できます。例えば、刺し身は表面積の少ない角っこに醤油を付け、そこから舌に乗せる。焼き魚は食べる直前に塩を振ると、少量の塩でOKです。焼く前に振ると魚に染みこんでしまい、食べる時、物足りなくなってしまいます。

 赤石氏によると、同量で比較した場合、醤油→味噌→ソース→ケチャップ→マヨネーズの順で塩分量が減るそうです。どの調味料を使うか迷ったら、塩分量が少ない方を選ぶのも手だと言えます。そして赤石さんは、

「また、和食が続くと塩分摂取量が増えます。昼を和食にしたら夜は洋食、というふうに変化をつけるといい」

とも言われています。

 いかがですか?

 手っ取り早い生活習慣病予防法をご紹介しましたが、どれか一つでもいいので、早速始めてみてはどうでしょうか。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:05| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

浴室をキレイにしたら夫婦仲がよくなるそうです

 あなたは、お掃除は好きな方ですか?お掃除好きな方は、お部屋や玄関だけでなく、浴室や洗面所もきれいにされていると思います。

 実は風水の世界では、浴室をきれいにしたら夫婦仲が良くなると言われているそうです。風水は占いの中でも手軽に取り入れられ、部屋がパワースポットになることから大変人気です。そして何よりも、風水は女性だけでなく男性にも人気なので、カップルや夫婦で楽しく取り入れることができます。今日はそんな「浴室の風水」について、ご紹介したいと思います。

◆ 浴室は愛情面の運気が関係
 浴室は厄を落として心身の疲れを癒してくれる空間です。その中でも、浴槽はカップルや夫婦など男女の愛情を司る空間と言われているそうです。水の気は愛情面のトラブルを起こしやすいので、換気を徹底してお風呂場を清潔に保つことで運気が上がり、パートナーとの仲が深まります。

 毎日ケンカが絶えないカップルや夫婦は、もしかしたら浴室の掃除を怠っているのが、原因かも知れませんね。

◆ 毎日の換気はマスト
 水回りは厄が溜まりやすいので常にキレイにしておく必要があります。特に、湿気が溜まりやすいお風呂は夫婦や親子関係に溝ができ、家族の絆に悪影響を及ぼすと言われているそうです。毎日換気をして湿気を取り除くことが大切ですね。

 浴室が部屋の中心にあり窓がない場合は、常に換気扇を回して、湿気が溜まらないようにしましょう。

◆ バスマットで浮気予防!?
 風水では、バスマットを湿ったままにしたり何日も洗っていないと「主人が家に帰らなくなる」と言われているそうです。こまめに洗濯をして清潔にし、日に当てましょう。

 また、バスマットの色をピンク系にすることで恋愛運がアップし、パートナーとの愛情が深まります。

◆ バスタオル1枚を家族で共有
 一枚のバスタオルを共有すると、人間関係のトラブルが起きやすいと言われているそうです。また、何日も同じタオルを使う方もいますが、最低でも2日に1回は交換をしましょう。

◆ 残り湯を洗濯に使う
 浴槽は一日の汚れを落とす場所です。肌についた汚れだけではなく、目に見えない嫌な感情やオーラまで落としてくれます。それを洗濯に使ったらどうなるでしょう。その汚れを洗濯機中にまき散らし、洋服につけてしまいます。

 今は節約しているご家庭も多いと思いますので、どうしても残り湯を使う場合は、粗塩を一つまみ入れて浄化してからにしましょう。

◆ お風呂場の鏡は放置しがち
 お風呂場掃除で床や浴槽は毎日洗うものの、お風呂場の鏡は意外と忘れがちです。お風呂場の鏡を放置して汚くしていると、肌トラブルが絶えなくなると言われているそうです。

 肌トラブルが気になる場合は、お風呂場の鏡をキレイに磨いてみてください。

 いかがですか?

 夫婦で浴室の環境を整えるのもよし、自分の掃除過程を見直すのもよし、とにかく湿気を取りキレイにすることがカップル・夫婦仲を良好に保つポイントです。

 まだパートナーがいらっしゃらない方でも、お風呂場をキレイにすることで恋愛運がアップするので、ぜひ覚えておいてくださいね。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:07| Comment(0) | 夫婦関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

節約上手な人は自然と実践している、スーパーでの「ムダ使い」の罠にかからない買い物のコツ

 あなたも、毎日家計の節約のために頑張っておられると思います。

 節約の費目としては、食費、光熱費、通信費、レジャー費などありますが、一番手っ取り早いのはやはり食費ではないかと思います。そのために目が行きがちなのが、

・ 食材を安く手に入れる方法
・ お金のかからないレシピ

などですが、実は意外と意識されていないのが「スーパーでの買い物のコツ」だそうです。

 最近は、ネットショッピングを活用する人が増えてはいますが、まだ日々の食材は近所のスーパーで購入しているという方が大半です。

 そこで今日は、スーパーで買い物をするときに、うっかり無駄遣いをしてしまわないための対策をご紹介したいと思います。

1. 買い物に行く前に冷蔵庫内の写真を撮る
 毎日見ているはずなのに、なぜかスーパーにたどりつくと思い出せなくなるのが、冷蔵庫の在庫状況です。

 そこで、不要な食材を買いこんでしまうことのないよう、買い物に行く前におすすめしたいのが、冷蔵庫の中の写真をスマートフォンなどで撮っておくことです。

 買うものがある程度決まっている場合は、野菜室だけ、冷凍庫の中だけなど、必要な場所だけでも構いません。

 また庫内の全てが映っていなくても、全体の写真が1枚あるだけで、在庫状況を思い出しやすくなります。

 特に仕事帰りにスーパーによるという生活スタイルの方は、冷蔵庫の中身を思い出せない可能性が高いので、朝家を出るときに写真を撮っておくのがおすすめです。

2. 買い物メモを作っておく
 スーパーへ行くときは、必ず買い物メモを作っておきましょう。

 覚えられると思っていても、人の記憶は案外アテにならないものです。

 1つ買うものを忘れてしまうと、再度スーパーへ足を運ぶ必要があります。お店へ行く回数が増えると、それだけ無駄なものを買い込んでしまう可能性も高くなります。

 お店に行く回数を必要最小限にするためにも、買い物メモは品数が少なくても作っておいた方が安心です。

 ただ、目当ての品が高値だったり、よりお得な特売品が見つかったりすることもあります。そんな時は、買い物メモの食材にこだわらず、キャベツなら白菜、エリンギならブナシメジなど、同じジャンルのよりお得な代用品を選ぶようにするなどの工夫も必要です。

3. 空腹時にスーパーへ行くのは避ける
 空腹時にスーパーへ足を運ぶのは避けたいところです。

 おなかがすいているときにスーパーで買い物をすると、買い過ぎを招きやすいだけでなく、高カロリーのものを選びやすくなるという研究結果があるそうです。これは、感覚的にも分かりますよね。

 可能であればスーパーに行く前に食事をとる、あるいは満腹感を得られやすいナッツなどのおやつを食べておく、といった対策をしていくことをおすすめします。

4. スーパーに行くのは週2回まで
 無駄遣いをしないためには、買い物をする機会を減らすのが効果的です。ですから、スーパーへ買い出しに行くのは、できれば週1回、多くても週2回までに収めるようにします。

 週1回〜2回程度の買い出しであれば、「1週間の予算内」でのやりくりもしやすいですし、「ついで買い」も最小限で済みます。

 できるならスーパーへ行く日もあらかじめ決めておいて、ポイントがたくさんたまる日や特売日に足を運ぶようにすると、なお良いと思います。

5. レジに行く前にカゴの中身を確認する
 必要なものを全てカゴに入れたら、レジに行く前に一度中身を確認してみてください。「本当に必要かどうか」を自分に問いかけることで、無駄な買い物を大幅に減らせます。

 特にスーパーに入店してすぐの時は、買い物のモチベーションも高いので、つい多めに商品を確保しがちです。特売日であれば、なおさら買い過ぎている可能性が高くなります。

 不要だと判断したものを棚に戻しに行く手間はかかりますが、節約にはとても役立つ習慣なので、ぜひやってみて下さい。

 いかがですか?

 食費の節約で一番大切なのは、食べたいものや必要なものまで削ってしまうのではなく、無駄な買い物をできるだけしないことだと思います。

 食材のまとめ買いや節約レシピに比べると注目されにくい「買い物のコツ」ですが、日々のスーパーでの買い物の仕方を意識するだけでも、食費の節約につなげることができます。

今日ご紹介した5つのコツは、普段から無駄遣いが少ない人は自然と実行している方法です。あなたが実践していない項目があれば、ぜひ今日から意識してみてくださいね。

 最後にまとめです。

 食費の節約=無駄遣いを減らすことが一番の近道!
 食費の節約=無駄遣いを減らすことが一番の近道!

 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 15:51| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする