2018年01月22日

サプリメントをたくさん摂取しても健康になる保証はなく、逆に体にとって害になる可能性があるそうです

 あなたは、何かサプリメントを定期的に摂ってますか?

 実は、健康を気づかう人たちにサプリメント(以下「サプリ」と言います)が大人気なんだそうですが、こうした風潮に警鐘を鳴らしている方がおられます。

 今日はそんな方のお一人で、自身の著書の『「老い」を遅らせる食べ方』(幻冬舎)の中でサプリの問題にメスを入れている、蒲田リハビリテーション病院の作田英成医師のお話を基に、「アンチサプリメント」について、ご紹介したいと思います。

 内閣府消費者委員会が平成24年に実施した調査によれば、日本に居住する 20 歳〜79 歳までの「健康食品」の利用者男女 10,000 人の中で、サプリを毎日もしくは時々摂っている人の割合は6割にも及んだということです。

 作田先生は、「サプリをたくさん摂れば、それだけ健康になれる」と考えている人も多いが、むしろ逆効果になることもある」と警告されています。

 サプリメント(supplement)という単語は、もともと「何かを加えて完全にする」という意味があるそうです。ビタミンCが不足すれば壊血病などの疾患リスクがありますが、食事だけでビタミンCを十分摂れない場合、ビタミンCのサプリで補うのは理にかなっています。

 ただ、作田先生が特に問題と指摘しているのは、「不足していないものを多量に内服して健康を増進」できるという考え方です。

 例えば、体内の活性酸素は老化を早めることは良く知られていることですが、そこで活性酸素を取り除く作用を持つビタミンC、ビタミンE、ベータカロチンのサプリをたくさん摂れば、アンチエイジング効果が高まるのではないかという考え方です。しかし、この考え方は間違っていたのだそうです。

 作田先生によると、
 「臨床試験の結果によれば、抗酸化ビタミンのサプリは老化関連疾患を予防せず、むしろ死亡率を高めたのです。サプリ界の『スーパースター』とされていたビタミンEのサプリは、偽薬より死亡率を4%高めました。ベータカロチンのサプリは死亡率を7%高め、肺がんのリスクも高めました。」
ということです。

 このような抗酸化作用のあるサプリの摂り過ぎが問題なのは、体が必要とする活性酸素まで取り除いてしまうことにあるのだそうで、これは、低濃度の活性酸素は逆に善玉として働くからだそうです。また他の様々なサプリについても、たくさん摂ればいいという医学的研究結果は得られていないということです。

 その一方で、抗酸化ビタミンを豊富に含む食事を摂ると、ほどよい効き目を発揮するように思われるのは、食事のほかの成分と相乗効果を発揮したり、過剰に活性酸素を除去しないからではないかと、作田先生は考えられています。

 そこで作田先生が同書の中で推奨しているのが、「アンチサプリメント」という考え方です。この言葉は、作田先生の造語で、サプリの有効成分が含まれている野菜、穀類、豆類を多めに食べるという考え方です。

 先生によると、特に食物繊維の多い食材や地中海食といった食様式がおすすめだと言うことで、これならサプリにあまり頼らずとも有用な植物性化学物質を摂れるそうです。

 その中で特に注目すべき食材は、ブロッコリーや芽キャベツ、それに大豆だそうで、有効成分のスルフォラファンは、過剰な活性酸素を取り除くのに役立ち、スペルミジンは、老化を抑える働きがあるということです。そして、これらの物質は、アルツハイマー病の予防にも有望だそうなので、認知症予備軍の私たちの世代にとっては、必須の食材かも知れませんね。

 いかがですか?

 「アンチサプリメント」の食材は、どれもスーパーで買えるものばかりです。もし、健康不安からサプリを余計に摂り過ぎているのではと不安に思われた方は、サプリの摂取量を減らしてこうした食材を意識して食べるようしてみてはいかがでしょうか。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 18:41| Comment(0) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

食後にお菓子を食べたくなるのは、栄養不足のせいかも知れません

 あなたは、食後すぐお菓子など甘いものを食べたくなることはありませんか? 実はそれは、体が栄養不足のサインを出しているのかも知れないそうです。

 ということで今日は、体が満足するダイエット中の食事のポイントについて、ダイエットトレーナー&メンタルコーチの小山圭介さんの情報を基に、ご紹介したいと思います。


■食事の栄養が偏ると、甘いものが欲しくなる
 例えば、こういうことはないでしょうか? 夜、コンビニで買ったパスタを食べて、その後にスナック菓子の袋を開けて、知らぬ間に食べ切ってしまうようなことです。ごはんを食べた後に、すぐお菓子を食べてしまうのは、なぜなのでしょうか?

 これは、単品のパスタは、高カロリーで糖質や脂質に偏り、たんぱく質や、ビタミン、ミネラルが不足しやすいメニューだからです。つまり、食事の栄養が足りないと体が満足しないので、食後に何かを食べて補おうとします。そこで、手軽に食べられるお菓子に手が伸びてしまうということです。

 例えば、500kcalの「パスタ」と「魚の和定食」では、カロリーが同じでも含まれる栄養素の種類や量が異なるので、単品ではなく定食を基本にして、栄養バランスの整った食事をとれば、適量で体が満足し、食後にお菓子を食べたくなることはなくなるはずです。

 ダイエットでは、「お菓子を食べてはいけない」「糖質の多い食品はカットする」と"マイナス"することに意識が向きがちですが、食事の栄養バランスをとるために体にいい食品を"プラス"していけば、ストレスも溜まらないので、追い食いすることもないはずです。


■ダイエットにプラスになる「キレイやせ」できる食品
 そこで、キレイにやせるためにプラスしたい食品としておすすめする食品は、次の5つです。

(1)ごはん
 極端な糖質制限をして主食を完全に抜いてしまうとストレスになり、リバウンドしやすくなります。また、主食をカットする分、満足感が減るので、こってりした味付けの濃いおかずに偏り、脂質をとり過ぎてしまうこともあります。茶碗1杯のごはんを主食の基本に、主菜、副菜を組み合わせた定食メニューをとれば、栄養バランスが整います。

(2)魚介類
 小山さんのダイエット指導では、「魚好きになろう」とお伝えしているそうです。魚介類にはDHA、EPAが豊富ですが、このDHA、EPAには中性脂肪やコレステロールを抑える働きがあり、脂肪の燃焼を助けます。ですから、お刺身、焼き魚、煮魚など、魚介類のメニューを積極的に選ぶようにします。

(3)豆腐、納豆などの大豆製品
 大豆製品は、ダイエット中に冷蔵庫にストックしておきたい食品の一つです。豆腐、納豆、豆乳などには、植物性のたんぱく質が含まれ、リノール酸、リノレン酸といった不飽和脂肪酸も豊富です。 また、豆腐や豆乳は大豆よりも消化がいい食品なので、女性が不足しやすい鉄分が補えます。さらに、納豆にはビタミンB2が多く、エネルギー代謝を促進してくれますし、腸をキレイにする食物繊維もとれます。

(4)旬の野菜、きのこ、海藻
 旬の野菜は栄養価が高く、その季節に体が求める栄養素を補って体調を整える働きがあります。例えば、冬が旬の根菜には体を温める作用があり、春が旬の山菜には冬の間に溜まった老廃物のデトックス効果があると言われています。
 また、きのこや海藻は、低カロリーで食物繊維が豊富で、ビタミンやミネラルも補えます。
 
(5)フルーツ 
 新鮮なフルーツには、ビタミン、ミネラル、食物繊維、酵素が含まれ、良質な水分も摂れるのですが、ただ、就寝前に食べると脂肪になりやすいので、朝食やおやつで摂るのがおすすめです。
糖質や脂質が多く、ビタミンやミネラルが少ないお菓子を食べるよりも、みずみずしいフルーツで不足しやすい栄養を補って下さい。

 いかがですか?
 食後にお菓子を食べるのが習慣になっている場合は、その習慣を急に変えるのは難しいかも知れませんが、お菓子を禁止にするのではなく、少しずつ減らしながら、逆に体にいいものをプラスしていくことで、スムーズに無駄な間食を減らして行けると思います。
 
 なお、もう少し詳しく知りたいという方は、小山先生の著書『がんばらなくてもやせられる ほめるだけダイエット』(学研プラス)も参考にしてみて下さい。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。


posted by ケイちゃん at 17:51| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

出産・妊娠の都市伝説、「子宮を温めると妊娠しやすい」は嘘だそうです

 女性にとって人生の一大事の一つが出産です。赤ちゃんが欲しいと思っていてもなかなかできなかったり、ひょんな拍子にできてしまったりします。妊娠に関して、ネット上ではさまざまな情報があふれていますが、その真偽を一般人が判断するのは、非常に難しいと思われます。

 そこで今日は、 SHELLYさんが番組MCを務める『Wの悲喜劇〜日本一過激なオンナのニュース』で紹介された、出産・妊娠の都市伝説の真偽について、ご紹介したいと思います。

 『Wの悲喜劇〜日本一過激なオンナのニュース』で取り上げたテーマは、「信じちゃいけない!妊娠・出産・子育ての都市伝説」で、出産にまつわる噂話・都市伝説の真相に迫っていました。

◆都市伝説その1 「子宮を温めると妊娠しやすくなる」
 妊娠にまつわる都市伝説として「子宮を温めると妊娠しやすくなる」というものがあるようですね。これについて、21歳と12歳の子どもをもつコラムニストの河崎環さんは「ものすごく信じていた」とコメントしています。河崎さん自身、「2人目が欲しくてもなかなかできなくて、いろんなことを試した中で最たる方法が、この『子宮を温める』だった」とのことです。河崎さんは「自分がどれだけ汗をかいてもいいからとにかく暖かくしろ。今考えてみると異常なくらいの着こみ方をしていた」と当時を振り返っていました。

 BuzzFeed Japan Medicalのエディターである岩永直子さんも「普通の生理用のナプキンだと子宮を冷やすって言われていて、布ナプキンを使いましょうって売られていることもある」と都市伝説を紹介しています。

 また、産婦人科医で現在9カ月の子どもがいる丸田佳奈さんは「子宮は温めること自体ができない」と都市伝説を否定しています。

 その理由について丸田さんは、
「人間の体は深部体温(直腸や肺動脈内などの体の中心の温度)と表在体温(皮膚、脂肪組織などの体の表面の温度)がある。しかし、深部体温は一定」とコメントし、「身体の中の体温が冷えることがあれば、それは亡くなった時、もしくは低体温で意識不明の状態のだけ」だと、説明しています。

 さらに丸田さんは、「子宮が冷えるとか、子宮を温めろと言われること自体が医学界からすれば『何を言っているの?』という話」と指摘していますが、しかし、手足などの末端が冷えることでホルモンバランスなどが崩れてしまった際は「免疫力が落ちたり、ホルモンバランスが崩れたりすることで、妊娠しにくくなることもある」と、1つの可能性としてはあると紹介していました。

 丸田さんによると、「(身体を温めることは妊娠につながるほど)大きな影響はない」ということです。

◆都市伝説その2 「射精後、女性が逆立ちすると妊娠しやすくなる」
 妊娠に関する都市伝説として「射精後、女性が逆立ちすると妊娠しやすくなる」というのもあるようです。
 産婦人科医の丸田さんによると「本などの情報では骨盤高位(膝の下に敷物をして立て膝の状態で仰向けに寝ること)がいいと書いてあることも多いが、根拠はない」とのことです。

 妊娠に影響はないと聞いても、効果が期待できると勧められてしまうと、試してみたくなるのが人間の本能なので、「そういうことを言われるとそうなのかなって思って。試したくなっちゃうんですよね。夫婦で笑いながら(笑)」と、SHELLYさんは話していました。

 また丸田さんも、「医学的に根拠があることだけしかやっちゃいけないのではなくて、夢を見たり神秘的に思ったりすることは、とてもいいこと」とコメントしていますが、しかし「信じることによって健康被害が出たり、悪用されてお金をかけすぎたりすることは問題」とも指摘しています。

 さらに、「現実を見ないでそれをすれば妊娠するって信仰していると、手遅れになることがある」と話していて、本来であれば医学的な力を借りて状況を変えられたものを、間違った説を信じることによって、手遅れになってしまう場合もあると話しています。

 いかがですか?

 赤ちゃんが欲しい方は、それこそ藁をも把みたいというのも良く分かりますが、医学的に問題がなければ、いずれコウノトリが赤ちゃんを運んできてくれると思いますので、気長に努力して下さいね。私の下の娘も、結婚3年目でやっと授かりましたから。


 よろしかったらブログランキングのクリック応援をお願いします。

posted by ケイちゃん at 17:13| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする